911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書く、ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやスーパーカー購入記&所有記録等のポルシェブログです。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

CORNES: コーンズ Ferrari: フェラーリ ◆2018年10月28日コーンズサーキットエクスペリエンス 'Secondo'

フェラーリイベント:Cornes Circuit Experience 'Secondo'に参加してきました

投稿日:2018年10月29日 更新日:

フェラーリ:コーンズ サーキットエクスペリエンス ”Secondo”

2018年10月28日、富士スピードウェイで開催されたフェラーリのイベント…コーンズさん主催の「Cornes Circuit Experience 'Secondo'」に行ってきました!

走行者として参加するのは私の夫で、私は同伴者という形での参加です。まあ簡単に言えば私はただ見学(笑)。フェラーリイベントなので、夫はフェラーリカリフォルニアTで富士スピードウェイに向かいます。

富士スピードウェイまで、夫婦それぞれフェラーリカリフォルニアTとポルシェGT3で走る!

私も本当は同乗していけばいいのに、とにかく私も「走りたい」という思いがあるのと、帰りはイベント終了時よりもちょっと前に、一足先に帰りたいという予定があったので、私も朝から夫と同じ時間に別途、ポルシェ911 GT3で富士スピードウェイに向かいました。朝、7時に都内から富士スピードウェイ(FSW)に向けて2台で出発です。

夫婦そろって目的地は同じなのに、それぞれ別の車で走るなんて、仲が良いのだか、悪いのだかって感じですが(笑)。

ただ、夫と高速で一緒に走ると、つい「抜かされたくない」または「抜きたい」と熱くなってしまうのがわかっていたので、高速は夫の車とは一緒に走らないよう、ちょっと先に行ってもらいました。

でもでも、とにかく夫も1人楽しくフェラーリ走行を朝から楽しんだようで、私もとにかく朝の空いている高速をめちゃめちゃ楽しくGT3で走ることができました!!

途中からこの羽根つきのフェアレディZさんとちょっとの距離(時間にして30分くらい?)を一緒に走ったのですが、楽しかったです~。こちらのZさん、音も凄く良かったし、速くて素敵でした!

今回はGT3での、私にとっては2回目の富士スピードウェイまでの走りということもあり、だいぶ躊躇することなくGT3を踏めるようになってきたので、最高に、最高に、最高に楽しい高速走行。

本当にすごい車だと思います。今回私が初めて「これちょっと、ドライビンググローブが欲しいかも」と思ったぐらい、前より速めに走ってみたのですが、GT3さんは「これで終わり?まだまだ行かないの?まだ9,000回転までまわってないよ?」という感じで、本当に本当になんてスゴい車なんだ!って感じでした。

あ、このままいくとGT3の感動記になってしまうので、話をフェラーリのイベントに戻したいと思います(笑)。

FSWには沢山のフェラーリとランボルギーニが集合

入場は東ゲートから。この日はフェラーリのイベントの他、ランボルギーニの走行会も開催されていたので、朝からものすごい台数のフェラーリとランボルギーニがどんどんゲートの中に吸い込まれていきます。

こういうイベント開催情報をちゃんとわかっていて、FSW入口前でカメラを車の方に構えて待っている人たちも何人かいてびっくりでした。

今回、私はポルシェで行ったのですが、コーンズさんから私のポルシェ用にもパドックパスをもらっていたので、フェラーリイベント入口から、GT3のフロントガラスにコーンズさんのパドックパスをちゃんと大く提示して入ろうとしたにもかかわらず、入口でポルシェの私だけ「あ、こちら関係者のみなのですけど!」みたいなジェスチャーで一度止められるという(笑)。

パスを見たら通してくれましたが、 続いてパドックに入ってからも、夫のフェラーリはフェラーリの駐車場に案内され、ランボルギーニの方々はランボルギーニの駐車場に案内されていくところ、私のポルシェだけは「こちらにどうぞ」と、フェラーリとランボルギーニの真ん中あたりの「まとめたその他一同」みたいなところに停めることになりました…。

ポルシェ911 GT3でも、フェラーリ様とランボルギーニ様の前では所詮「その他諸々」扱い(笑)。いやいや、まあ車両を使うイベントなのでイベント参加車両をまとめないといけないのは理解しています^^

こちらランボルギーニさんたちの駐車エリア。やっぱり迫力あります~!本当にランボさんたちはカッコイイ。

そしてまた、スタッフの方々がいつも「黒」なのが、なんともカッコイイ!ランボルギーニは、集まると全体的にシックな色合いになるイメージがホント強いのですが、オレンジ色とかも意外とちょこちょこまざっていても、全体感としてシックになるところが面白いです。

そして、こちらがフェラーリ駐車スペース側。もう、振り向けば一気に「派手!」という感じです(笑)。

この日は、FSW辺りの最高気温が19度という天気予報で、とっても気持ちの良いお天気。本当に最高のサーキット日和となりました。運転される方々も、暑すぎず、寒すぎずでちょうど良かったのではないかな、と思います。

続々集まってくるフェラーリさんたち。

そして、さきほどのランボ駐車場と、こちらのフェラーリ駐車場の間にあるスペースに「その他一同」の駐車場があり、そこに私のポルシェ911 GT3も収まります…。

ぎりぎり、旗だけはフェラーリさんのが隣にある、みたいな…。

ここの「その他一同」駐車場に、他にポルシェ911の空冷さんもまわされていたので「いいもんねー、ポルシェがやっぱり最高ですよね~!」と、負け惜しみ的に空冷さんに語ってから(笑)、いざ受付へ向かいました。

Ferrari CORNES Circuit Experience 2018受付とブリーフィング

こちらのパドックに設置されているテントで受付を済ますと、走行に参加する人は、更衣室が用意されているので更衣室で着替え、各自に用意されている荷物を置くバスケットに荷物を置いたりしてから、クリスタルルーム(パドックにあるホームストレート前の建物の2階にある部屋です)へ向かいます。

まずはクリスタルルームで今回のイベントの概要、その中でも午前中に行われる「散水車でウェットにした路面をオーバル型に走行するもの」と「スラローム(コーンが立っている合間をジグザグに通り抜けて走る)」の練習についての説明が行われました。

そう、今回のプログラムは午前と午後に分かれていて、午前中はFSWの駐車場(P7とP15)を使ったウェットでのオーバル走行とスラロームの練習会、そして午後が富士スピードウェイ本コースを使ったサーキット走行という2部制です。

まずは朝のブリーフィングで、ウェットオーバル走行と、スラロームを走る時の練習のポイントをしっかりと教えてくれました。こちらレッスンイメージ図。

これらについて、それぞれ「ここでこう走ると良い」とか、頭で理解できる説明をしてくれるので、走れない私でも「ははぁ、なるほど」と勉強になりました。

あ、それから最初に、今日教えてくださるドライバーの方々のご紹介もあったのですが、皆様とても良い方ばかりで、とても素敵でした!

参加者はグループ分けされ、それぞれオーバル練習から始まる人と、スラローム練習から始まる人に分かれます(さらに、あとは普通の人と、経験者という、今回のイベントのようなものの過去の参加経験や、ドライバー経験値によってもわけられています)。

なので、グループ分けされたグループごとにインストラクターがつくので、そこそこな人数のドライバーさんたちがいらっしゃいました。

フェラーリ/コーンズのホスピタリティはいつも本当に素晴らしい

さて、ブリーフィングを済ませ、それぞれが次の目的地に移動するために車に戻ると、なんと車にはもうそれそれにゼッケンナンバーがしっかりと貼り付けられていて、牽引フックもつけられ、全て完璧な状態に仕上げられていました。

車内には助手席のシートベルトに固定されたトランシーバーもセット済み。何から何まで完璧に用意してくださるこの、コーンズ&フェラーリさんの素晴らしいホスピタリティには毎回感動させられます。

「車の鍵は置いておかなくても良いので、ロックはしないで下さい」という状態で車を置いておくわけですが、本当に知らない間に物凄い人数のメカニックの方々が、それぞれの車の状態をチェック、準備してくれるのです。本当にすごい。

※ちなみにこのイベントに参加する前に、必ずコーンズさんでの事前サーキット走行前点検も必要です。参加費にサーキット走行前の点検及びブレーキオイル交換費用も入っています。

この日も、「一体、何人のコーンズスタッフさんが来ているの?!」と思えるほどの物凄いスタッフ数で、凄い数のメカニックさんたちが集まっているのを見ると「ん?今日って何かレースだっけ?」って思ってしまうくらいの充実ぶりでした。

さて、というわけでついにすべての準備が整ったので、続いてさっそく午前中のプログラムについてを書きたいと思います…が、長くなりそうなので、別記事に。

(我が家の問題ですが)1つだけ、この日で残念だったのが、FSWのパドックで夫のフェラーリと私のGT3を並べて写真撮影をしたかったのですが…最初に違う場所に駐車することになってしまったのと、最後に私が先に帰る時は、夫の車は走行待ちですでにサーキットに入ってしまっていたので、結局ツーショットが撮れず。

う~ん、残念~。最初にFSW入口で並べて撮れば良かった~!!まあ、次の機会の楽しみにしたいと思います。ではでは、「午前プログラム」の記事に続きます…。

 

 

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-CORNES: コーンズ, Ferrari: フェラーリ, ◆2018年10月28日コーンズサーキットエクスペリエンス 'Secondo'

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.