911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

BMW:ビーエムダブリュー ◆2019年6月23日 BMWモータースポーツフェスティバル2019

BMW Motorsport Festival 2019@富士スピードウェイ

投稿日:

BMWモータースポーツフェスティバル 2019

なんだか立て続けにイベントがあり、話が前後しますが、2019年6月23日に富士スピードウェイで開催された、BMWの『BMW モータースポーツフェスティバル 2019』に行ってきました~。

今回はポルシェ911カレラです。あ、黒カレラさんカッコイイ…(と、言わずにはいられない自分を止められない^^)。

…って、このブログを見て下さっている方の中には「あれ?ついこの前もFSWに行っていなかった?」とお気づきになる方もいらっしゃるかと思います。

そうなのです、なんだかもう6月は私のなかでちょっとした富士スピードウェイ月間になっていて、

と、13日間の間に3回もFSWまで走ってしまいました。いや~、楽しい^^

この日は、夫に用事があったので、私が(めずらしく??)子供たちを連れて、私+子供3人の4名で行ってきました。

FSWに到着し、この日、私のような一般参加の場合(今回はラウンジパスとか事前に購入できるものは一切せず、当日の駐車場料金のみでの参加)西ゲートからの入場オンリーだったので、西ゲートから入場します。

駐車場はそこからすぐのP15に停めました。とにかく、当たり前ですが、皆さんBMWの方が多いので、私はひっそりとP15の一番奥の方に駐車。

BMWの方々に遠慮して奥の方に…というフリをして、実はカッコいい640iさんのお隣に停めたかっただけでしょ、というのは子供からの指摘。鋭い(笑)。

子供たちがいることもあり、P15からメイン会場に向かうのに、シャトルバスを使ってみました。んー、これ便利ですね。助かりました。

さ~いよいよメイン会場に到着。BMWのこのFSWのイベント、以前も来たことがあるのですが、ここ数年は来ていなかったので、慣れていなくて何をどこから始めたら良いのかわからず。

とりあえず「子供たちを遊ばせに来た~」ということを、一応、建前的には言っておきながら(?)、私の心の中はもう試乗と、レーシングカーの同乗走行をしたい!という思いでいっぱい。

サーキット走行や同乗走行プログラムは当日抽選のものが沢山

子供たちに「まずはちょっとママ、どうしてもやらなきゃいけないことがあるから、待ってて!!」と伝え、当日抽選の申し込みに走りました。自分勝手炸裂。まあ子供たちからしたらいつものことかな(笑)?

1番に狙うは『SPECIAL TEST DRIVE』です。

そう、これは、BMWの各種Mモデルに乗車し、自分でFSW本コースを走行できるというプログラム。

いや~、もう、またFSWを走りたい!!というのと、ポルシェ911カレラの走行を覚えているうちに、BMWのMモデルで同じところを走行してみたい!!という、完全なる欲望のかたまりからの応募。メラメラしながら申し込みした私です(笑)。

そして、他にも複数申し込みが出来たので、『BMW M TAXI DRIVE』などにも申し込み。こちらは、自分で運転することは出来ないものの、プロドライバーさんが運転する様々なMモデルに同乗しレーシングコースを走行できるというもの。

他にも事前登録でドライビングレッスンなどもプログラムもあったようです。

あ~、どれかに当たらないかな~。期待をこめつつ、あとは当選結果を、当選発表時間に見ることしか出来ないので、しばらくの間、子供達と遊びます。

抽選申し込みの場所からすぐのところに、Shell石油の『Shell V-Power』ブースがあり、子供でも抽選に参加できるというので「抽選したい!」という子供達と並びます。

タブレットで、マニアックなBMWに関するクイズに答えると、その結果に関わらずクジを引かせて頂ける感じでした。マニアックなクイズは:

BMWの本社ビルの愛称はなんでしょう?
① シックスシリンダービル
② フォーシリンダービル
③ トランプタワー

みたいな感じです^^ 私だったら「6気筒でシックスシリンダーでは?」なんて思ってしまったのですが、子供達は「トランプタワーじゃないことは確かだよね。まあ、4つかな。フォーシリンダー!」とか、やたら的確に答えていて、正解(笑)。

その他の問題も、私では全然わからないものが多かったのに、勘で当てていく子供達の回答の結果、『2級』という称号を頂いていました(1級が最上級)。何も知らないはずなのに、ある意味凄い^^

さらにはクジで長女がShell V-PowerxBMWのパーカーを当てて、これがまた黒でカッコイイ!やるな~。さっそく翌日、学校に着ていったら皆から「超カッコイイ!」と言われたそうです^^ 今度、こっそりもらっておこう…。

さて、会場にはBMWが色々展示されていました。

FSWには沢山のBMWモデルたちが展示

何気に新しい8シリーズである850i xDriveだったり、Z4 M40iだったり、さらには、さりげなくBMWにまざって1台だけロールスロイスのレイスブラックバッジも。

あとはバイクも2台展示。向かって左が『スポーツHP4レース』で、右が『S1000RR』。

また、屋内には歴代のBMWなども展示されていました。

BMW 2002 Turbo、BMW M3 E30 Sport Evolution、BMW M3 E36GT、BMW M3 E92などなど。

MパフォーマンスのエリアにはBMW M2 Competitionなどが展示。BMWの純正アクセサリーパーツの展示もありました。

他にはこんなクラシックな車たちも。こちら左側がBMW3.0 CSL、1973年のお車。そして右側が1981年式のBMW M1。

グッズ販売コーナーもあり、可愛いキッズカーたちも販売されていました。子供が小さかったら思わず買ってしまいそう^^

続けて、展示されていた車たちをざっと見てしまいたいと思います。今回、期待していた展示の1つがこちら。

BMW M8コンペティションのプレビュー

『New BMW Mモデル スペシャルプレビュー』セクションです。ここには何がいるのかというと…。

お~。X3 MコンペティションとX4 Mコンペティション

これらは通常の最高出力480psの3リッター直6ツインターボエンジンであるX3やX4を、さらに30馬力アップの510psになっているモデルだそうです。

そして、さらにはなんと!

こちらBMW M8 コンペティションが、いたって普通に展示されていたのです~。いや、もちろん展示の演出は素敵なのですが、本当にごく普通においてあった…。カッコイイ。

こちらのBMW M8さん、翌日、東京のグランドハイアット東京で行われたBMWの特別内覧会では「この日にアンヴェールとなる特別な車」って、シークレットアイテムとしてアンヴェールされたくらいの扱いであったのに、前日にはこんなに普通に展示されているとは^^

BMW Team Studieのレーシングカー M6GT3 & M4GT4

続いては、展示というか、走行している車が戻ってくるピットなのですが、めちゃめちゃカッコイイこちらの2台!BMW Team Studieのレーシングカーである、

BMW M6GT3と…↓

BMW M4GT4↓

こちらの2台が、この日のメインステージでの抽選となっていたメインイベントでもある『レーシングカータクシー』で使われた車両となります。

レーシングカータクシーは、普段乗ることができないMレーシングカーに同乗し、レーシングコースを走行するスペシャルプログラムで、さきほど私が応募したスペシャルテストドライブなどは、応募箱に応募用紙を入れる感じの抽選なのですが、このレーシンガータクシーだけは、メインイベントだけあって、決められた時間にメインステージにて抽選券が配布され、メインステージで荒聖治選手が当選する番号を選ぶというもの。

こちらの2台を見て「かっこいいな~!!」と興奮していたら、なんと先着27名の子供がこちらの車両を利用してのメカニック体験が出来るというではありませんか。

BMWのレーシングカーでメカニック体験

それはもう、子供達の意思なんて確認するまでもなく「並んで!!」と強制参加(笑)。いや、子供達も楽しんでいましたよ^^!!

まずはM6GT3のボンネットをあけさせてもらいます。3か所でとめてあるところを、バチンってはずします。

そうすると、簡単にボンネットがとりはずせちゃう。

ボンネットが取り外された車はこんな状態に。ちなみに、こちらのお車、サーキットを全開走行してきたあとだったので、子供達がさわるには危ない為、この前輪のみ、子供達が触れるように(熱くなっていない)新しいものに交換して下さったとのこと。

Team Studieの方が「後輪は交換していないので、まだ暖かいですよ!」と、こっそり(?)教えてくれたので、さわってみました。ん~、ほんのり暖かく、ちょっとだけまだペトペトしていました^^

さらには、なんと子供たちは、M4GT4の運転席に乗らせて頂けることも。こちらはM6GT3の車内↓

我が家の子供達も全員、それぞれM4GT4の運転席に乗りこませて頂きました^^

横で見ていて羨ましくなって、思わずお兄さんに「あの、私も乗っちゃったりしていいですか?」と聞いてみたら…「えっ!お子様ではなく?ちょ、ちょっとお待ち下さい…」って無線機でどこかに連絡を取られようとされたので、大ごとになっては大変!って思って「あ、いえ、大丈夫です!いいです!!」ってなりました(笑)。

大人でも乗りたい~っていう人、あまりいないのかな?

このあと、センターロックのタイヤをはずすフリをさせて頂けたりしたのですが(子供のメカニック体験)、お兄さんたち、私が車に乗ってみたいと言ったり、色々聞いたり、見たりと大興奮なのを見て「あの、よろしければ、お母さんもどうぞ^^」って、センターロックはずしのフリさせてくれました(笑)。

いや~、私、そんなに興奮してたのかな(笑)??でもちょっと感動。ありがとうございます^^ もう頭の中では「ポルシェ911GT3のセンターロックを、万が一自分ではずす日がきたならら、きっとこんな感じなのかな」なんて意味不明な妄想していた変な人。

これ、実際にセンターロックのタイヤをはずすことは出来ませんでしたが、この機械をガガガガって動かすことは出来たので、それもやらせてもらいました。いや~、なんだか楽しかった~。

そうそう、途中子供が発見。「こんなところに顔があるよ」って。ホントだ。M6GT3にこんな隠しキャラが(笑)。子供目線でないと気づけないところだな~って思いました。そして、これ貼ったTeam Studieの方、可愛い^^

カーボン/カーボンセラミックはやっぱり軽い

メカニック体験を終え、大満足でまた外へ。他に興奮したといえば、色々なパーツが置かれていたところに行った時かな。

こちら、カーボンルーフが置いてあったのですが、本当に軽かった!凄い~。簡単に片手で持ち上げられちゃう感じです。

そして、そんなカーボンルーフとかに感動していたら、展示のところにいたお兄さんが「これ、持ち比べてみて下さい!」って、カーボンセラミックのブレーキと、普通のブレーキを持たせてくれました。

奥の黒っぽいのがカーボンセラミック、手前が普通の↓。普通の方は両手でも持ち上げるのがかなり大変なくらいの重さであったのに比べ、カーボンセラミックの方は、それよりはだいぶ軽い感じ。

お兄さんいわく、普通のは約15キロあるけれど、カーボンセラミックの方は約半分の約7.5キロくらいなんだそう。それにしても、この普通のブレーキの方、こんなに重たいのが4つの車体についているのかと思うと、びっくりでした。

子供達と一緒に家族で楽しめるイベントも色々

あとは子供達が遊べた色々なことをご紹介。

まずはBMWのマウンテンバイクで決められたコースを走るというもの。年齢制限なしなので、自転車に乗ることが出来る方なら、誰でも参加可能です。なので、小さいお子様から、大人の方まで参加されていました。

スラロームコースが作られており、そこをマウンテンバイクで走り抜けていき、最後は1本の木の板の上を走ったりもするコース。こちらのコースのタイム計測と、1度も足をつかずに完走できたらお土産(メモ帳)が頂けるというものでした。

だいたい見ていて、平均タイムは1分50秒前後。でも、1人めちゃめちゃ速いお父さんがいて、53秒という凄い記録を打ち出していました。記録成立の時に立ち会えてちょっと感動でした^^

あとは、こちらのFun Park。フェイスペイントとかして頂けました(無料)。

子供達、BMWのマーク、お花、スパイダーと描いて頂いたのですが、BMWを描いて頂きながら「これ、ランボルギーニのイベントとかだったら、ロゴ1つ描くにも大変ですよね(笑)」なんて、描いてくれているお姉さんと笑ってお話したのですが、その時に「どのメーカーがフェイスペイントで描くのに1番簡単か」という話になり、

ダイハツ、もしくはマクラーレンじゃない?」
「いや、ベンツも簡単」

なんて子供達と盛り上がっていたら、お姉さんが「私が実際に過去、お仕事させて頂いて、1番簡単だったのは…アウディです」とのこと。

たしかに~。4つの〇だし、なんといってもメーカー名もAUDIで簡単。納得でした^^

他には小さいお子様向けにストライダーに乗れる体験や、車を自力でひっぱる体験など。

こちらの『BMW POWER CHALLENGE』という、BMW 2シリーズを自力でひっぱるのは、大人1人で引っ張る方もいれば、3人まで同時に引っ張ることが出来るので、お子様たちと体験されている方もいらっしゃいました。

我が家もやりたい!ってなったのですが、ちょっと並んでいたこともあって断念。

そして…こういうアクティビティの途中、途中に私が応募したサーキット走行の当選発表(貼りだし)が行われていたので、そのたびに「ちょっとごめん、発表見てくる!」と、当選番号の確認に走っていた私です。

当選発表はこのような感じで貼り出されます(メインステージでの抽選は別)。なんだか、受験とかの合格発表みたいじゃないですか(笑)?ドキドキしちゃいました。

左が当選番号で、右側のホワイトボードはキャンセル待ち当選の番号たち。本当にこのキャンセル待ち掲示は、受験で「繰り上げ合格になりますように!!」って思うような、そんな気持ちになるんだろうな~って思っちゃいました。

私はこの抽選においては、まったく選ばれなかったので、残念(涙)。

この日のメインイベント、メインの抽選項目であったメインステージで行われた「レーシングカータクシー」の抽選については、別途書きたいと思います。

ひとまず、今回のイベントを終え、またシャトルバスに乗りP15まで連れて行って頂き、帰路につきました。子供達はさんざん楽しんだようで、車をスタートさせて11分後には全員、大爆睡^^。

16時前くらいの中途半端な時間に富士スピードウェイを出発したというのに、そんなに渋滞にもはまらず、都内自宅まで2時間ちょっとで帰ってくることが出来たので良かったです。1人ドライブが好きな私としては、子供達が爆睡してくれたことで、1人好きなように、1人ドライブ気分で帰ることが出来たので最高でした。

都内に入り、家に帰るちょっと前、最後の最後に出会ったバスのマークがBMWっぽかった(笑)。青と白の位置が反対ですが。

なんとも楽しい1日でした。

車イベントに子供を連れていったのも久しぶりですが、とても楽しかったです。…いや、かなり私が楽しませてもらって、子供達が「ママに付き合ってあげた」っていう感じな気もしましたが(笑)。

それでも、そんなママに付き合ってくれる子供達に感謝です^^ では、レーシングカータクシーの抽選についてに続きます~。

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-BMW:ビーエムダブリュー, ◆2019年6月23日 BMWモータースポーツフェスティバル2019

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.