911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ718ケイマンで、伊勢神宮までドライブ…からの~浜松で鰻!!

投稿日:2019年7月7日 更新日:

美味しい鰻が食べたい

本当に、あの、自分でも「何やってるんだか」と思うわけですが(この見出しタイトルも何(笑))、またしても思い立って、唐突ですが、都内から伊勢神宮まで日帰りドライブしてきました~。いえーい。

というのも、もともと鰻(うなぎ)がとっても好きな私なのですが、最近ネット上で鰻を食べている方の写真を見る機会が多く「いいな~、食べたいな~」と思っていたところに、こちらのブログへのコメントでも「(都内から)浜松まで鰻食べに行きました!」というものを頂き…

「そうか!浜松まで美味しいウナギを食べに行けばいいんじゃない!」

と、非常に短絡的に結論づけた私なのです^^

いつもの通り、思い立ったが吉日。考えた瞬間、夫に「浜松に鰻を食べに行こう!」と提案です。

そうしたら…夫が「せっかくなら、伊勢神宮でお参りして、そのあと鳥羽からフェリーで浜松方面に渡って、鰻を食べて帰ってこよう」と、なぜか日帰りドライブ計画を拡大(笑)。

私は伊勢神宮に行ったことがまだなかったので「行きたい!」と、今回のドライブルートが即決となりました。

都内から伊勢神宮への日帰りドライブはポルシェ718ケイマンで

今回の日帰り旅行。

黒カレラで行こうか悩みましたが、最近、718ケイマンGT4や718スパイダーが出る話とかを聞いて、ケイマンやボクスターにも興味が出てきていたので、以前、マカンをレンタルして「勝手に(レンタカーで)長距離試乗体験」をしたことを思い出し、今回は「ケイマンかボクスターの借りられる方をレンタルしよう」と計画。

日帰りドライブに私たちが出られる日に、借りることが出来る車がケイマンだったので、今回は718ケイマンをレンタルし、またしても「勝手に(レンタカーで)ケイマンの長距離試乗体験」をすることにしました。

いやでもホント、「試乗」ってポルシェセンターの周りをちょっと走ったくらいとかだけだと、私くらいでは、なんだかんだいって、そこまであまりわからないと思うのです。本気で試乗するならがっつり乗ってみた方が、色々とわかることが多く、とても良いと思います。

※普通の試乗もしないよりはわかることが多いと思うので、そちらを否定しているわけではありません!…し、実は購入する車は、なぜかいつも試乗もしていなかったりする^^

今回、お借りしたお車がこちら。ポルシェ718ケイマン、左ハンドルのPDK。カッコイイ!!!

そして、本当に不思議なのですが、こちらのお車をレンタルして、家に帰る時からすぐ赤のケイマンさんに出会ったり…

返却直前にも、2台前にケイマンがいたり…と、自分の車がケイマンになった瞬間、911よりもケイマン遭遇率の方が上がるという、本当に我ながら不思議な体験をしたのでした^^。

というよりも、ケイマンを運転して、もう完全に舞い上がって、前の車にうつるケイマンを見て(わからないかな(笑)↓)、それだけで「あ~、911がうつる姿とは全然違う!今はケイマンなんだ!」って、ひたすら楽しんでいたので、周りを走るポルシェに関しても、私が勝手にケイマンしか判別できないようになっていたのかもしれません(笑)。

今回のお車も、もちろん「禁煙車」を希望しました。

前回レンタカーしたマカンは、禁煙車であったのにも関わらず、物凄いタバコ臭で苦労したのですが、今回のケイマンはばっちり禁煙車で、まったくタバコ臭もなし。良かった^^

レンタカーして、いきなり車内全部ファブリーズとかする必要がなかったので、非常に楽でした。あ、それが当たり前?

そして、出発前にエンジンをかけると、いつもは「911」の姿を見ている、こちらの画面が「Cayman」であることに気づきます↓。

「あ~ケイマンなんだな~」って、こんなちょっとしたことでも思うので、この画像も実は自分にとっていつも気になっているほど影響力が高いんだな、なんて思ったり。

新型マカンフェアのマイアミブルーの保冷バッグ

さて。余談ですが、出発前に私が今回、日帰りドライブ旅行に行くと知っていた人から「お土産よろしく」と言わたのです。

通常、そう言われただけだと「やだ」で終わるのですが(←ひどい(笑))、今回、なんと。

「これ、あげるからお土産入れてきてね」

と、まさかのポルシェ・新型マカンフェアの時に配布されたという新型マカン記念のクーラーボックス(もちろん新品の状態で)をプレゼントしてくれながら、そう言われたのです。

それって…めちゃめちゃお洒落じゃないですか、一連の流れが!ちょっと感動^^

こんな、マイアミブルーの保冷バッグつきで「よろしく」って言われたら、そりゃあもう、お土産買いたくなっちゃうでしょ!

なんてお洒落な流れなの、と勝手に喜んでいました^^ というわけで、今回のケイマンさんは、こちらのマカン保冷バッグと一緒に出発~。マイアミブルーがなんとも可愛い。

横向きにしか入らないかと思ったら、縦向きにもぴったりサイズで収まったので、さすがポルシェグッズだけある!って、そこにも感動。いや、これきっと偶然…ではなく、ちゃんと採寸され、計算されてのこと…だと…思う?うん。たぶん。

新東名高速道路を走ってみる

ではでは、さっそく出発したいと思います。当日は、朝3:50に都内を出発です。早い(笑)。

この日の天気予報はあいにくの雨。というより予報では「大雨・嵐」となっていました。えええ~そんな。

いやいや、あの、私、かなりの割合で、大事なイベントとか、楽しみにしていることがある時などは「必ず晴れる(最低でも曇り)」のです。

でも、さすがに「大雨・嵐」予報だと厳しいかなぁ、と思って出発。出発してすぐの時点ではまだ雨は降っていませんでした。

今回、楽しみにしていたことの1つが「新東名高速を走る」ということ。制限時速120km区間を走ることを楽しみにしていました。

いよいよ、新東名の表示が出てきて、わくわく…。

さ~!新東名に入っていくよ~、どこからが120kmなんだろう?なんて思って、あと一応、オービスの位置も事前確認して…(いや、法定速度で走りますが…レンタカーなのでレーダーついていないし、なんとなく不安で^^)、いざ!!

…って思ったら、雨が降ってきたぁぁぁ~!!

いや、待って、待って、なんで新東名から雨になるの~。

しかも!いきなりの嵐になった感じです。もう、豪雨もいいところで、唐突に数メートル先が見えなくなるくらいの大雨に。

ワイパー、最大限でもおいつかない。

降り始めに速度制限に規制がかかり「80km制限」に。え~それじゃあ、楽しくない~!

…なんて思ったら、「文句があるならこれでどうだ!」とばかりに、そのあとさらに規制がかかり、まさかの「速度制限50km」に。

えええええー。一般道みたいじゃないの~(涙)。しかしながら、本当にこの豪雨のなか、速度をだしたら危ないと思える天候であったので、こればかりはしかたないと思います。やっぱり、安全第一です。

とにかく凄い豪雨で、こんな雨体験したことないかもっていう雨のなか、ケイマンさんで走ります。

それにしても、ケイマン、実際にはまったくの不安を感じさせませんでした。豪雨のなかでも、本当に1mmの不安もなく走行することができました。スバラシイ。

NEOPASA岡崎

さらには、なにが素晴らしいって。そう。今回の旅行は、もう雨のなか頑張るしかないと覚悟を決めかけていたのですが…、なんと!

最初の立ち寄りポイントに決めていた岡崎PA(NEOPASA岡崎)に着く直前に雨がぴたりと止み、それ以降、夜に東京の自宅に帰るまでの間、1度も雨に降られることがなかったのです。なにこの奇跡。

岡崎PAに立ち寄った理由は1つ。

そう。せっかく愛知県を越していくのに、なにも愛知県らしいものを食べることが出来ないのはどうかと思ったことから、こちらで味噌カツを食べることにしていたのです(笑)。

到着時刻が朝7時なので、そんな時間に普通のレストランがやっているはずもなく、夫が調べたところ、ここのPAの味噌カツ屋さんなら24時間営業とのことだったので、ここで少しだけでも、愛知県を堪能することにしよう、ということで^^

朝から味噌ひれかつ丼を朝食に食べちゃって、気合い十分。

お手洗いにも寄って行こうと思ったら、これ、わかるでしょうか?同じお手洗いでも、左が「東京方面」で、右が「名古屋方面」。

そう、このPAはめずらしく高速の上りと下りの両方から同じPAにアクセスが出来るようになっているところであったので、このように上りと下りの両方への案内がされていたのです。

もちろん、どちらに入っても良いのでしょうが、なんとなく「あ、私は名古屋方面に向かうから、右だな」なんて、律儀に自分の方面の方に入っちゃうから、面白い。

まあ、そのまま、それぞれの方面の駐車場に出て行くことが出来るので、正しい方に入った方が便利なわけですが。

さて、あまりのんびりもしていられないので、次に向かいます。

走り始めて少ししたら、ボクスターが現れました。おー、同じ白でケイマンとボクスターが並ぶなんて、なんかいい~。

…なんて思って走ったわけですが、この時出会ったボクスターさんを最後に、今回の日帰り旅行、都内に帰ってくる直前まで、もう1台もポルシェと出会うことがなかったのでした。

普段、都内で常にポルシェが走っている光景を目にすることが出来るということが、どれほど私にとって贅沢な環境であったのか、改めて実感し、感謝です。

伊勢湾が見えてきて…

なんだか、たくさんある橋を越しました。

走っていると「鈴鹿」の表示が。おお。この辺りが鈴鹿サーキットがあるところ??

鈴鹿サーキットも、私は行ったことがないので、いつかは行ってみたいと思いつつ、今回はパス。

最後、伊勢神宮に着くまでの間に走った伊勢道路(かな?)、これがまたなんとも最高でした!!

もう、走った時間が平日朝だったから?なのか?、とにかく車も少ないので、ひたすら走る、走る、走る…が、楽しめて、もう最高。

別途書きたいと思いますが、この道で、ケイマンのノーマルモードでのベタ踏み加速と、スポースプラスで、スポーツレンポンスボタンを押して20秒間の間にベタ踏みする加速の違いを比べてみたり、1人運転しながら、色々楽しみました。

※ポルシェ スポーツ・レスポンス・ボタンとは:
ボタンを押すと、20秒間の最大加速に備えて、ドライブトレインのセッティングが変更されるもの。このスポーツレスポンスボタン作動時には、最適なギアが選択され、エンジン・マネジメントは特定の時間、よりいっそうシャープに反応するように調整される…というもの。

つまり、ボタンを押してからの20秒間、ポルシェが最大限にパワーを発揮し、加速してくれるという夢のような楽しいボタン。(スポーツクロノパッケージの車のみに適用)

あ~最高。この20秒ボタン楽しい。

あまりに押しすぎて「これ、こんなに何回も押してもいいのかな?」と不安になっちゃったくらい(笑)。

都内だったら、こんなにボタン押しまくって楽しめなかったと思うので、今回、ケイマンでこの伊勢でさんざん楽しむことが出来て、本当に最高でした。

初めてのお伊勢参り

さてさて、計画通りに伊勢に到着。最後の最後に、Google先生にまたすごい道を案内され「これ、絶対ダメな道だよね」と回避するも、時すでに遅し、伊勢神宮前の「おかげ横丁」という通りに入ってしまいました。

もちろん、車が普通に通っている箇所なので、この時、入っても問題はなかったのですが、なんだかちょっと緊張。

でも!

念願の、大好きな赤福本店の前をケイマンで通ることが出来て、やたら嬉しかったり^^黄色の矢印のところが赤福さんです↓

なんとも趣があります~。赤福大好き。

ここでも、平日の朝早い時間ということもあり、駐車場も伊勢神宮に1番近いと思われるA駐車場かな?にすんなり停めることが出来ました。

私にとって、初めての伊勢神宮です。初のお伊勢参り。

なんだろう、本当に、心が綺麗になっていくように感じられる場所でした。

正宮とかも、もちろんそうなのですが、私にとっては、この伊勢神宮の素晴らしい木々たち、自然、にとにかく感動して、この木々たち1本1本が、実は神様なのではないかと、なんだかそんな風に思ってしまうほど、言葉にできない感動をしました。

1人だけ、やたら木にぺとぺとさわっていた私です(といっても、傷つけたりしないよう、そっと触れています^^)。すごいの、なんだか木も、もう私が知っている木の感触ではないような感覚。

さらには、都内の家の近くでは、もうまず見ることのない野生の(っていうの(笑)?)カタツムリさんに出会ったり、ふわふわの虫さんがいたり、伊勢神宮でもそんなところで感動していた私です。

ちなみに、このフワフワの虫は「ハゴロモの仲間の幼虫」であると、ツイッターで教えて頂きました。初めて会いました。

そして、鯉たちも、これまたとても立派だった~!美しかったです。

しっかりとお参りすることが出来、伊勢神宮の素晴らしい自然からたくさんの力を頂き、心がいつもよりも、より清らかになり…

伊勢神宮を出た瞬間、「さ~、赤福いく!!本店のできたて赤福と、かき氷食べる!!」と、一瞬でまた、煩悩だらけの脳内に戻って(笑)、たくさんの欲望を解消してから、伊勢神宮をあとにしたのでした^^

続いて向かうは、浜松に渡るためのフェリーに乗る「伊勢湾フェリーの鳥羽ターミナル」です。

伊勢志摩スカイラインをポルシェ718ケイマンでドライブ

そちらに向かう前に走ったのが、こちら!そう、伊勢志摩スカイライン。せっかくここまで来ているなら走ってみなければ、と。

実は、自分で運転するには、こういった峠的なワインディングはあまり得意ではない私なので、ここでは夫に運転を交代。ケイマンでのワインディング走行を助手席から楽しませてもらいました。

いや~、ケイマン、さすがのミッドシップ、すごく綺麗に曲がるようです。さらには登り坂だとケイマンならベタ踏み全開でワインディングにつっこんでいけるようで、なんとも楽しそう。私には怖くて出来ないけど^^

途中、とろとろと、ちょっと自分でも走ってみましたが、確かにそこそこ踏んでも、綺麗に曲がって走ってくれて、恐怖心はなかったです。

と、いっても私のワインディング走行は、驚くほど遅いと思うので、なんの参考にもなりません(笑)。

展望台からの眺めは素晴らしかったです~。

途中「私たちはすぐそこに住んでいるの」というご夫妻から「東京からきたの??」と声をかけて頂いてお話したり、なんだか、のんびりした自然のなかで、素敵なひと時をすごすことが出来ました。

さらには、展望台でちょっとお買い物もしたのですが、その時に話した店員さんとか、その前の赤福の方とかも皆さんそうなのですが、普通に話される言葉のイントネーションが、東京とは違うのです。

それがまた、なんとも素敵で、そういう「その地方の言葉」を聞くことで「あ、伊勢にいるんだ」ってより実感し、また、なんだかその土地の歴史なのか、文化なのか、なにかこう感じるものがあり、とても良かった^^

それぞれの地方の言葉って、本当にすてきだと思います。

伊勢志摩スカイラインを楽しんだあとは、鳥羽市に到着。

鳥羽について、ガソリンを入れていたら、お隣に来た車が赤福さんのバンだったりして「あ~、私は今、赤福の地元エリアにいる!」って、またしても実感して感動(笑)。

フェリー乗り場の隣に水族館があったので、時間あったら行ってみたかったな~。

実は…私、フェリーに乗るのも初めて。もう、今回初めてのこと多い。

伊勢湾フェリー 鳥羽ターミナル

ここからフェリーに乗ります。伊勢湾フェリーの鳥羽ターミナル↓

出発までに少し時間があったので、フェリー乗り場の周りをふらふらしていたら、フェリーが戻ってきました。このフェリーに乗り込むようです。

見ていると…船がついて…扉?っていうのかな?が開いてきた…と思ったら、中からすぐさま車が出来ました。すごーい。

ポルシェでフェリー

さて、続いては私たちが乗り込む番なので、車に戻って待機します。順番に誘導され、自分の番になったらゆっくり走行してフェリーの方へ。

おじさんが、車の下をのぞきながら、誘導してくれます(この写真のあと、もっとしゃがみこんで、フロントのところを見てくれていました)↓

中に入るとこのような感じでした。ここに前からつめて停めていきます。誘導されるがままに。

停め終わったと思ったら、即座に隣に大型バスたちもどんどん入ってこられました。すごい、観光バスも、観光客ごと乗っちゃうのですね!!

駐車したら、係の方々がこのように、タイヤのところに輪止めをつけてくれました。片側の前輪のみ↓

なんだか、もう朝からずっと一緒にいるので、ケイマンがすでに自分の愛車のように可愛く思えてきて、こうして停まっている姿を見ても、なんとも可愛くていいなぁと、ついつい色々写真撮っちゃいました^^

フェリー、初めてなので船内を見るのも初めて。こんな感じで、お座敷みたいに靴をぬいでくつろげるようになっているところや、座席になっているところ、また売店などがありました。意外に揺れない。

ふと見ると、大人1人330円を支払うと、2Fにある特別室の利用が出来るということだったので、特別室へ。

階段をあがって、自動ドアを越すと…そこには、ちょっとしたソファシートみたいになっていたり、個別の座席になっていたり、1Fよりも、もう少し落ち着いてすごせるような空間になっていました。

人数も少ないので、ゆったりすごせて良かったです。ちなみにフェリーに乗っている時間は55分。

対岸が見えてきました!↓

…って書くと、ずっと外を眺めていたように見えるかもですが、ハイ、「もうすぐ着きます」という案内が船内に流れるまで、完全に寝ていた私です。

まだまだ運転あるので、眠れる時にはちゃんと寝ておかなければ!

フェリーが着く直前に車に戻り、車内待機。

扉が開くと、また前から係の方が誘導して下さるので、その指示にしたがって、車で降りていきます。面白いな~。車ごと、海を渡っちゃうなんて。

フェリーを降りてからは、そのままずっと海沿いの方にある一般道を使って、浜松まで走ります。ヤシの木とかがあったりして、ちょっとした千葉フォルニアっぽい感じのところも^^

途中、右側が海で、左側が浜名湖という地点を通ることが出来たので、ここからそういう景色を眺めることが出来るかな?とちょっと期待したのですが、残念ながら「右には海が見える」「左には浜名湖が見える」であったものの、両方をカメラに収めることは出来ませんでした。

これがぎりぎり、浜名湖↓ うなぎさんたち、待っていてね!!おなかすいた!!

というわけで、無事、浜松の目的地に到着。今回、伊勢神宮にまで行ったものの、最初からの目的はなんといっても「浜松で鰻を食べること」であったので、ここにきて初めて、本当の目的達成です。

鰻…美味しかった~。もう、また食べたい。毎日食べてもいいくらい。

無事、美味しい鰻で目的を達成することが出来たので、早々に浜松をあとにし、東京へ戻ります。

帰り道は、スマートICから新東名へ。

スマートインターチェンジ。こんな感じです。スマートICを使うのは今回で2回目かな。便利です。

そして!帰り道には、雨もまったく降っていなかったことから、行き道に楽しむことが出来なかった「制限速度120km区間」を楽しむことが出来ました~。

いや~、いいですね!ずーーっと120㎞ならいいわけですよね?(区間内なら)。最高です。楽しかったです^^

でも、ケイマンさん、レンタカーだからか?ある一定速度に達すると警告が出るように設定されていたので、そのたびにドキッとして、ついアクセル緩めちゃうことがありました。そういう自分の行動を見て、警告って意味あるな…と思いつつ、なんとかその警告を解除したかったのですが、結局わからず断念。

いや~でも、本当に、またしてもとっても楽しいポルシェドライブだったのでした。日帰りでの都内~伊勢神宮~浜松~都内というこの日のケイマンドライブ。

  • 走行時間合計:11時間23分
  • 走行距離:850.7km

意外と、前回の石巻まで行った旅行と50㎞くらいしか距離が変わらなかったのが驚きです(石巻の時が走行距離約800㎞)。

今回もやはり思ったことですが、ドライバーが2人いると、交代で休みながら走ることが出来るので、日帰り850㎞くらいだとまったく問題なく行けてしまいました。

…ただ、隣で休んでいる人がいるのを忘れて、スポーツレスポンスボタンを押してベタ踏み全開とかすると、ケイマンのエンジン音で、休んでいる人が起きてしまうという問題がありましたが(笑)。

それでも、もう、片道400~500㎞くらいなら、そんなに無理せず行けるって思うと、次はどこに行こうか楽しみになっちゃう^^

次はどこに行こうかな。そして、次回は可能であればボクスターに乗ってみたいと考えています←またレンタルするつもり。

楽しかった!!!ポルシェ718ケイマンさん、ありがとう!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.