911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Etc.: その他 Nissan: 日産 Porsche: ポルシェ

砂子塾に初参加。ついに…筑波サーキットジムカーナ場デビュー^^!

投稿日:2019年1月19日 更新日:

ポルシェでドライビングレッスン

ついに…いつかこのような日が来るのでは…と、ちょっとは頭の片隅で思ってはいましたが、ついに、ついに、ついに来てしまいました。

朝から高速を走り…つい、バックミラー越しに現れた白い車に気をとられ「ん?あの車は何??…あ、GT-Rか!!」な~んて眺めていたら、インターを乗り換えるのを忘れて、道を間違えたりしながら(笑)、とある場所へ向かいます。↓これ、Uターンする為に高速を降りた時…。朝から何をやっているのだか。

そう、ついに何の日が来てしまったかというと、私にとって初のドライビングスクール的なものへの参加です。

毎回、『ポルシェ・トラックエクスペリエンス』(ポルシェ主催のドライブレッスン/トレーニング)だったり、2018年ブランパンGTアジア@FSWのレースを観戦していた時に、GT4クラスで優勝されたBMW Team StudieのM4 GT4のドライバーである砂子塾長主催のドライビングレッスン『砂子塾』の開催があるたびに、夫が私のことを勝手に申し込もうとするので、いつも「勝手に申し込まないで!!」ってなって、必死に止めていました(笑)。どんな夫婦…。

しかしながら!今回は…色々な状況がかさなり…ついに…ついに…砂子塾長様主催の砂子塾のトレーニングに参加しちゃってきました~。いや~びっくり。

目的地が近づくと、なんとものどかな風景。

場所は筑波サーキットのジムカーナ場です。車は黒ポルシェ911カレラさんで参加。

ちなみに、夫も参加するので、夫は日産フェアレディZでの参加です。

こういうのに夫婦で参加するって、あまりないのでは…(笑)。そもそも女性の参加自体が少ない傾向にありますよね(今回も女性は私のみ)。

砂子塾長主催の砂子塾@筑波サーキットに参加

今回のレッスンの目的は【車の挙動を把握し、意のままに操る & アンダー、オーバーを感知し適切な対策を講じる】

いやいや、あの、私、普段、街乗りメインのへろへろ運転ばかりで…「アンダー」「オーバー」からして、そもそもあまり理解していない。

ホントにこんな状況でやっていけるのだろうかと、ちょっと不安はありましたが、まずは座学での解説から始まったので、最初に頭の中で何をすべきか、何がどうなったら車がどう動くのか等を理解してから、走行練習に入ることが出来たので、とてもわかりやすかったです。

砂子塾長も、めちゃめちゃ優しくて、完全に素人の私にとても気をつかって下さって、説明している時にも「ここがクリッピングポイントで…・・・って(私の方を見ながら)、クリッピングポイントって…わかる?…わからないよね?」と、1つ1つ単語の説明もしっかりして下さいました。本当に感謝です!!!

この日の砂子塾は、小学生向け講座のごとくわかりやすくしてくださっていたと思います^^ありがたすぎる~。今回参加してみて、初めて参加するレッスンが砂子塾で良かったと本当に思いました。

砂子塾長はじめ、砂子塾の方々には、過去に私が砂子塾の見学に行っていた関係()から、すでに何度かお会いしていたので、まったくもって初対面な感じではなく、勝手にもうなんだか長年知っている方々のような気にならせて頂いていたので(←図々しい(笑))、そういう点でも最初から緊張感なく安心できましたし、なんといっても砂子塾の皆さま、本当に「人柄が良い」方々ばかりで、ステキ。

他の参加者の皆さまもとてもステキな方々ばかりでした。皆さん、本当に車が好きなんだな~って。

そんな優しくて楽しい皆さんと、楽しく走りながらも、砂子塾長などから頂けるアドバイス、コメントは個々の参加者に向けてそれぞれが的確すぎて、めちゃめちゃ学ぶことが多かったです。

さてそして、まずはとても親切に座学にて教えて頂いたのですが、それでも、まだまだいきなり目の前のジムカーナ場に用意された定常円旋回用のコースに「ハイ、どうぞ!」と言われてもなかなか、いきなり1人では行けません。

なので私の場合、最初はインストラクターの方に運転してもらい(私は助手席)、次にインストラクターさんに助手席に乗ってもらって、私が運転し…、最後は1人でやってみるという流れで、1回1回丁寧に教えて頂きました。

インストラクターの方も、とってもわかりやすく説明して下さったので、私1人での走行になっても、最初からなんだかもう「おおお。これ、ちょっと…楽しい!!!」と、実は結構、めちゃめちゃ楽しんで走ってしまいました^^

ジムカーナ場に作られたウェット路面コース走行、楽しすぎる!

ポルシェ911を全開(に近いくらい)でつっこんでいってからの、強めにブレーキを踏んでの、カウンターをあてながら、すべりつつ曲がる…なんていう、今までの私では「は?何言ってるのかわからない」と思っていたようなことを、実際に自分で運転して体験することが出来て、もう、これ、本当に楽しかったです!!!

こんな、ほぼスイッチ全部入り↓の状況で、自分がポルシェ911カレラをすべらせる日が来るなんて夢にも思っていませんでした。

いや、全然上手じゃないです、もちろん。でも、それでも車をすべらせた体験なんて、今まで1度もなかったし、ちょっと(自分のレベルのなかで)上手に出来た時は「おおお、この感じ!!」と興奮したり、やりすぎてスピンした時も「わ~、初めてスピンした~!」って感動したり(笑)。

とにかく、めちゃめちゃ走らせてもらえましたが、どの走行の時もあっという間に思えるほど、本当に楽しいひと時でした。そうそう、今回もコースにはじゃんじゃん水がまかれました(タイヤにも優しい^^)。そして、なんだか散水車が以前よりもグレードアップしたような?やはり散水車の種類まで気になる私(笑)。

ポルシェ911、大好きすぎる!

特に午後は、もうジムカーナ場全部を使ったコースを、順番にどんどん何度も走行することが出来たので、何度も何度も繰り返し走っていると、もうアドレナリンが出まくっているのでしょう(笑)、なんとも、本当にすごく変かもしれませんが、走りながら

「ああ、私、この車、本当に本当に大好き!!」

という気持ちがあふれてきて、アンダーステアで「ひえ~曲がりきれない~!」とか必死になりながらも、ずっともう「あああ、もうポルシェさん、大好き~!!」って、変態度マックスで本当に私の中で、愛が溢れていました。なにこの変な人度合(笑)。

「ポルシェさん、こんなに走れるんだ、こんな風な走りも出来るんだ」って、普段の私の街乗りでは出来ないポルシェ911の新たな面を知って、走って、体験して、感動して、なんだかもう、本当に大好きがとまりませんでした。

本当に好きです、911。どうしよう。好きすぎる。出会えて良かった。911の色々な新しい面を知れば知るほど、感動させてくれます。

もう、走行中も車の中で1人、本当に怪しいくらい独り言、話しちゃいました。スタート前には「ん~、次はもっとがつっと行ってみちゃうよ、ポルシェさん!」とか「いや、だからコーナーに対して入り方が浅すぎるから、次はもっと思い切って外側にびゅーんと行ってみるよ~!」とか、いちいちやることをポルシェに報告していました(笑)。

初めてヘルメットしてのポルシェ911の運転^^↓

そして、うまくいかなかったりする時は、ひたすら車内でFワード連発。もうあまりのFワード連発に、その品のなさといったら!まったくもって、人様に見せられる姿ではありません(笑)。

いやいや、でも本当に楽しかったです。

自分では、言われたことを理解して「もっとこうしなきゃ」とか「もっとこうしたい」という思いがあっても、なかなかそれを実際の走行で再現することが出来ず「全然、だめだめだ~」と思っていましたが、最後に砂子塾長から「カウンターあてられていたね!最初からこれだけ出来たらいいよ!」とほめて頂けたので、それはもう、せっかくなので、砂子塾長の優しさ&オトナの社交辞令こみこみとは理解しつつも(笑)、今回は私にとっての初めての経験で嬉しすぎたので、お褒めのお言葉たちは素直に受け止めさせて頂き、喜びたいと思います^^

ポルシェ911をちゃんと運転できてる?

あと、なんといっても嬉しかったのは、今回の私の走行を見て、砂子塾長から「たぶん、普段の運転からちゃんとしてるんだろうね」と言って頂けたことと、インストラクターの方から「想像を超える走りだった/ポルシェみたいにパワー、ブレーキともに凄い暴れ馬な車は、つい、がくんがくんとしちゃうことが多いのに、Rikaさんはポルシェをふわふわという感じで運転できているのが凄い」と言って頂けたこと。

今回参加して「Rikaさんの走行では、ポルシェが可哀想」「ポルシェを乗るには全然なってない」とか思われてしまったら、ポルシェにも申し訳ないな~とちょっと思っていたのですが、とりあえずそうはならなかったので、私としては、そこが本当に良かったです^^

ジムカーナ場でドライビングレッスンを受けながら、自分の車への愛が溢れてしかたないなんて、自分でも理解できない感情の現れ方でしたが、とにかくもう、私の大好きな、このポルシェ911の黒カレラさんとこうして楽しく走れることが、幸せすぎた1日でした。

とりあえず、今回あえて車をすべらせてみて「車がすべる」ということが、どういうことなのかを身をもって体験することができ、またすべった時にどう対処すれば良いのかも、実際に自分で走行して体験することが出来たので、万が一今後、普通に走行している時にすべってしまった時などには、今日の体験がとても役に立つかと思います。

そんな普段の走行ですべることはないと願いたいですが、まあ一応…急な雨の時のGT3運転時とか^^?

夫もまた色々と学ぶことが多かったようです。今回はこの砂子塾に夫に「勝手に申し込まれた」ことにも、感謝です(笑)。

いつもだいたい何でも「やってしまえば楽しむ」のに、初めてのことには「やらず嫌い」で躊躇して「やだやだ」と、なかなか初めてのことをやろうとしない私のことを、いつもしつこく「やってみようよ!」と励まして、実際に私が困らない状況を作って、やらせてくれる夫に感謝です。

過去に、何度もそういったことで新しい世界が開けて、とても楽しい経験をさせてもらってきています。

他の参加者の方々のお車たちも素敵でした!こちら、黒いのが3台そろってなんだかカッコイイ^^ ↓

新型アルピーヌA110

そして、こちら!

な~んと、新型アルピーヌA110!!!こちらの「A110」、読み方は「エーワン・テン」なのだそうです。

音も良かったし、速かった~!なんと、その車重1,110kg〜1,130kg。驚きの軽さ。内装のシートとかも(デフォルトで)、カッコ良かったです^^

とにかくもう、楽しい1日でしたが、やはりウェット路面をぎゅいーんと走ると、車はどろどろになるわけで…。ボディー全体はもちろんのこと、サイドミラーや窓までも、とにかくもうドロドロ…。

帰る前に、砂子塾の方が水でどばーっと簡単に洗車して下さいました。これだけでもだいぶ違う~!大変ありがたかったです。

あとは家に帰ってから、またしっかり改めて洗車したいと思います。砂子塾の皆さん、朝から夕方まで本当にありがとうございました。この日、ご一緒させて頂いた皆さまも、ありがとうございました。皆さまにご迷惑をおかけしていなければ良いですが。

そして、ポルシェ911さん、今日1日もまたありがとう!改めて、どれだけ私がポルシェ911カレラさんのことを大好きかがわかった1日でした。

楽しかった!!!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Etc.: その他, Nissan: 日産, Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.