911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ等)の体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Media: TV、雑誌など Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 (992型)

映画に出てきたポルシェたち10台とその作品

投稿日:

厳選された?ポルシェ10台リスト

1950年代から、ポルシェはあらゆる種類の映画に登場してきているそうです。

1960~70年代にロバート・レッドフォード(Robert Redford)氏や、スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)氏などによる映画でポルシェは大変注目され、映画に登場するポルシェは現在に至っても、まだまだヒット映画に採用され続けています。

選出のベース・ルール

今回、映画の中に出てきたポルシェということで、10台が選出されていたので見てみたいと思います。

実際には、10台以上のポルシェたちがもっともっと他の映画にも出ているわけですが、今回リストされた映画(ポルシェ)たちは:

  • キットカーではないこと(部品をバラバラに集めてアセンブルしたものではない)
  • フェイク(偽物)の車ではないこと
  • VWをいじって作った車ではないこと

というシンプルなルールに基づいて選出したそうです。

このルールに基づいて選出した為、『トップガン』『King of the Mountain』『48時間』に出てくるスピードスターなどはリスト外となっているとのこと。→使われていた車がレプリカである為だと思われます。

あとは、出来るだけめずらしいポルシェや、作品内でのポルシェの走りに重きを置いてリストしたそう。

念の為書いておくと、「ジャクリーン・ビセット(Jacqueline Bisset)氏が映画『ブリット』の中で運転していた黄色のポルシェ356コンバーチブルがリスト入りできなかったのは編集部としても驚きだけれど、まあこれは残念賞ということで」と書かれています。

年代順に見る映画に出てきたポルシェ10台

では、年代順に今回選出された映画の中に出てくるポルシェ10台を見てみたいと思います^^

それぞれに映画内でのポルシェ登場シーンの動画も掲載しています(だいたいどれも2分前後のもの)。

1: 1968年 ポルシェ911T 『ダウンヒル・レーサー 』 (Downhill Racer)

1969年代に初めてポルシェ911を映画に登場させたうちの1つの作品が、こちらの『ダウンヒル・レーサー』。主演はロバート・レッドフォード氏。

ロバート氏は、彼自身がかなりの車好きであり、ご自身でポルシェ550RSスパイダーを含む何台ものポルシェを所有していたそう。

映画内では1968年のポルシェ911Tが登場し、なんとそのポルシェにはスキー板が積まれていて、アルプスのスキー場まで走っています(USスキーチームの話ということもあり)。

ロバート氏は他にも1969年のアイリッシュグリーン色のポルシェ912を、2001年のアクション映画『スパイゲーム』でも運転されています。

2:1970年 ポルシェ917 『栄光のル・マン 』 (Le Mans)

スティーブ・マックイーン氏が1971年公開のドキュメンタリースタイル映画である『栄光のル・マン』で、ポルシェ917Kを走らせています。

撮影中には4台のポルシェ917が使われたそう。

3台のショートテイル(K)のブルーとオレンジのGulfカラーで、ナンバーが20、21、22のもの。そしてあと1台はシェル(Shell)がスポンサーしていたポルシェ917LH (ロングテイル)版。

3: 1970年 ポルシェ911S 『栄光のル・マン 』 (Le Mans)

『栄光のル・マン』には、ポルシェ917以外にも、ポルシェ911S、そしてポルシェ914も登場。何よりも有名なのが、映画冒頭でマックイーン氏が運転しているSlate Greyの1970年ポルシェ911S。

映画撮影の為にフランスまで持ち込まれた車だそうです。持ち込まれた?そう、このポルシェ911Sはなんとマックイーン氏が自身で所有しているお車だったそうです。凄いな~。自分の車を、役として映画内で運転できるなんて!

『栄光のル・マン』の撮影後、マックイーン氏は1971年1月にポルシェをロスまで戻し、その後売却。

3人のオーナーを経て、走行距離が12,400マイル(約2万キロ)の時、オークションで1.375ミリオンドル(約1.54億円)で落札されたそうです。

この時期、マックイーン氏は他にもカルフォルニアに1969年の黒のポルシェ911Sも所有。

そちらの車にはオプションがさらに色々とついていたそうで、めずらしいオプションとしてはエアコンが入れられていたとのことで、当時では結構高いオプションだったのだとか(8,338ドル。当時のレートで考えると結構な金額ですよね)。

4: 1979年 『ポルシェ928 卒業白書 』 (Risky Business)

フロントエンジンのポルシェとして、有名な映画出演をはたしたポルシェは1979年のゴールドのポルシェ928。

トム・クルーズ氏によって運転されたこの車のホイールは「電話のダイヤル」と呼ばれています(笑)。確かに。昭和な方ならわかるかと^^

何がびっくりって、この映画の中で、トム・クルーズがポルシェでカーチェイスをしたあと、かの有名な「Porsche, there is no substitute.」という台詞を言っているそうなのです。

え~、それは聞いてみたい!!というわけで、聞いてみました。

こちらの動画で、2:00のところです。本当に言ってる~!!そして、トム若い^^

5:1983年 ポルシェ911 SC 『カリブの熱い夜 』 (Against All Odds)

ロスのサンセットブルバードからベル・エアーまでの405フリーウェイとUCLAを、黒のフェラーリ308 クワトロバルボーレと共に、赤の1983年 ポルシェ911 SCカブリオレでカーチェイスする映像は圧巻、と。

このカーチェイス、特撮やスペシャルエフェクトなしの、リアルなカーチェイスだそうで、それだけに臨場感が凄いらしい。へ~。…って、あ~これですか!!↓

6:1984年 ポルシェ944 『すてきな片思い』 (Sixteen Candles)

「もしあなたが1980年代をすごしてきた人で、なんとも理解できないポルシェ944への想いがある人は、それはきっとこの映画が1985年に公開されていたことによるものだと思います」と。

今でも40~55歳くらいの女性たちに大変人気があるというジェイク・ライアン(Jake Ryan)氏が、この映画の中でポルシェ944を運転していたそうです。

そんなにうずうず感を残すような淡い恋愛ストーリーだったのでしょうか。見ていないのでわからないのですが…。

映画の中で、ポルシェ944は特に激しいカーチェイスなどをするわけではないけれど、この当時のポップカルチャーに影響を与えるものとなったそうです。

使われたポルシェ944はオートマ車だったそうで、この車につけられたナンバープレートは「21850」。

これは、この作品の監督であるジョン・ヒューズ(John Hughes)氏の誕生日が「1950年2月18日」であったからだそうです^^

こっそり、そういうのを仕込んでいるのって楽しいですよね。

7:ポルシェ930ターボ 『ノーマンズ・ランド』(No Man’s Land)

1987年に公開されたポルシェを題材としたチャーリー・シーン氏が出演しているアクション映画。この時代のポルシェ911が沢山出ているそうです。クーペ、タルガ、それにカブリオレと。

映画に出てくるシルバーのポルシェ930ターボのホイールはゴールドだそう。

写真ではゴールドに見えないような気もするのですが、映像でみるとホイールのへこんだ中心部分のみがゴールドっぽい?

ポルシェを盗む映画だそうで、ビバリーヒルズのロデオドライブで赤いフェラーリ512BBiを見つけた仲間が「あれを盗もうよ」といったことに対し、チャーリーシーンは「あんなのイタリアのゴミ(Italian trush)だよ、ポルシェしか盗まない」と。まさに「ポルシェしか盗まない」窃盗犯の話のようです。

その部分をこちらで見ることが出来ます。ポルシェもばっちり盗まれています。↓

8:1994年 ポルシェ911ターボ3.6 『バッドボーイズ』 (Bad Boys)

1995年に公開された最初のバッドボーイズ・シリーズ。黒の1994年ポルシェ911ターボ3.6が登場。

このポルシェ964 ターボ3.6は、1,437台のみが生産された後輪駆動の355馬力の車。キャリパーは赤で、0-96kmが4秒とのこと。

実はこのポルシェ、このバッドボーイズの作品で監督デビューしたマイケル・ベイ(Michael Bay)氏の所有車だったそう。皆さん、所有者を映画撮影に使ったりするのですね…。

この場合は、お金がなくて車を借りることも出来ず、ポルシェも映画をサポートしないという意向であった為、しかたなくだったみたいですが。

ちなみにこの時代、ポルシェはバッドボーイズ映画へのサポートはしないと言っていたものの、映画が公開されヒットしたのちには、撮影部隊の方々に「バッドボーイズ・パーティー」を開いてくれたのだそうです。

そういうった「わ、バッドボーイズの影響大きいじゃん!」という認識から、今年公開のバッドボーイズ・フォー・ライフではプロモーションからしてかなりのサポートをしているのかもしれませんね^^

9:2012年 ポルシェ911 GTS 『REDリターンズ』 (Red 2)

ハリウッドはなんとも狭い世界のようで、今回のリスト5番目に出てきている『カリブの熱い夜 』の監督をしていたテイラー・ハックフォード(Taylor Hackford)氏は1997年にヘレン・ミレン(Helen Mirren)さんと結婚。

そのミレンさんが今度はブルース・ウィリス(Bruce Willis)氏と、黒の2012年ポルシェ911 GTSと共に『REDリターンズ』に出演。

このポルシェ911 GTSはPDK。映画撮影時にポルシェはいくつかの似たような車の提供をされたそうです。

10:2020年 ポルシェ911 カレラ4S 『バッドボーイズ・フォー・ライフ』 (Bad Boys for Life)

最後はまたまたバッドボーイズ。今度は今年2020年公開の最新作。

バッドボーイズ2では、フェラーリ550マラネロが使われたものの、また最新作でポルシェ911が復活です。

映画に出てくるのは、このブログでも何度か書いている通り、新型ポルシェ911である992型。

バッドボーイズ1作目で映画に協力しなかった反省(?)から、今回の最新作バッドボーイズには、ポルシェは惜しみなくポルシェを提供。

ゲンチアンブルーのポルシェ911 カレラ4Sクーペを数台貸し出したそうです。

以上が、映画の中に出てきたポルシェということで選出された10台のポルシェ&作品たちでした^^

出典: 10 coolest movie Porsches of all time

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Media: TV、雑誌など, Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 (992型)

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.