911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 (992型)

米国でのポルシェ992 カレラSカブリオレ・カレラ4Sカブリオレの価格(オプション価格も)

投稿日:2019年1月29日 更新日:

新型ポルシェ911 / 992 カレラSカブリオレ・カレラ4Sカブリオレの北米での価格

2020 Porsche 911 Cabriolet Added To U.S. Configuratorという記事に、アメリカのポルシェ公式サイトのコンフィギュレーターで、ポルシェ992のカブリオレの価格が公開されたということについて書かれていたので、そちらの記事内容を参照しながら、新型ポルシェ911の米国での値段について書いてみたいと思います。

ささっと記事に掲載されている分だけを、とりあえず参考までに書こうと思っていたのですが、せっかくなので、アメリカの992カブリオレのコンフィギュレーターをいじりながら書き始めてしまったら、ついつい面白くて止まらなくなって、色々書いてしまいました。…なので、長いです、すみません(笑)。

ポルシェ911について、色々と考えることって、どうしてこんなにも楽しいのでしょう。

もう本当にこれって私にとっては完全に「Dope」。これ、私の好きな単語の1つです。まあ、つまりは「麻薬」(やっていませんよ^^)。いや、それくらい魅力があるということです。

※参考までに、米ドルでの価格表記に続いて、(  )内に日本円を書いていますが、こちらは「表記されている米ドルが、日本円だといくらくらいなのか」という参考までの円表記であり、2019年1月29日での為替レート(109.27円)での計算値です。日本での販売価格がこの金額になるというわけではありません。

米国価格: 新型ポルシェ911カレラS、カレラ4S

アメリカでの新型ポルシェ911のカレラSと、カレラ4SのMSRP(メーカー希望小売価格)は以下の通りです。

※MSRPには税金や様々な手数料(taxes, title, registration, delivery, processing&handling fee, dealer charges)は含まれていません。

※また、米国では全モデルとも、このMSRPには必ず”destination, processing, and handling fee”として「$1,250 (136,590円)」が加算されてきます。

米国価格
(ポルシェ992) 新型911カレラS: $113,300 (12,380,290円)
(ポルシェ992) 新型911カレラ4S: $120,600 (13,177,960円)

日本国内価格: 新型ポルシェ911カレラS、カレラ4S

ちなみに、日本で発表されている新型ポルシェ911(992)の車両本体価格

日本国内価格
(ポルシェ992) 新型911カレラS: 16,660,000円
(ポルシェ992) 新型911カレラ4S: 17,720,000円

となっています。こちらは消費税8%をのぞく「税金、保険料、自動車リサイクル料金」を含んでいないメーカー希望小売価格。

参考:ポルシェジャパンが新型911カレラS 、新型911カレラ4Sの予約受注を開始

米国価格と比較するために、日本価格は「消費税8%が入っていない価格」、そして米国価格(税抜価格)には、必ず加算される1,250ドルを追加しての金額として比較してみると、それぞれの国でのMSRP(メーカー希望小売価格)は以下の通りとなります。

 

米国価格: ポルシェ911カレラS カブリオレ、カレラ4S カブリオレ

今回、米国のポルシェ公式サイトによるコンフィギュレーターで、新型ポルシェ911カブリオレの金額が出されたお値段たちは以下の通り。

米国価格
(ポルシェ992) 新型911カレラS カブリオレ: $126,100 (13,778,950円)
(ポルシェ992) 新型911カレラ4S カブリオレ: $133,400   (14,576,620円)

カレラSカブリオレは、前世代の同モデルよりも「$3,200 (349,660円)」高くなったそうです。

だいたい、これらの米国での価格に(税抜きで)2~300万円くらいプラスした金額が、日本国内での992カブリオレの価格になるという感じでしょうか??

米国価格: ポルシェ992 ボディカラーオプションとその価格

メタリックカラーは「$830」の追加

$830 (90,690円)のオプション追加価格で選択できるメタリックカラーは以下の8色。

  • キャララホワイトメタリック
  • ジェットブラックメタリック
  • ドロマイトシルバーメタリック
  • ジェンティアンブルーメタリック
  • ナイトブルーメタリック
  • アゲートグレーメタリック
  • GTシルバーメタリック
  • アベンチュリングリーンメタリック

スペシャルカラーのオプション価格は「$3,270」

$3,270 (357,310円)のオプション追加価格で選択できるスペシャルカラーは以下の5色。

  • カーマインレッド
  • クレヨン
  • ラバオレンジ
  • マイアミブルー
  • リザードグリーン

追加料金のかからないスタンダードカラーは4色

ちなみにオプション価格なしで選択できるスタンダードカラーは以下の4色。

  • ホワイト
  • ブラック
  • ガーズレッド
  • レーシングイエロー

…という、全部で上記の17色から新型ポルシェ911のボディカラーを選べる形になっています。

もちろん、その他にカスタムカラーが存在しており、カスタムカラーにするなら「$11,430 (1,248,960円)」のオプション価格の追加が必要。

米国価格: ポルシェ992 その他のオプションと価格

ソフトトップルーフ(屋根)は、今までと同じく、特にオプション料金がかかることなく、以下の4色から選択が可能。

  • 黒 (ブラック)
  • 青 (ブルー)
  • 茶 (ブラウン)
  • 赤 (レッド)

その他に、記事内で特記してあったオプションとその価格は、

  • カレラ・エクスクルーシブ・デザインの20/21インチホイルにすると「$2,630 (287,380円)」
  • クラブレザーパッケージにすると「$5,340 (583,500円)」
  • プレミアム・パッケージにすると「$5,380 (587,870円)」
  • スポーツ・パッケージにすると「$5,460 (596,610円)」
  • スポーツクロノが「$2,720 (297,210円)」
  • リアアクスル・ステアリングが「$2,090 (228,370円)」
  • ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)が「$3,170 (346,390円)」
  • スポーツエグゾーストシステムが「$2,950 (322,350円)」

992カブリオレに、すべてのオプションをつけていくと、軽く「$200,000 (21,854,000円)」くらいいってしまう、とのこと。

ここまでが、今回、上記記載の出典記事内で取り上げられていたものとなります。

ポルシェ992を購入するなら、つけるだろうと思っているオプション

ちなみに、上記に記載されているもの以外で、私だったら「これもつけるかな?」と思えるオプションの値段も書いておくと、以下の通りです。

  • スポーツデザインパッケージ(Porsche Exclusive Manufaktur)が「$4,890 (534,330円)」
  • …いや、でもリアは普通デザインでいいかな…とも思えるので、↑のスポーツデザインパッケージ(フロントもリアも変わる)ではなく、フロントだけスポーツデザインにしよう、ということにすると、オプションが「スポーツデザインFront Fascia」となって、お値段も「$3,240 (354,030円)」に。

ちなみにスポーツデザインでフロントを変えると、こんな感じになります↓。上が通常のデザインで、下がスポーツデザインのフロント変更時のデザイン。

わかりやすいように、ボディカラーは白にしてみました。黒とかだと暗闇だとほとんどわからない…(笑)。

いや、でも見ていると、通常のフロントも「これが992です」っていう感じもあるし、なかなか可愛いな~と思えてきている今日この頃なのですが。

「見慣れる」って凄いですね。もうかなり、自分の中で992のデザインがしっくりしてきちゃってる^^!!こうして、だんだん自分のなかで勝手に愛着がわいてきて、ある日突然「やっぱり欲しい!」と、騒ぎだすわけです、私(笑)。

それで、今からもう、無理なのはわかってはいるのに、でも「え、何ヵ月も待つの??今すぐ欲しいです!今すぐ!」って営業さんに無理なことをぶちぶち言い始める…と。アブナイ(笑)。

…さて、まだいくつか、つけたいオプションについて続けます^^。

  • スポーツシート・プラス(14-way)メモリーパッケージ付「$2,330 (254,600円)」
  • または、アダプティブ・スポーツシートプラス(18-way)メモリーパッケージ付「$3,470 (379,200円)」
  • 電動可倒式ドアミラー「$370 (40,430円)」
  • サラウンドビューつきパークアシスト(フロントおよびリア) 「$1,430 (156,260円)」
  • ポルシェ・エントリー&ドライブシステム(コンフォート・アクセス) 「$550 (60,100円)

ホイルについては、悩んでいて

  • 20/21インチ RSスパイダーデザインホイル 「$2,540 (277,550円)」
  • ホイルセンターキャップのクレストをカラーに 「$190 (20,760円)」

のセットにしようか、それとも、普通のホイルのままにして、

  • ホイルペイント サテンプラチナ(またはブラック) 「$1,290 (140,960円)」

にしようか…。ボディが黒だと、普通ホイルでもなかなか素敵なのですよね~。違いはこんな感じです。左がRSスパイダーデザインで、右がもともとついてくるホイルをサテンプラチナにしたもの。

な~や~む~!!(って、オーダーしている時というわけでもないのに、こんなに悩んでいるって何なの~(笑)!)。やっぱりRSスパイダーの方がカッコイイかな!

あとは…内装にアルカンターラを…とかやりはじめると、きりがないのでこの辺で。

ポルシェ992のタコメーターの色変更は可愛い

そうそう!あと!!

ポルシェ992からは、タコメーターの色を変えるのと、スポーツクロノのストップウォッチの色を変えるデザインが、前世代の時よりとっても可愛くなったと思います。

こちらが、タコメーターをガーズレッドに変えた時の、991.2と992でのデザインの違いです。上の写真が991後期(991.2)で、下が新型911(992)↓。

992の方が、なんだかすっきりしていてカワイイ。992で変更できるタコメーターのカラーは、以下の3色。

  • ガーズレッド
  • レーシングイエロー
  • リザードグリーン

ちなみに、タコメーターの色を変えるオプション価格は「$420 (45,900円)」となっています。

ポルシェ992のスポーツクロノ・ストップウォッチの色変更もスッキリ

スポーツクロノ・ストップウォッチダイヤルの色を変えるのも、991.2の時と比べて、992ではすっきりしたデザインに変更になっていて、シンプルで可愛いと思います。男性は前までの方が好きだったりするのでしょうか?

写真↓の、上が991後期(991.2)で、下が新型911(992)です。

こちらのストップウォッチの色変更オプションも、選べるのは以下の3色。リザードグリーン、可愛いかったですよ~^^

  • ガーズレッド
  • レーシングイエロー
  • リザードグリーン

ストップウォッチ色の色変更のオプション価格も、タコメーターの色変更オプション価格と同じく「$420 (45,900円)」。

ポルシェ992のシートベルト色は8色から選択可能

せっかく、色を変えるオプションについて書いてきたので、他にも色を変えられるといえば、シートベルト。

ポルシェ992では、シートベルトの色は8色から選ぶことが出来るようです。その8色は以下の通り。

  • ガーズレッド
  • シルバーグレー
  • レーシングイエロー
  • ボルドーレッド
  • クレヨン
  • リザードグリーン
  • アガベグリーン
  • トリュフブラウン

シートベルトの色を変えるのは、どの色に変更してもオプション価格は「$540 (59,010円)」となっています。

う~ん、いや、もう本当に日々992情報とか見ていて、見慣れてくると「こうしたい、ああしたい」と色々と妄想が膨らんでしまいます。

992では、カブリオレでマニュアルが欲しいぃ~とか、一人夜な夜な酔っぱらいつつ叫んでいる私です^^

楽しすぎる!!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 (992型)

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.