911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 GT3 (991後期)

ポルシェGT3でローンチコントロールしちゃった

投稿日:

ポルシェ911でローンチコントロール

ちょっと前に「ポルシェでローンチコントロールしたことある?」と聞かれたことをキッカケに、その日以来「ポルシェでローンチコントロール使っての発進してみたい!!!」と、ずっとずっとずっと、思っていた私。

ポルシェのローンチコントロールにはスポーツクロノが必要

でも、ポルシェでローンチコントロールが搭載されているのは、スポーツクロノパッケージがつけられた車であり、私の素カレラさんにはスポーツクロノがついておらず…そうなると、私がローンチコントロールを試すためには、スポーツクロノがついているポルシェ911である、GT3しかありません。

GT3でローンチコントロールなんて、どれだけの凄い発進になるのかもわかなければ、その物凄いパワーを持って、私では制御できない動きになったらどうしよう、とか色々思うと、一般道でいきなりローンチコントロールを試してみるわけにもいかず(あ、いや、もちろん車をちゃんとコントロールできる人でも、一般道でやることではありません^^)。

「いつかチャンスがあれば、絶対にどこかでポルシェGT3でローンチコントロールする!!」

と、密かに、いや…、本当は実際には、かなりメラメラとそのチャンスが早く来ないかと、ずっと待っていたのです(笑)。

で!!来ました、来ました^^

やっぱりチャンスを得る為には「願う」ことが大事と実感。もちろん、何事も「願うだけ」で叶うわけではありませんが、でも願わなければ、まずは叶うものも叶わない。

今回も、メラメラ願い続けて「ローンチコントロールしたい」と思い始めてから、約1か月ちょっとで、そのチャンスがやってきてくれたのです。

ハイ、場所は富士スピードウェイP15。そうです。まさに先日、マクラーレン東京主催のマクラーレン・プレミアム・テストドライブに参加させて頂いた時のことです。

マクラーレンでの走行が終了したあと、P15駐車場内のストレートを利用して、ポルシェ911 GT3でローンチコントロールを利用したスタートをさせて頂きました!!感動すぎる~~~~。

※事前にちゃんとP15を利用して、ローンチコントロールして走らせて頂く許可を得て、やっています。

では、さっそくですが、GT3でローンチコントロールした時の様子です。やり方は前回も書いた通り:

  • スポーツモードにする
  • 左足でブレーキをしっかり踏んでおく
  • 右足でアクセルをベタ踏みする
  • ポルシェ911がローンチモードになるので、ブレーキ離せば、そのままドゴーン!と発進

で、出来ちゃいます。

というわけで、やってみたいと思います。まずは…スポーツモードのスイッチをONして、左足でブレーキをしっかり踏み、右足でアクセルを全開、ベタ踏みで踏み込みます。

アクセルを踏み始め、一気に6,000回転くらいまでになり、中央右側の計器が通常の表示から…↓

おおお、出てきた、出てきた!中央右側の計器に変化が!↓

わかりますか?黄色の矢印のところ。何か出てきていますよね?↓

これが!!!出ました~!!!

そう、アクセルを踏み込んでいると、すぐに出てくる「!ラウンチコントロールが有効です」の表示↓

アップしてみると、これです↓ もう、この表示を見た瞬間「キタ、キタ、キタ~!!」と興奮度マックス(笑)。

だってもう、この時の音も、GT3は「いつでも発進OKよ~」っていう、もうボボボボって凄い音なのです。興奮するー。

で。これら、写真で見ると、ゆっくりの時間に見えるかもしれませんが、もうアクセルを踏み込んでから、ここまでの間は一瞬です。

「ラウンチコントロールが有効です」の文字を確認した瞬間、ブレーキから左足を離し、アクセルはベタ踏みのまま全開!!

発進した瞬間、ポルシェスタビリティマネジメント(PSM)がOFFになったという警告灯が一瞬点灯(その後、すぐ消えましたが)。※自分でPSMオフにしたわけではありません。

たぶん、一瞬「車が滑ってるよ」と教えてくれたものかと思われます。ほんの1秒弱だけ点灯して消えました。

最初の加速は「おおお」って、身体が座席に押されるようなパワーを感じての発進となります。

でも、もっと恐ろしいほどのGを感じるのかと想像していたので、それよりは全然そんなに激しくもなく、恐怖心よりも、楽しんでスタートできる感じでした。

時速50キロを越したくらいで、8,000回転くらいまであがっていきます↓ ホント、ここ、たった1秒とかそういうレベルの時間軸です。

その後、アクセルを踏み込んだままで、短めのストレートを一気に加速。

このストレート、この前にプロドライバーが、マクラーレン570Sで130キロまでもっていったのと同じ場所なわけですが、今回そのマクラーレンの時より、スタート地点が違ったことから、車1台分短い距離だったにも関わらず、GT3のローンチコントロールスタートで、その加速は128キロまでに達しました。

この短い距離の中、一気にここまでの加速は気持ちイイ以外、なにものでもありません!!もう、あの、この、ローンチコントロール…クセになる(笑)。

って、本当に何度でもやっていいなら、いつまでもやりたいくらい、めちゃめちゃ楽しかったです。GT3、本当に素晴らしい。

こちら、まずはローンチコントロールした時の車内からの動画、たった3秒ですが(笑)↓。

私、必ず車の鍵につけているキーホルダーを所定の場所に収めているのですが、発進した瞬間、あっという間にキーホルダーが落ちているのがわかるかと思います。そのくらいの衝撃はありました。

 

この短い距離でのローンチコントロールによるマックスパワーでの加速をしたあと、一気にブレーキして曲がっていくわけですが、もう、この「この加速から、車が当たり前のように止まる(減速する)」という、PCCB本領発揮の素晴らしさも、あわせて体感することも。

「車はどれだけ速くつっこんでいっても、ブレーキを踏めば、確実に止まるものなのね」

と、勘違いしてしまいそうなほど、物凄い加速からも普通に止まってくれるポルシェ。

ポルシェGT3とPCCBの組み合わせは、この性能をもってして、ドライバーが恐怖感なく走ることが出来る、本当に本当に、物凄い性能を秘めたポルシェなんだ!と、改めて実感し、興奮がとまらなくなったのでした^^

こちらの動画、GT3でのローンチコントロール発進でストレートを走り抜けた時のものです。あまり良くわからないかもですが、このほんの少しに見える短い距離で、一気に128kmまでもっていけているので、実際にはかなりの加速感を覚える感じです。

 

本当に「興奮が止まらない」とはこのこと、このローンチコントロール以降、都内に帰ってくるまで、運転しながらも私の頭の中はさっきまでのGT3の轟音と、加速感を振り返り続けて、妄想漬けに(笑)。

気づけば、どう運転して帰ってきたのかもわからないってくらいに、あっという間に家についていた、っていうくらい、夢見心地で帰ってきました^^

今でも忘れられない、あの快感…。こうして、人はどんどん「より強い刺激」を求めるようになってしまうのかもしれません。アブナイ、アブナイ!

いや、でも本当に。

ポルシェ&スポーツクロノパッケージつきのお車をお持ちの方は、もしまだ未経験でしたら、どこか安全な場所でチャンスを見つけて、是非このローンチコントロールを使用した発進をしてみて欲しいと思います。

ポルシェの凄さをより感じ、実感することができ、本当にこの快感を忘れることが出来なくなると思います。

あ~~~、思った通り、ポルシェ911でのローンチコントロールは最高でした!!!911、大好き!!!!!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 GT3 (991後期)

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.