911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

BMW:ビーエムダブリュー

BMW X7、M8、新7シリーズ&新8シリーズ特別内覧会@グランドハイアット東京

投稿日:2019年6月25日 更新日:

BMW Story of Luxury:BMWラグジュアリークラス特別内覧会

2019年6月24日、都内某所の駐車場に車を停めました。

もう、マクラーレンからフェラーリ、アストンマーティン、さまざまな高級車がびっちりと停められていて…すべてを見てまわってはキリがないので、自分の車をとめたすぐ近くにいた2台だけ…。

こちらのポルシェ911は、すっご~く素敵なお色でした。タルガです。

そしてフェラーリ。こちらのお車の2台くらいとなりにもフェラーリ、そしてその先にはランボルギーニ…

本当にキリがない!…という、この駐車場としてはやたら狭いというのに、常に高級車が停められているのは、そう!『六本木ヒルズP2駐車場』です。(慣れているのでP2にしか停めないので、他はわからない…)。

この日、用事があったのはグランドハイアット東京。本来ならP3の方が良いはずなのですが、P2に^^

この日の目的は、BMWのラグジュアリークラス特別内覧会です。この日、発表されたばかりのBMW X7、それにBMW 760やBMW850、そしてこの日アンヴェールとなったM8の内覧会。

会場内に入るとこのような感じでした。ブルーのライトに、やはりスモークがたかれていました。

どうして車の内覧会イベントって、スモークたくことが多いのでしょう。確かに会場の雰囲気はカッコ良くなるのですが、写真を綺麗に撮りたい私からすると、スモークがあると写真がボケるので、困る~^^

でも、目の前に広がる会場は、ブルーのライトで統一され、とても綺麗でした。

フィンガーフードも用意されていましたが、ほぼデザートメイン。

このチョコレートのケーキ、めちゃめちゃ美味しかったです^^ しかも、良くみると「7」って書いてあります。さすがX7とかの発表会!

さらには、ソフトドリンクや、白・赤ワインの他、特別なカクテルが沢山用意されていました。こういうのは女性は嬉しいかもですね^^ 大半はノンアルコールのものでした。

いくつかご紹介すると、それぞれのカクテルの名前と説明は:

  • M8/レーシングスピリット:パッションを感じさせる深紅のクランベリーを使用したカクテル (ノンアルコール)
  • The X7/最高峰のエレガンス:気品漂うマンダリンを使用したカクテル (ノンアルコール)

など。

あとは、会場内に、スワロフスキーやB&W (Bowers & Wilkins)の出展もありました。

Bowers & Wilkinsはマクラーレンにも搭載されている、ダイアモンドツイーターが特徴的なオーディオメーカーさんで、前からずっと我が家も欲しいと狙っているものの1つです^^

こちら、今回のBMW 新8シリーズに搭載されていることからの出展だったようです。

では、この日展示(発表)されていたお車たちを見ていきたいと思います。

BMWの最上級SAVである「X7」

この日、このイベントに先駆けて少し前の時間に発表となった、BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の最上級モデルとなる新型「X7」。なかなかの迫力がありました。キドニーグリル大きい!

全然、何の知識もないまま、拝見させて頂いたのですが、大きかった!

さすがSUV、車高が高いこともあり、運転席からの眺めは良く「あ、これなら運転出来そう」と思えたわけですが。

ふと、運転席に座って後ろを振りむくと、そこには後部座席があり…さらにもう後ろにもう2席が!!

そう、こちらのお車、3列シートでした。びっくり!(って、本当に何の事前知識もなくすみません)

これなら、5人家族の我が家のファミリーカーとしても完璧では!!なんて思ってみたものの、さすがにちょっと大きすぎて、既存の駐車場には入りません。

そして、運転する時「前だけに進む」ならなんとかなりそうですが、後ろを見てみたところ「バックする」のが私には難しそうな車体であったので、なかなか難しいかな~。

ちなみにボディーサイズは、全長×全幅×全高=5,151×2,000×1,805mm、ホイールベースは3,105mmだそうです。

車内はとても高級感にあふれ、どちらかというとこのX7は運転するのではなく、後部座席に乗らせてもらって、のんびりと移動したいって思いました^^

展示してあったこちらのお車、ディーゼルでした。

ガソリン給油口の隣には、排出ガス処理のためにAdBlueによる尿素噴射(SCR)を使用する車両ということで、そちらの補充口もありました。

BMW M760Li xDrive

そして、X7の隣に展示されていたのが「M760Li xDrive」。ロングバージョン。

なかなか大きかったです。

そして、こちらのお車も、なんといっても内装がすごく高級感溢れ「あ~後部座席に乗っていたい」と思いました^^

こちら、助手席の後ろについているのはオットマンなのでしょうか。

白い内装、本当に綺麗。

右下の写真↓は、シェードが自動で上げ下げ出来るというので、あげている時のものです(後部座席のドアの窓です)。

新しいBMWシリーズは、どれも「駆け抜ける喜び」よりも「後部座席に座る喜び」の方が大きく感じられるかな、なんて思ってしまった私です^^

そして、ひさびさにドアについている灰皿を見ました↓(黄色の丸部分:後部座席の扉)。左上の写真はわかりづらいですが、ルーフ部分。

BMW 850i xDrive Cabriolet

続いて、こちらがBMW 850i xDriveカブリオレです。オープンカー。

我が家は現在、家族5人が乗ることが出来るファミリーカーとして、BMW650iを使用しています。

このBMW650i、まだまだ乗り続けるつもりではいますが、いざとなった時に「後継機種はどうしよう」ということを悩んでおり、その後継としての一番の候補が、BMWの8シリーズとなっています。

しかしながら、やはりカブリオレでは後部座席が狭すぎることもあり、これは我が家のファミリーカーの後継にはなりえないことがわかりました(涙)。

こちらのカブリオレ、やはり内装が白で品があって高級感あり、素敵です。

そして、写真右下の扉の写真わかるでしょうか?↓ 光っている部分。これがB&Wのスピーカーとなっています。カブリオレの場合、B&Wのスピーカーが標準装備となっているそうで、このようにドアなどのスピーカー部分が光っています。

BMW 850i xDrive Coupe

続いては、同じくBMW 850i xDriveであるのもの、オープンカーではないクーペタイプ。

このBMWの顔つきの悪さ(←誉め言葉^^)、好きです。

センターコンソールが大きくなったからか、クーペでもカブリオレでも、助手席でさえ現行のBMW650iよりも狭く感じました。

ちなみに、こちらのクーペタイプだと、B&Wのスピーカーは標準装備ではなく、オプションになるのだとか。

展示車にはオプションでB&Wスピーカーが入っていたので、こちらはブルーに光っています。

B&Wのオプション価格は税込み599,000円。他のオプションたちが、普段ポルシェのオプション価格に見慣れていると「やす!」って思ってしまえるような価格であったところに、なかなかこのB&Wは高級でした。さすがB&W。

ちなみに私と夫はこの「思わずオプション価格が安く見えてしまう」みたいなことを「大塚家具効果」と呼んでいます。

いや、あの、行かれたことがある方はわかるかと思うのですが(そうでもない?)、その、大塚家具に行くと、営業さんが最初からビッチリついてくれて、まずは「1番高い家具」から見せてくれるわけです。

数百万のソファとか見せられたあと、だんだん「こちらも良いですよ」と価格が安いものを見せられていくと、危うく数十万でも「え、これ安い!」ってなっちゃうという。恐るべし大塚家具効果。

…っていう、大塚家具効果により、勝手に「ポルシェのオプション価格に見慣れることによって、BMWのオプション価格を安いと感じてしまう」という効果を生み出してしまいました。アブナイ。実際にはポルシェが「高すぎ」で、BMWでも一般的には十分高いはずなのに^^

ギアはクリスタル?っぽくなっていたりして、なかなかギラギラ感ありました。

BMW M8

最後はこちら。この日「当日にアンヴェールされる、何かはまだ発表できない特別車」とされていた車であるM8。

いったい、何の特別車がアンヴェールされるのかな??ってドキドキだったのですが、M8でした。

いや、なんでそんな、エキサイトしていなくて、ちょっとがっかり気味なのかというと、前日の6月23日に富士スピードウェイで開催されたBMWモータースポーツフェスティバル2019にも行っていたのですが、その場でもすでにこちらのBMW M8さんが発表になり、展示されていたのです。

なので、どちらかというと、感動したことといえば、「昨日まで富士スピードウェイにいたM8さんが今日、ここに運ばれてきたに違いない!昨日も会ったね」という親近感でしょうか(笑)。

私も昨日、FSWにいて今日はグランドハイアットにいるよ、一緒だね!みたいな^^

いやいや、カッコ良かったです。マットなブルーも素敵。ただ、お値段はあまり素敵とはいえないほど高いようです^^

隣にいた方が「さっそく営業さんに見積もってもらったけど、めちゃめちゃ高かったよ!」って落ち込んでいらっしゃいました^^

  • M8:2,230万円
  • M8コンペティション:2,433万円

BMW 特別内覧会のお土産

というわけで、新しいX7や7シリーズ、8シリーズ、そしてM8を見せて頂けた、とても充実した内覧会となりました。

最後にお土産を頂くことが出来たのですが、まずは私としてはとても嬉しいジョエル・ロブションのお菓子(クッキーみたい)。子供達に見つかる前に食べなければ^^!

そして、めちゃめちゃ豪華なカタログたちです。

わかるでしょうか?THE 7というゴールドのものと、THE X7というシルバーのカタログがあるのですが、どちらも表紙とかファブリックのようになっていて、とっても豪華なハードカバー。

大きさもA4以上あるもので「これ写真集じゃないの」って思えるほどの立派なものでした。

とりあえず今回、色々拝見させて頂きましたが、我が家のニーズに合っているものと考えると、これから出てくるBMW 8シリーズのグランクーペがやはり、1番の有力候補ではないかと思えました。

BMWさん、素敵な特別内覧会をありがとうございました^^

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-BMW:ビーエムダブリュー

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.