ポルシェ911やスーパーカーにまつわる体験や情報、そして実際の購入記&所有記録です

911 Supercars

Ferrari: フェラーリ

Ferrari 488 Pista (488ピスタ) その2:車内、内装など

投稿日:

1つ前に488 Pistaさんの外観写真について掲載しましたので、今回は車内(内装)などの写真を。まずは運転席側のドアを開けてみたいと思います。運転席側の内側のドアノブはストラップです。でもアルカンタラなので高級感ある!

ポルシェGT3RSなどのストラップノブは、ちょっと苦手であるのですが(ゴメンナサイ)、このアルカンタラ仕様なら、ストラップでも良いと思えてしまう…。ポルシェの場合、ドアパネルまではアルカンタラに変更できるけれど、このストラップはアルカンタラ仕様には変更できないような…?違っていたらすみません…。

…って、イヤ、良く考えたらこのストラップはあくまでもドアハンドル??で、実際にドアを開ける時はその下のところを使ってあけるのでした…。

わかりづらいですが、運転席側のドアの下部。

スピーカー部分(ドア)。

運転席から見た左側部分。

ハンドル正面。

ハンドル右斜めから。

奥には488 PistaとFerrariのロゴが表示されます。

車内全体像。

助手席側から。

ハンドル部分を横から見たところ。パドルシフトは最初からロングバージョンです(デフォルト)。

運転席、アクセルペダル周り。

運転席。アルカンタラ仕様、バケットシートに4点式シートベルト(欧州市場バージョン)。私、フカフカの座席よりも、車ではこういった固いシートの方が好きなので(変?)、何気にこのシート、好きでした。アルカンタラで高級感あるし!!

センターコンソール。中央のギアスイッチ部分。

カップフォルダーもありました。

USBの挿し口が2つ。

バックミラー周り。

助手席側からの車内(シート)。

エアコンも普通についていて、JBLスピーカーも搭載。↓コンソールにはApple Carplayの文字が。

でもグローブボックスはありません。

ダッシュボード部分には「488 PISTA」の文字。

助手席の足元部分。

助手席の内側のドア部分。こちらはノブ(ハンドル)がストラップではありませんでした(ノブというか、実際に開けるところはこのハンドルの奥のひっぱるところです)。なぜ?!

それでもアルカンタラ仕様(巻いてる?)になっていました。でも、どうして助手席はストラップではないのでしょう…。軽量化するなら、こちらもストラップで良いような気がするのですが、どうして助手席だけこうなったのか私にはわからずです。走っている時に助手席の人はつかまるところがないと危ないから(笑)?!

ドアをあけた時の下部分。Ferrariのロゴ。

車内からエンジン部分をのぞいた感じ。

リアからエンジン部分を見たところです。光ってしまってわかりづらくてすみません。開けて頂くの忘れました…。

こちらもうつりこみが激しいですが、リアをガラスフードの上から見たところです。

最後に、トランク部分を開けて頂きました。

意外と広いトランクスペース!

そしてまた、ここでも驚いたのが、こちらのトランクをあけた裏側部分が全部、カーボンであったこと!

よ~くみると、全部カーボンです。凄い!

以上、ささっと写真中心ですが、488ピスタの内装、車内等でした。いや~素敵すぎました~!!

 

 

911Supercars上




911Supercars上




911Supercars 記事中



-Ferrari: フェラーリ

Copyright© 911 Supercars , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.