ポルシェ991.2が愛車の女性が書く、ポルシェ911やスーパーカーにまつわる体験や情報、そして実際の購入&所有記録のポルシェブログです。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆2018年6月2-3日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2018

ポルシェ 『The Rally -Amazing Moment- 』体験記:その5 (1日目) 旧軽井沢倶楽部~高峰高原ホテル(定時走行)~雷電くるみの里~鬼押出し園

投稿日:2018年6月11日 更新日:

ポルシェ 『The Rally -Amazing Moment- 』1日目、ランチを頂いた「旧軽井沢倶楽部」から続いては「高峰高原ホテル」のチェックポイントを目指します。

ランチ会場は、エントラント(参加者)を4つにグループ分けしたA~Dを順次入れ替えていく形なので、私たちがランチ会場をあとにする時に、まだまだ会場へ入っていく911さんたちも沢山いらっしゃいました。何が素敵って、エントラントさんたちと(そうではない場合もポルシェだったりすると)、すれ違う時に手を振ったりしてのコミュニケーションがあったことです。

もちろん、運転に真剣な時(場所によってはワインディングを結構なスピードでお互い走り抜け中にすれ違うとか)には、もちろん無理で「あ、エントラントさんだ」と目の端で感じるくらいしか出来ないのですが(笑)、普通の時は何かしら笑顔だったり、会釈だったり、手を振ったりのコミュニケーションがあり、それがまた素敵で好きでした。

ここで!実はもう雷電くるみの里につくまで、ほとんど写真がありません(笑)。なぜか…。そう。この次のチェックポイントである高峰高原ホテルに到着するまでの山道の間の途中「8.8km」の区間でイベントのアクティビティがあったのです。

「定時走行」と言われるもので、決められた距離=今回は8.8㎞を、ポルシェが定めた非公開のタイムで走り、その非公開のタイムに1番近かった人が勝ち(順位がつく)、というものです。こちらが定時走行の部分のコマ図です↓

これに参加する際に私は結構、真剣に考えて、まずはその「非公開のタイム」を攻略しなければ、攻めようがないな!と思い、場所の特定とタイム攻略から検討を始めました。いや、あの、目くじらたてて真剣にやっていたわけではなく、あくまでお酒飲みながら「楽しんで」あーでもない、こーでもないと、やっていただけです(笑)。

というわけで。出発前に私が「ここだな」と特定した8.8kmがこちらでした。実際にはもう少し手前スタートでしたが、ほぼほぼあっていたかと。

この道路の制限速度は「60㎞」で「信号なし」の「山道」です。

8.8㎞の距離を、制限速度いっぱいで平均時速60㎞で走行した場合のタイムは「8:48」。しかしながら、これはまったく現実的ではありません。山道をずっと60㎞で走行するのは無理ですし、事前にポルシェさんからも「60㎞制限だけれど、その速度で走ると危ない」と言われていたので、ポルシェさんがこんな速いタイムを設定するはずがありません。

では、続いて考えるのがやはり「911」とか「70周年」とかにかけた数値。次に1番考えられるのが「9:11」ですよね。これ、かなりの方が予測したのではないでしょうか。しかしながら。9:11のタイムを出す為には「平均時速が57.4㎞」となります。これも速すぎる。まだまだ企業が一般人向けの遊び走行に設定する速度にしては速すぎると判断(笑)。

じゃあ「19:11」?いや、これだと遅すぎる。となると、ちょっと間にゼロが入って変だけど「11:09」(←911の反対)、またはポルシェ登録第1号の356を記念しての「13:56」。6月8日を記念しての「16:08」。

ここで、もう1度上の地図↑を見てみましょう。そう。Google先生がレコメンドしている走行時間が「15分」となっています。つまり、一般的に普通の人が、普通にここを通ると、だいたい15分かかります、ということ…。8.8㎞を15分で走る場合の時速は「35.2㎞」です。

となると。最終的にそこに近い数値で絞り込まれるのは

11:09 ⇒ 時速47.3㎞
13:56 ⇒ 時速37.8㎞

のどちらかではないかと。Google先生が出す速度よりも「遅い」という設定をポルシェさんがするわけがありません。よって、そうなると…微妙。悩む!ううーーん、でもやっぱり、Google先生が言う数値よりも4分も速い数値(11:09)にすると、意外と危なかったりするかもしれないので、やはりここはGoogle先生より約1分速いだけの「13:56」が妥当ではないかと。

というわけで、もうここは決めるしかないので、ちょっと時速遅いですが、そこをあえて今回は「13:56」を目指して走ることに決定しました!!

決めたらもうあとは、その通りに走るのみ。スタート地点から、車のトリップメーターとストップウォッチで「8.8㎞を13:56」で走るをやりとげました!…が、ここでまた1つ問題が。なんと。車の距離が「8.8㎞」になった時点で、まだゴールがなかったのです(笑)。

「ええええ!8.8㎞で13:56ぴったりにしたのに!ゴールがない!」と、そこから慌てて飛ばしてゴールへ(笑)。たぶん、実測の距離はあれ10㎞くらいあったのでは?と思いますが、どうでしょう。

とにかく、ゴールがなかったので、最後ズレが出てしまいました…けれども。結果、これはもう何にしても「遅すぎる」タイムだったのです(涙)。終わったあとに公表された定時は「11:09」でした(号泣)!!あああ。読み違えた!!判断間違った!!そりゃそうです。ポルシェに乗っている方々、本気でスピード速いです(笑)。どちらかというと「9:11」を目指して走ったけれど、山道だから「11:09」になっちゃったよ、くらいのレベルで考えた方が良かったかもです。

というわけで、完全なる読み間違いで玉砕。えーーん。

でしたが、とにかくこうやって出発前から「こうじゃない?」「ああじゃない?」とお酒飲みながら楽しめ、その決めたタイムきっちりに走るということを楽しんだので、結果どうこうではなく、楽しかったです!こんなこと、普段自分たちでは絶対にやらないわけで「遊び」として、楽しめました!でも、次回があったらきっとまた真剣に考えて臨むと思います(笑)。

高峰高原ホテルでのチェックインを済ませ、また山道を降ります。降りる時に、登ってくる911さんたちに沢山すれ違ったのですが、皆さま速かった!凄い勢いで攻めていました(笑)。さすがすぎる…。下りはもう定時走行関係ないので、夫もそこそこ出していたので、私は写真を撮る余裕なし(笑)!自分の車も速いし、対向車も速いし…!

やっと山道を終え、続いては次のチェックポイントである「雷電くるみの里」という道の駅に向かいます。途中、前を走っている911さんを見ると、あれ、ゼッケンがない。「お。エントラントさんじゃない911さんと偶然会ったね~」なんて話しながら、後ろを走行。

途中・途中でエントラントさんではない911に実は結構、お会いしました。今回のイベントを見に来られた方もいらっしゃったでしょうし、それとは全然別に走っていらっしゃる方も結構いて。もうでもこちらは、ラリー中「どの911もお仲間!」みたいな気分になってしまっているので、どの911に会っても嬉しくなりました。

そして!こちらの白のポルシェさん↑。すみません、リアの白の縦線はガラスからうつりこんでしまっているものです…。こちら、また凄い偶然で、私が帰ってからブログをアップしたあとにコメント下さった方のお車でした~(みんカラの方でのコメントです)!!そんな偶然って!!と、あとになってまた感動(笑)。少しだけでもご一緒できて良かったです!

さて、こちらの白の911さんに続いて「道の駅 雷電くるみの里」に到着です。すでに沢山の911が到着していました。

ここは道の駅にいらっしゃった方々が、結構興味深く見て下さっていたので、ギャラリーの方が多かったような気がします。皆さま、旗とか振って下さって嬉しかったです。

雷電くるみの里の「雷電」はお相撲さんの名前です。江戸時代の名力士「雷電為右衛門」のふるさと、また「信濃くるみ」の名産地であることから、駅名は「雷電くるみの里」と名づけられたとのこと。よって、ここのチェックポイントでのスタンプでは、お相撲さんが911を持ちあげていました。可愛い!…ここで思い出したのは、石浦さんのマクラーレンの化粧まわしでしたが(笑)。

こちらでは、お土産にくるみのお菓子?を頂きました。持ち帰って、子供達が食べてしまったので、中身わからず(笑)。

さてさて、ここで!運転交代です~。都内からの高速、山道が終わったので、ここからは私が鬼押出し園まで運転しました。気持ちいい~!!ちょうどあまり前後に911がない状態で出発したので、いきなり「前に追いつかなきゃ!」とか「遅すぎて後ろに迷惑かも!」とか考えずに走れたので、最初の運転スタートとしてはとても気楽に楽しく走らせてもらえました。

さて、鬼押出し園につくちょっと手前。鬼押料金所です。ここはETCがないので、現金のみ。車内に現金を置いていなかったので、料金所手前で駐車して、お財布とかを出していたら、911がぞくぞくと走ってこられました。ペースカーの後ろに入れて頂いて、鬼押料金所を通ります。

ここでペースカーの後ろにつかせて頂いたのは奇跡でした!というのも、鬼押出し園に着いた時、コマ図通りに行っているのに「ポルシェの白い旗がない」のです。ペースカーも困って、止まってしまったので一緒に停止。後続の車もみんな停止(笑)。

ペースカーの方が運営の人に連絡をとってくれて「xx駐車場の方だそうです!」と、先導してくれたので、それについていって到着となりました。もうちょっと鬼押出し園の奥にまわりこむように入れば、到着だったのですが、一見わからなかったので、ここが今回1番「あれ?どこ行く?」と思ったポイントでした。

そうそう、最後に山道を走った感想です。結果「まったく酔いませんでした」!結構なぐにゃぐにゃ道を、私はひたすらストップウォッチとタイム表を見ながら助手席にいたわけですが、本当に一切酔わなかったです。酔い止めは一応飲んでいましたが。1番の酔わなかった原因は、911自体がまったくふにゃふにゃしていなくって、固くきっちり走行してくれたからだと思います。山道を走って、改めて「素晴らしい車だ!!」と感動していた私でした。本当に最高の車です。

鬼押出し園では、イベントがまた盛り沢山です!次に続きます~。

911Supercars上




911Supercars上




911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆2018年6月2-3日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2018

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.