911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

車で温泉卵を作る…ダッシュボードクッキングの完璧な時間を探る

投稿日:

2019年第3回目のポルシェで温泉卵作り

しつこくてごめんなさい。そう、2019年ポルシェクッキング第3回目です。

2回目に作った時は、ポルシェの外気温計が31~41度を指しているような暑さの日に、思わず6時間20分も卵を車内に放置してしまったことから、結果は完全なる「オーバークッキング」。

つまり、ゆですぎ状態の、相当な固ゆでのゆで卵が出来てしまったのです。

ダッシュボードクッキングで目指すは温泉卵

そこで今回、私が目指す出来上がりは「温泉卵」。

出来上がった卵は「殻をむく」のではなく、生卵を割るように「パカッと割ったら、とろんと出てくるような温泉卵」を目指します。

実際にお湯に入れてゆでるわけではないので、作動するのかわかりませんでしたが、仕組み的には作動するはず…と思って、今回は一応エッグタイマーも生卵たちと一緒に設置しました。

卵たちの中央にある、赤いものがエッグタイマー↓。

これ、通常はゆでたまごをゆでる時に卵たちと一緒に水(お湯)の中に入れておくと、卵の黄身の出来上がり状態を、ソフト/ミディアム/ハードの表示で、目に見えるように表してくれる優れもの。

普通にお湯でゆで卵を作る時には、私はもうこれなしでは作ることが出来ないというくらい、信頼している便利グッズです。

これ、遥か昔(いつ(笑))は日本には売っていなくて、海外で1つ1,000円くらい(だったかな?)の物から始まり、それが500円くらいになり、値下がってきたな~と思っていたら、もう数年前からは日本でも、すでに100円均一でも買えるようになっています^^

この日のポルシェクッキングは、朝10:45にスタートです。

気温はポルシェの外気温計で33.5度を示しているくらいから。駐車場所は、太陽ぎらぎらの直射日光下です。

今回も、黒い車(ジェットブラックのポルシェ911カレラ)のダッシュボードの上に、さらに卵たちを黒い袋に入れて設置。

前回、6時間20分の調理時間でゆですぎだったので、今回は大幅に時間を少なくしてみようと思います。

この日の天気予報では、最高気温もそこそこあがるようなことが言われていたこともあったので。

卵たちを無事、ポルシェ911カレラのダッシュボードに設置し、これで車料理の準備は完了。あとはカレラさんにすべておまかせです。

3時間で温泉卵が出来上がる?

それで。

今回目指すのは「3時間のクッキング時間」。

え~っと、ここにきてなんだか、またしてもマニアックなものを披露してしまうような気がするのですが、実は、昨年ポルシェクッキングをした時に、その卵たちが入っている袋の中の温度の変化が知りたくて、袋の中の温度を測ったりしていたのです(オタクすぎる…)。

下のグラフ、昨年の時点ではブログに掲載する予定もなかったので、ちょっと適当すぎで申し訳ないのですが、黄色で囲った部分が実際に計測した、11時~14時くらいの3時間の車内の気温変化です。

この計測日は2018年8月14日。この日の気温は最高気温が33.5度の日(最低27.4度)でした@千葉県での計測(←またこの辺りも、わざわざ千葉県でもやっているというのがバレちゃう…(笑))。

この時のグラフを見ると、卵を設置した袋の中の温度は最高で65度くらいになっていることがわかります。

しかしながらこの時のたまご、3時間クッキングでどうなったかというと…結果はこれでした↓

そう、出来なかったのです。

1~2個だけ、ほんのちょ~っと白身がかたまり始めようとしている形跡はありますが、まったくもって「ほぼ生卵」。※この後、この卵たちはスクランブルエッグとなり、美味しく頂いています^^

ちなみに、温泉卵が出来上がるために必要となる温度は:

卵白(しろみ):60℃前後から固まり始め、80℃以上で完全に固まる。
卵黄(きみ) :65℃前後から固まり始め、75℃以上で完全に固まる。
(出典:日本調理アカデミーHP)

つまりはこの時、なんとか65度まで温度が達することはあったものの、まだまだそこくらいが「固まり始め」の状態だったのにも関わらず、そのまま調理時間が終わってしまったため、固まることが出来ず、温泉卵(ゆで卵)にはならなかったものと思われます。

この残念な結果を1年前に経験していたので、私のなかでは「車内でのゆで卵作りには、最低でも4時間以上は必要」と思っていたのです。

でも!!!

実はこの1年前の「3時間では、車の中では温泉卵はできなかった」のは、調理に使用した「車」が違ったのです。

そう、この時は日産フェアレディZ、ボディカラーは黄色…という車でクッキングしていました。

こちらの車です↓

今年2019年のこのギラギラに暑い夏。

1年前の黄色の車でのクッキングでは3時間ではダメでした。

でも。

前回の6時間超えクッキングでは、ゆですぎのゆで卵を作ってしまうくらいの強烈な「黒カレラの熱量」(っていうの(笑)?)をもってすれば、3時間あれば、実はちょうど良い温泉卵くらいになるのでは、と、ふと、そう思ったのです。

本当になんというか、ポルシェ911黒カレラと、私が通じ合った瞬間でした。

…あ、また何か変な話が始まると思った方いますね?…よろしければ、このままお付き合い下さい(笑)。

「うん、いけるよね、黒ポルシェさんなら3時間で温泉卵が出来るくらいな感じだよね?」
「この気温ならまかせておいてよ」
「うん、この気温なら、あなたなら3時間でいける!」

…って、いつもの通りの私の頭の中での妄想トークなわけですが(笑)、でも本当に、この、いったいまた自分がナニモノだかわからなくなるのですが、高い気温と、ギラギラの太陽の光を感じながら

「うん、この気温と太陽なら、私の911なら3時間がちょうど温泉卵時間なはず!」

という、まさに確信ともいえる気持ちになったのです。

すごいです。自分の車のことが大好きすぎると、その車内の暑くなり方から、ゆで卵の調理時間までもがわかるようになってくるという(笑)。

カレラが「まかせておいて、温泉卵。そのかわりちゃんと3時間で帰ってきてね!」と言ってくれる声が聞こえた…とか、聞こえないとか^^。

帰ってきたら、両サイドをアウディのお兄さんたちに取り囲まれていました。迫力あるアウディさんたち。間に挟まれて、ひっそりと黒カレラさんは温泉卵を温めています…。3時間お疲れさま。

というわけで。

ちゃんとカレラとの約束を守り、私が車に戻ってきて、クッキング時間を終了させたのは、調理開始の10:45からきっちり3時間後の13:45です。

なんとこの時の、ポルシェでの外気温計は脅威の42.5度を表示していました。

もう、ダッシュボードにある黒い袋はかなりの熱さです。袋の上から、卵部分を触ると、本当にもう3秒もさわっていられないくらいの熱さ。

とりあえず、熱すぎて長時間に渡って触る気分にならなかったので、まずは助手席で少し冷まします。「あつつっ」って、かなり放り投げるように置いた状態(笑)↓

車内にエアコンもつけて数分たったので、車を出発させる前に、念のためエッグタイマーの表示だけは確認しておきたいところ。

卵たちを出してみます。お。↓

んんん。エッグタイマー、ほとんど変化なし!

これは、もしかして、ポルシェと心が通じ合ったと思っていたのは、完全に私の片思いで、実はやはり3時間では黒カレラさんをもってしても、卵は生卵のままなのか…。

もしくは、お湯で作っていないのでエッグタイマーがきちんと作動しないのか…。不安を残しながら、家に帰ります。

帰り道、運転しながらこんなにも、卵の出来上がりのことを考えているのは私くらい^^?

さて、結果です。

家に帰ってきて、もうドキドキの私。まだまだアツアツの卵たちを取り出して、さっそく「これは温泉卵だから、パカッと割れる」と信じ、「剥く」のではなく「割って」みました。

ぱかっと。

あ。

あーーーーー。

すごい!出来てる!!!これ、全部です。嬉しくて全部割っちゃう↓

そう、一見すると「温泉卵」よりも、さらにちょっとゆで卵になりかけているようにも思えるくらいですが、パカッと割ってとろん、と出てくる状態です。

そして、こちらの卵をナイフで切ってみると…

うわぁ。見て下さい、この「黄身がとろ~ん」状態。最っ高!

完璧でした。

ポルシェ911黒カレラでの、3時間車内クッキング、完璧な温泉卵が出来上がりました。良かった、私の片思いじゃなかった(笑)。←ここに関しては事実は不明^^

この卵たち、まだ温かいところにお塩をふって、子供たちに「食べてみる?」と出してみたら、一瞬にして全部なくなりました(笑)。私も切ったものを1つ食べましたが、本当に、温かいトロトロを食べるのは、かなり美味しかったです。

そう、そしてこの日の実験(実験なの?!)をしたあとで知ったのですが、いやもう、まさにこれ、奇跡。

というのも、過去のお天気(気温)がわかるサイトで確認したところ

①フェアレディZで試した昨年の日
2018年8月14日 千葉県 最高気温33.5度 最低気温27.4度

②ポルシェ911で試した今年の日
2019年8月17日 東京都 最高気温33.5度 最低気温27.4度

そう!なんと、最高気温と最低気温がまったく同じだったのです。両日とも、天気はもちろん晴天。時間帯もほぼ一緒です(15分差)。

つまり、前回、卵が出来なかったのは「車が黄色のフェアレディZだったから」であり、今回出来たのは「車が黒色のポルシェ911だったから」という違いなのかな、と思います。

いや~、車のボディカラー、内装カラー、また、車の大きさなどで、車内のクッキング温度に、結構な違いが出ることがよくわかりました。

車のボディーカラーだけでも、こんなにも車内の温度に変化があるなんて!!!

で!!!私のバカ!!!

今回、測ろうと思っていたのに、ついついエッグタイマーを設置することに気をとられ、温度計測器を車内に設置するの忘れていました(笑)。あ~あ、これで今回の温度データがあったら完璧だったのに。

そうそう、エッグタイマーに変化がなかったのは「黄身はとろとろだった」からだと思います。あくまでもあれは、黄身の出来具合を表示するものなので。

まあでも、とりあえず「黒色のポルシェ911カレラでは、外気温計が33.5~42.5度を指すくらいの晴天の直射日光下では、3時間あれば完璧な温泉卵が出来る」という結果になりました。

この情報、いつか、どなたかのお役に立てば幸いです(笑)。

今回のポルシェクッキングの調理環境は:

  • 車はジェットブラックメタリック(黒色)のポルシェ911カレラ
  • 2019年8月中旬に都内某所、晴天の直射日光下に駐車
  • 車内ダッシュボード上に、黒の袋に入れた生卵7個を設置
  • 放置時間(調理時間)は、朝10:45時~13時45分の3時間
  • 気温はポルシェの外気温計表示が33.5~42.5度

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.