911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書く、ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやスーパーカー購入記&所有記録等のポルシェブログです。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

「最新のポルシェが最良のポルシェ」…誰が言った?

投稿日:2018年6月8日 更新日:

1948年6月8日はポルシェ356ロードスターが登録された日

1948年6月8日にポルシェ最初の車である『ポルシェ 356 ロードスター』のシャシー番号「356-001」が登録されてから、今日2018年6月8日で70年。ポルシェは全世界をあげて、この2018年6月8日の本日をポルシェ70周年としてお祝いしています。

写真はポルシェジャパンのサイトからお借りしています

最新のポルシェが最良のポルシェは誰の言葉?

そのような記念すべき本日に、どうしてもupしたい記事が私にもありました。それがこの「「最新のポルシェが最良のポルシェ」…誰が言った?」というものです。

よくネット上などで見かけるこの言葉。

「最新のポルシェが最良のポルシェ」

この言葉を言ったのが誰なのか、実はずっと疑問に思い続けていました。

ネットで検索すると、この言葉は沢山出てくるものの、誰が言ったというクオートはなく、またYahoo知恵袋ではどなたかが「Dr.ポルシェの言葉です」と回答をされているのですが、本当にそうなのかどうかの出典情報の記載がないため、これもただ信じるには値しないな…と、色々とどこかに証拠(というのでしょうか(笑))があるはず!と、見つけるまで本当にポルシェさんが言ったのか信じられずにいました。

フェルディナント・ポルシェ氏は本当に「最新のポルシェが最良のポルシェ」と言っていたのか?

「ポルシェ氏が言った」とだけ書いてあっても、それが本当なのかどうか、そう言っている人は、そのポルシェ氏が言ったということをいったいどこから聞いたのか、見たのか、過去に適当に作られた話なのかもしれないし、雑誌とかで書かれただけのフレーズなのかもしれないし…と、信憑性に欠ける、どこを見てもちゃんとした出典情報のないこの有名なフレーズに疑問を持っていたのです。

色々と調べて、一番近いと思われる内容の過去の広告?ポスター?がこちらでした。

「There are rational arguments for buying a new Porsche, but we won't bore you with them.」。つまり直訳すると「新しいポルシェを買うことに対する議論がなされていますが、私たちは最新のポルシェで皆さまを飽きさせることはありません」という感じでしょうか。

まあ、言ってみれば「最新のポルシェはどうよって話があるけど、最新のポルシェは楽しいって!」みたいな感じかと(笑)。

言っている意味としては「最新のポルシェでもエキサイティングだよ」みたいな感じではありますが、ここでは明確に「最新のポルシェが最良」とは言っていません。う~ん、これも違う。私が求めているのは「最新のポルシェが最良のポルシェ」と、Dr.ポルシェが言ったという確たる証拠が欲しいのです。

Porsche....there is no substitute

ちなみに色々と探している中で、私が1番好きなポルシェ氏の言葉はこれです。

「Porsche....there is no substitute」
By Dr. Ferdinand Porsche  (※訳すると「ポルシェの代わりになるものはない」といった感じでしょうか)

こちらのサイトでポルシェ氏の言葉として掲載されています。(←そして、こういったポルシェ氏の名言集みたいなもののにも「最新のポルシェが最良のポルシェ」という言葉は一切、載っていないのです。このサイトだけでなく、他の海外サイトでも)

写真はWikiより頂いています「ウィキペディア:フェルディナント・ポルシェ」。

これはまさに「その通り!」と思える言葉であり、私もポルシェ911に乗ってからは「ポルシェの代わりになるものはない」と心から思っています。なんというのでしょうか、ただ車としての性能だけでなく「ポルシェ」という存在自体が何にも代えられるものでなく、本当に「ポルシェの代わりになるものはない」と思ってしまいます…。

ポルシェ氏の言葉だと裏付けられる確たる証拠をついに発見!

さて。そして本題です。ついに!ついにです、フェルディナント・ポルシェ氏が「最新のポルシェが最良のポルシェ」と言ったという確たる証拠を見つけたのです!夜な夜な、大興奮しました(笑)!本当に興奮しました。

映像をぼ~っと見ていて、この言葉が出てきた瞬間「えっ!!!今、言った!今、言ったよね?!」と、夫に向かって叫んでいました(笑)。ワイン飲みつつ完全に寝そうになっていた酔っ払い状態でしたが、一気に目が覚めました。

やっと見つけた…嬉しすぎます(涙)。

ヴォルフガング・ポルシェ氏が語った「父親、フェルディナント・ポルシェ氏の発言」

それがこちらのYou Tube。フェルディナント・ポルシェ氏の子供であるヴォルフガング・ポルシェ氏が語っているYou Tubeです。だいたい4:37くらいに彼が「父(=フェルディナント・ポルシェ氏)が言っていた」という証言をされています。

言っている言葉は以下の通り。

"My father would surely have wanted this car because he always said: "The newest car is always the best."

つまり「私の父はこの車を欲しがったでしょう、なぜなら彼はいつも『最新の車が最高の車だ』といっていたのですから」という感じです。これがまさに「最新のポルシェが最良のポルシェ」と言われた語源だと思います!

…しかしながら。あまり否定的になるのも申し訳ない話なのですが、このヴォルフガング・ポルシェ氏が伝えてくれている「お父様の言葉」はあくまでも「最新の車は最良の車だ」であり「最新の『ポルシェ』は最良の車だ」と「ポルシェ」に限定して言っていないというとろころが気にかかります。

もちろん、話の流れからして、ポルシェ氏が語ったのだから、最新の車=最新のポルシェという意味であると受け取っても間違いではないかと思います。でも、この話の流れからすると、ポルシェ氏が言っていたのはどの車にも限らず、車は常に「最新のモノが最高だ」と言っていたような気がします…。この動画の発言からは、そう思いませんか??きっとポルシェ氏は、どの車も常に最新のモノが最高だと言われていたのでしょう。

最新の車は最良の車=最新のポルシェは最良のポルシェ

どちらにしろ、本当にポルシェ氏が「最新の車は最良の車」と言っていたという事実がわかってスッキリしました!!とにかくポルシェ氏が「最新の車は最良の車」と言い続けていたなら、それはポルシェにも当てはまるということになるので「最新のポルシェは最良のポルシェ」と、ポルシェ氏が言っていたということで間違いないと思います!

ううーーーん、スッキリ!そして最新の車が好きな私には大変嬉しい言葉であり、この言葉も今後は胸に秘めて車選びをしていきたいと思います(笑)。

ポルシェさん、70周年おめでとうございます。私はポルシェ第1号が登録されてから69年くらいがたってから、やっとポルシェを所有することが出来ましたが、ポルシェという存在は本当に素敵な体験を日々、くれています。心から愛すべき車で、911に出会えたことに感謝です!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.