911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェタイカンがアトランタでEV新ラップタイムを記録

投稿日:

ポルシェ タイカンターボS@ロードアトランタ(Michelin Raceway Road Atlanta)

2020年11月3日の気温約20度の日に、アメリカはアトランタ州にある『ミシュランレースウェイ・ロードアトランタ』のサーキットにて、ポルシェのフル電気自動車であるタイカン・ターボS (MY2020)が、EVのプロダクションモデルとして記録的なラップタイムを出したとのことです。

そのEV生産車としての新記録ラップタイムは『1:33.88』。こちらのコースは2.54マイル (約4.08キロ)。

ちなみに電気自動車ではない場合のラップタイムの参考としては、プロダクションモデルとしての最速記録を、2019年に同じくポルシェが保持しており、その記録はポルシェ911 GT2RSによる『1:24.88』となっています。

このミシュランレースウェイ・ロードアトランタというサーキットは、北米ポルシェ本社がある場所の近くにあるサーキットで、長いストレートに高低差があるそのコースは、その場を走る車たちの性能を試される場であるとのこと。

今回、このラップタイムを出されたドライバーであるプロレーシングドライバーのLeh Keen氏も「このサーキットってホント、容赦ないんだよね。だから、車のことを完全に信頼しなければ走れないんだよ」と。

この「容赦ない」の表現、実際の言葉では「This track is unforgiving」。Unforfivingですよ!もう、思わずメタリカのThe Unforgivenが頭の中に流れちゃう(全然関係ない)。

タイカンはコーナリング時のパフォーマンスが凄いって

えっと、それで続けますと、そんな彼が本当に驚きを感じたのはコーナリングの時であったそう。

リアアクスルステアリング、オプションのポルシェダイナミックシャシーコントロールスポーツ、そして素晴らしくプログラムされたスポーツプラスのスタビリティコントロールの組み合わせによって、彼はタイカンを「出来ると思っていた以上にプッシュすることが出来た」とのこと。

他にも、タイカンが曲がる際のパフォーマンスはとにかく驚くべきものだったそうで:

「特にターンインする時には、それはもうクリスプで一貫性があり、ステアリングのレスポンスはとっても速かった。」

「タイカンのそのパワーはコーナーごとに頭がシートに押し付けられるようであり、ブレーキのフィードバックも素晴らしい。」

「電気モーターのレスポンスは非常に早く、パワーが欲しいと思った時にそのパワーがそこにある、という感じ。アクティブなディファレンシャルと組み合わせることで、タイカンはハンドリングにおいてとにかくすっごいモノとなる。」

と、サーキットでのタイカンの凄さを実感されたドライバーさんは語られていたのでした。

以前、こんなヘロヘロドライバーの私が恐れ多くも同じくタイカンターボSでサーキットを走らせて頂いた時に感じたことは、これプロドライバーさんだったら実はガソリンエンジンの「エンジン音がある車」よりも、さらに、なんというかもっと「走ること」に集中することが出来るのかもしれない、なんて思ったこともありました

関連記事:
ポルシェタイカン試乗…タイカンの運転しちゃいました~
992型 ポルシェ911 カレラ4Sで袖ケ浦フォレストレースウェイを走る

さて今回、こちらのタイムアタックに使用されたタイカンは、前述の通り生産モデル。つまりは、普通に一般人が購入できるタイカンと同じものとなります。

ただ、この日のタイカンの設定としてタイヤの空気圧は4本とも41 PSIの高い圧力がかかるようにされていたとのことです。

タイヤは工場出荷時につけられていた標準のサマータイヤで、ピレリのP Zero NF0 Elect。サイズは、フロント:265/35-21、リア:305/30-21。

ホイールは21インチのミッションEデザインホイールとなっています。

テスラ モデルS プレイドを意識?

こちらで、このラップタイムを出した時の動画を見ることが出来るのですが、何が面白かったって、ドライバーさんが来ているレーシングスーツが格子柄だったのですね、チェック模様。

そして、その格子柄って英語では「Plaid」とも言うわけで…おお。

Plaidといえば、そう、あのテスラが生産モデルとして最速のものとして出そうとしているモデルがPlaid (Tesla Model S Plaid)。

「タイカンを運転するドライバーのスーツがPlaidだね」とつっこんでる方とかがいて、目のつけどころがシャープだな、と思ったのでした^^ …すみません、何を書いているのかもうわからなくなってきた(笑)。

とにかく、こちらが動画です↓

そしてこちらが記録を出した時のタイカンターボSのオンボードの映像となります。

やっぱり、このエンジン音がない世界って凄い。逆にちょっと怖くなります(高速時)。スピード感がわからないというか。↓

出典:(公式)Porsche Taycan Turbo S sets production EV lap time at Michelin Raceway Road Atlanta

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.