911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆私の愛する黒カレラ (991.2)

ポルシェクラブ宇都宮の定常円旋回練習イベントに参加(2回目)

投稿日:

ポルシェクラブ宇都宮様のイベント

以前、ポルシェクラブ宇都宮様主催の定常円旋回を練習するというイベントに参加させて頂いたことがありました。

私はポルシェクラブのメンバーではないのですが色々なご縁があって参加させて頂き、今回また筑波サーキットジムカーナ場にて定常円を練習できるというイベントが開催されましたので、またまた参加させて頂いてきました^^

参加車両はいつものごとく、私が愛してやまないポルシェ911 (991.2) カレラです。

うーん、いつ見ても可愛い。

この日も朝からまずは座学から始めて下さり、車の挙動についてや定常円ではそれぞれのレベルにあわせてどういったことを練習したり、感じ取ってみたら良いか等を丁寧に教えて下さいました。

私は何度聞いてもすぐ忘れてしまうので、毎回こうして「あ、なるほど」と大切なことを思い出させてくれることを必要としているため(どれだけ学ばない人(笑))、こういう座学が最初にあることは本当に助かります。

もちろん、もう基本的なことを確認する必要がない方はこの座学部分は飛ばしてしまってもOK。

定常円でそれぞれ楽しみましょう、というイベントであり「レッスン」ではないのでそのあたりは自由です。

逆にいうと「それぞれ楽しみましょう」な感じなのに、こんなにも丁寧に(教えてほしい人には)色々教えて頂けるという大親切すぎるイベントです。

座学だけでなく、実際に同乗して頂いたり運転して頂いて助手席体験をさせて頂くことも可能。

今回参加させて頂いた時に嬉しかったことの1つとしては、これまではご見学として来られていた女性のポルシェオーナー様が今回からは初めて「参加」されたことかな。

参加車両はポルシェではなかったですが、それでもこうしてポルシェオーナーの女性が「やってみる」と次に踏み出されたことがなんとも嬉しかったです^^

考えてみたら、私も最初は夫に「一緒にやってみればいいじゃない」と砂子塾に申し込まれ、その日の朝の最初の挨拶で「なぜ自分が今ここに参加者として存在しているのかわからない」みたいなことを言っていたと思うのです(笑)。

でもその日初めてレッスンを受け、帰る頃には楽しくなっていたことを思い出しました。

私が生まれて初めて定常円で走らせてもらったあとに思ったことは、この定常円旋回であったりというドライビングレッスンは、決して「ドリフトしたい」とか「サーキットを速く走れるようになりたい」とかそういう目的がないにしても、体験しておいた方が普段車を運転する上でもいざという時にきっとこの時の体験が役立つ、自分と車を助けることになるなということでした。

普段の運転ではこのPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)をOFFにすることもまずないですし、安全な場所で何事も経験しておけるのは大切かな、と^^

ただ。

私の場合はその後何回か定常円旋回などをさせて頂いているうちに「私も自分のポルシェ911を意のままにすべらせてみたい、通じ合ってみたい」と思うようになってしまい、今の私の目標はポルシェ911でドリフト出来るようになることなわけですが。

もう本当に一体、何を目指しているのか自分でもよくわかりません(笑)。

ポルシェ911でのドリフトはやっと半周レベル

私の過去の記録としては、10メートルくらいドリフト出来たというレベルで終わっていたので、今回こそは出来るようになる!と意気込んでいたのです。

でも。

うん、今回の結果から言うと上手に出来た時(数回しかない)で、最大定常円の「半周」くらいドリフトすることが出来ました!!これは私には大きい成果。

以前よりも「低速から911を滑らせる」ことに集中し、前よりは低速から滑らすスタートは出来るようになったと思います(あくまでも過去の私と比べての話なので、まだまだ全然ダメなのですが~^^)。

ただ、そのあとにつなげないことばかり。なかなか911と通じ合えない…(涙涙)。

それでも、以前よりは少し前に進んだかと思えるのでヨシとしたいと思います。

なーんて言いつつ、最後は考えすぎてしまってわからなくなっちゃって、最後2回くらいはまったく滑らせられなくなって帰ってきたという。まだまだです。はぁ。

ちなみに夫は私の黒カレラでもドリフト出来るようになっているので、なんともそれが私としては悔しい(笑)。

そうそう、あとはこの日カレラの後部座席にクマちゃんを乗せていたことをすっかり忘れていて、筑波サーキットまで連れて行ってしまっていました。

トランクに入れるのも可哀想かなと思ったので後部座席でシートベルトをして座ってもらっていたのですが、クマちゃんはずっと定常円でぐるぐると永遠にまわるのに付き合わされて、これもう絶対に酔ってるよね?イライラしてるよね?という感じで申し訳なかったです。ふふ。

とにかく、この日はまた私にとって黒カレラといっぱいいっぱい楽しめたことが最高であったし、ポルシェクラブ宇都宮の皆さま(と、そちらを通じて知り合えた皆さま)と色々とまたお話出来たこともとっても楽しかった1日でした。

イオンデポジットとの闘い

さて、ここからはまた私のあることとの闘いのお話です。

黒カレラで定常円旋回をして楽しみながら、たまにちょこちょこと私が気にして見ていたのは…そう、この窓ガラスについた汚れを見たらわかるでしょうか。

そーなのです、今までは大好きだった散水車(いや、散水車は今でも好き^^)によって撒かれる水が原因ではないかと思われる「水による汚れ(イオンデポジット?)」!!!

前回、この筑波サーキットのジムカーナ場で同じように散水して定常円旋回をやったあとに黒カレラに物凄いイオンデポジットとみられるヒドイ汚れがついてしまって、本当に困り果てたという体験をしていました。

いくら洗車してもまったく落ちない汚れです。

長くなるので、詳細は過去のブログで
◆ ポルシェクラブ宇都宮主催イベントでポルシェ911のドリフト練習
◆ 井戸水によって出来たと思われるイオンデポジットだらけになったポルシェ911をぴかぴかに戻す
リボルト宇都宮で『リボルトプロ・エクストリーム』ガラスコーティング&ホイールコーティング

前回の経験から「とにかく散水された水を浴びたら出来るだけ早く洗車する」がこのイオンデポジットを車に残さない為の最も有効な手段だという結論になったので、今回も途中ボディの一部を水で洗ってみて「まだ汚れは落ちる」と確認しながら走ったりしていました。

さらに!

走行が終わって、ポルシェクラブとしてのイベントが終了となったあとに簡単にジムカーナ場の隅っこで水による洗車をさせて頂きました。

いつもの通り、水をかけつつマイクロファイバークロスで汚れを落とす感じです。

洗うと…パッと見は「お。今回はすぐ洗ったこともあって、汚れはとりあえず落ちた??」と思えるのですが↓

吹き上げる&乾いてくると、うえぇぇ!白っぽい!

これは!前にも見た、あの、恐れていた…イオンデポジットと思われる「とれない汚れ」ではないのぉぉぉぉ。

もう本当に叫びたくなっちゃう。

…と「うわ、これダメかも」と落胆していたら、この日参加されていた方が「谷和原インターから高速に乗る手前にある出光の洗車機が純水ですよ」と教えて下さいました。

黒カレラ、初めての洗車機での洗車

でも、この時の私はまだ自分の黒カレラを洗車機にかけたことは1度たりともなく、必ず自分の手で手洗いをしてきていたので「そうなのですね。でも洗車機にかけたことがなくて、出来れば使いたくないのです…」と強がってみていたのですが、うううーーーん。

ダメだ!

どんどん乾いていくボディーに残る取れない汚れを見ていたら「これはもう背に腹は代えられない!!リボルトプロエクストリームコーティングしてもらっているのだから、たぶん洗車機ごときで傷はつかない!」と開き直り自分に言い聞かせました。

というわけで、黒カレラ初の洗車機~。

何を選択したら良いのかまったくわからなかったのですが、とりあえず手洗いの水洗いでダメだったので、何かしらシャンプー剤が必要と判断、でもかといってなにやらケミカルを使うと書かれているものは怖くて使えないので、普通に「コーティング専用 シャンプー洗車」を選択。

さらに「泡ジェット洗浄」というのもオプションで付けてみました。違いもなにもわからないのですが。

教えて頂いた通り、こちらのガソリンスタンドの洗車機は「純水」でした。井戸水ではないので、より安心。

頼んだよ~、洗車機さん。

私の黒カレラさんの汚れを落として下さいぃぃ。

結果。

じゃん。

これは翌日の朝、別の場所で明るい時に改めて撮った黒カレラの写真です。なかなかいけてるでしょう??

でもね、やっぱり良く見るとダメなのです。残念。

わかります?うっすら鱗状の汚れが残っているの。

この白っぽくボディがさらさらしてしまうようなうろこ状の汚れの感じは前回とまったく同じです。

ただ、今回は前回と違ってジムカーナ場で1回手で水洗いをして、その後筑波を出る前に洗車機でシャンプー洗車をしたことから、前よりはだいぶまし。

でも、黒カレラの側面はまわりをうつすことはしますがくもってる感じに。つるんつるんじゃない。

後ろはもっとわかりやすいかな?完全に鱗状の汚れでくすんでしまっています。

前回はこうなってしまった(さらにもっとひどかった)黒カレラを見て、立ち直れないのではないかと思えるほどショックをうけて悲しみの底に落ちていたわけですが、今回は違います。

今回は「またリボルト宇都宮さんでメンテナンスして頂いたら、ぴかぴかつるつるの黒カレラに戻してもらえる!」という希望が持てていたから^^

本来であれば、すぐにでもメンテナンスに行きたいところではあるのですが、そうはいっても宇都宮は都内からそこそこ遠く、また車を預けてこなければいけないことから気軽にはもっていけず。

今回は以前よりもかなりましなので、ぱっと遠目に見るくらいではそんなに汚くもないので(←黒カレラを大切にしていると豪語するわりには、前回の体験から結構テキトウになってきている(笑))、あと何回かドライビングレッスンに参加させて頂いてからメンテナンスに行きたいと思います。

それにしても、もっと前までは筑波サーキットジムカーナ場で散水された水をいくらあびてもこんな風にはならなかったのに、どうしてここ最近はこうなるようになっちゃったのでしょう??

これからもこのイオンデポジットとの闘いは続きそうですが、それでもまだまだいっぱい楽しんでいきたいと思います。

ポルシェクラブ宇都宮の皆さま、この日もまた何から何まで本当にありがとうございました^^!

ポルシェクラブ宇都宮関連記事
◆ ①ポルシェクラブ宇都宮主催イベントでポルシェ911のドリフト練習
◆ ②井戸水によって出来たと思われるイオンデポジットだらけになったポルシェ911をぴかぴかに戻す
◆ ③筑波サーキットの散水用の水は井戸水でした:イオンデポジット対策について
◆ ④リボルト宇都宮で『リボルトプロ・エクストリーム』ガラスコーティング&ホイールコーティング
◆ ⑤ポルシェクラブ宇都宮の定常円旋回練習イベントに遊びに行きました~

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆私の愛する黒カレラ (991.2)

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.