911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

BMW:ビーエムダブリュー ◆我が家のBMW M3 (2021)

BMW 新型M3 レベル2自動運転を試してみる

投稿日:

渋滞中、ハンズフリーで高速を走ることが出来る

BMW M3が納車されてから、基本的にこれは夫の車であるというのに私が結構気に入ってしまって運転させてもらっています。

この日もまた高速を走って、自動運転を試させてもらいました。新型M3についているのはレベル2自動運転というものらしく、低速走行時(60~70km以下?)にハンズフリーで高速ではM3が運転してくれます。

真剣にマニュアルとかをまだ見ていないので、なんとなくの自分で感じた感覚論で申し訳ないですが。

今度ちゃんとマニュアルも見てみたいと思います。

で、で、で。

このM3のアダプティブクルーズコントロールもなかなか頭が良くて便利で使いやすいと思っていたのですが、今回試してみた自動運転ではさらに凄かった!!!

関連記事ポルシェ911のアダプティブクルーズコントロールを使う練習の旅へ

高速に乗って、M3が「あ、ここならいいよ」と認めてくれた場合において「アシストプラス出来るよ」と教えてくれます。

このアシストプラスというのが、いわゆるレベル2自動運転。

この「アシストプラス出来るよ」と言われたら、MODEボタンを押して「Assist Plus」モードに変えます。

そうすると、このステアリングにあるライトが(写真では黄色っぽく見えますが)緑色に点灯します。

この緑色がつけば自動運転ONの合図みたい。これがついたら、ハンズフリーで運転が可能となります。凄い!

最初は慣れなくて怖かったのですが、慣れてきたら完全に手を放してもちゃんと運転してくれるので、かなり安心してM3に運転をまかせることが出来ました。

渋滞時(低速走行時)、ハンズフリーで勝手に車が運転してくれるとか、未知の世界の出来事だったので慣れてきたら感動でした。

凄い!

運転しながらハンズフリーでコーヒーを飲んでみたりと、たったそんなことでさえも、完全に手放し&足放し(っていうの(笑)?)でも車は運転し続けているなんて、なんだかもうすべてが未来的でした。

ただ、ここの部分↓で私の顔(目)は認識されているようで、視線が前方から途切れると「ちゃんと前みろや!」って怒られました。それもまた凄い。

あとは、何も考えずにぼーっとこの画面を見ていたのですが、隣のレーンを走る車のアニメーションがあって、この時はトラック↓

でも、この時は乗用車↓

…って思っていたら、なんと!これ、本当に隣を通過している車のサイズでした。トラックが通過したらトラックになっていました。すごい!!!!

この自動運転、渋滞時の高速ではやめられないかも。便利すぎます。

自動運転ではなくても、ACC(アダプティブクルーズコントロール)だけでも便利ですし、M3という駆け抜ける喜びがある車であるにも関わらずこの便利機能もあるということが凄いです。

911がサーキット走行でも、スーパーへのお買い物でもOK!と言っているのと同じように、このM3も自動運転でのんびり行くのもいいし、ちゃんと走行してもOKというのがとても良いです^^

さようなら、BMW高輪

あとは全然関係ありませんが、偶然にして高輪を歩く機会があったのですが、もともとBMW高輪があったところの前を通りました。

何度か行かせて頂いていたBMW高輪がもう、完全に空っぽになっていて、何もなくなっていたのはなんだかちょっと悲しかったです(涙)。

こうして時代は移り変わっていくのですね。

これからも後悔なく生きていきたいと思います(なに(笑)?)。

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-BMW:ビーエムダブリュー, ◆我が家のBMW M3 (2021)

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.