911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェクレストを自分で取り付けることが許された唯一のポルシェオーナー

投稿日:2020年12月12日 更新日:

80歳になった年に、80台目のポルシェを迎える

すごい~。世界中に存在する「ポルシェコレクター」と呼ばれるような、とにかくポルシェを沢山所有されている方々のお話を過去にも何度か見てきましたが、今回の方もまた凄い。

御年80歳にして、ついにその方にとっての80台目のポルシェを得られたというのです。

80台!

もちろん、80台すべてを現時点でキープされているわけではないのですが、今までに80台ものポルシェを所有されてこられたのはやっぱり凄いことだと思います。

彼の名前はOttocar J氏。80台目のポルシェをゲットしても、まだまだ彼のポルシェへの夢はゴールにはたどり着いていないそう。

というか、80歳とは思えない立ち姿&ファッション。

こちらが、今回彼が80歳にして所有することになった、80台目にあたるポルシェのボクスタースパイダー。

マイアミブルーです。若い。

しかもこちらのOttocar氏、お住まいはオーストリア(ウィーン)らしいのですが、ポルシェが納車される際には、可能な限り自分でまずは現地にまで取りに行くそう。これまた凄いこだわり^^

よって、今回の80台目となるボクスタースパイダーとも、ドイツのツフェンハウゼン工場でのご対面となったようです。

彼が初めてポルシェを受け取りにドイツに行ったのは43年前の1977年のこと。その時のポルシェは『ポルシェ911 カレラ3.0』。

さすがに80台ものポルシェを受け取り続けていたOttocar氏に対しては、ポルシェも一目おいているようで、ポルシェ・コミュニティマネジメントのチームは、今回の80台目の納車の際にはファクトリーコレクションチームと協力し、スペシャルな納車式を提供。

それが、このOttocarさんにご自身のポルシェのポルシェクレスト(ボンネットのところ)を、『自分自身でポルシェに取り付けることを許した』というもの。

このポルシェクレストを自分自身で取り付けることが許可されたポルシェ顧客は今までに1人もおらず、彼が初の「ポルシェクレストを自分でつけたお客様」となったそうです^^

これ、やっぱりクレストを取り付ける際に、手元が狂ったふりをして「あららら」とか言いながら、ちょっとクレストをナナメにつけちゃったりしたら、あとからプレミアついちゃいそう。いわゆるあの「50円玉の真ん中のアナが少しずれていたらレアもの」みたいな感じで。

いや、だから、そんなことでプレミアつかないし、そもそもそういうことをする人ではないから、ポルシェからクレストの取り付けを許可されたわけですよね。

…うん、これがもし私だったら、たとえポルシェを100台買ったとしても、たぶんこのクレスト取り付け許可はおりないですね(笑)。「あいつにだけは触らせるな!」って社内で騒がれる案件^^

そうそう、あとはこのOttocar氏の80台目のポルシェ納車の際には、ヴォルフガング・ポルシェ氏からの個人的な祝辞もあったそうです。

初めてのポルシェとの出会いは約50年前:ポルシェ911 E

Ottocar氏とポルシェとの出会いは約50年前のサーキットでの出来事。

そこでポルシェに心奪われた彼は、そこから貯金を始めて、彼にとって初のポルシェを購入。

その記念すべきだ第1台目が「スピードイエローのポルシェ911 E」。

このモデルって「『オイルキャップ・モデル』としても知られている」とポルシェ公式サイトに書かれていたのですが、オイルキャップモデル(oil cap model)って何でしょう?初めて聞きました。

Ottocar氏のコレクションはまたなかなか凄くて、

  • ポルシェ917
  • 非常にレアな8気筒エンジンのポルシェ910
  • ポルシェ956
  • フール・マンのオリジナルエンジンが搭載されたポルシェ904
  • ポルシェ964カップ

などのモータースポーツモデルも所有。

そして、これらすべての車たちはちゃんと走ることが出来る状態であり、917ではクラシックレースのイベントなどに彼の車が参加することも。

毎日違うポルシェを運転、週末には2つのモデルを

今までにOttocar氏は、上記のレースカーたちや、9つのバージョンのカレラRSを含む、80台のポルシェを所有してきたわけですが、常に全車を保管されているわけではなく、現在はそのうち38台をキープされているとのこと。

Ottocar氏いわく、(ポルシェが38台あるから)「1ヶ月の間に、平日は違うポルシェを1台ずつ、そして週末には2台ずつのポルシェを楽しむことが出来るよ」と。確かに、数字的にはそうですね(笑)。

ちなみに、Ottocar氏がポルシェたちを保管しているのは、彼がポルシェの為に別に建てたポルシェコレクション用の建物。そんな建物を彼は「リビングルーム」と呼んでいるのだとか。

この「リビングルーム」には、レースやイベント、ポルシェクラブの会合などから得たトロフィー(カップ)、ポスターなども。

建物の中に、ポルシェたちは両側に並べられていて、左側がレーシングカー(993型ポルシェ911ターボSから997型ポルシェ911 GT2 RSまで)となっていて、右側にはポルシェ597 (Jagdwagen)、ポルシェ356クーペ、ターボルックモデル、タルガ、カブリオレ、Gモデルスピードスターなどが置かれているそうです。

運転できることが重要

これだけの素晴らしいポルシェコレクションを所有しているというだけでも凄いわけですが、彼の場合は所有していれば良いというだけでなく「運転すること」が彼にとってとても重要。

こんな私でさえ、ポルシェは運転してこそのポルシェと、ベースモデルのカレラに乗っているだけでも思うわけなのですが、なんといっても80歳になられた方がこれらの所有する物凄いポルシェたちを前に「運転することが重要」と言われる姿はカッコイイ。

911Rと、991型の911スピードスター、2つのボクスタースパイダーなどの9台のポルシェたちをメインに、定期的に運転されているそうです。

彼にとって1番のお気に入りのポルシェが何かというのは明らかにされていないそうなのですが、最もよく乗られているのが981ボクスタースパイダー。

彼の1番のお気に入りのポルシェって、たぶん内緒にしているわけではなくて、選びきれないのではないかな^^?

いや、どうかな。やっぱり彼の中では「これこそが」と思っているポルシェがあるのかも。うん、たぶん、ある!

まだまだ全然ポルシェについて知り始めて日が浅い私でさえ、時間がたてばたつほど、自分のベースモデルのカレラがダントツで自分の中で1番の存在なのです。

車の性能としては、さらに素晴らしい991.2のポルシェ911GT3を所有して2年間乗らせてもらったあとでも、やっぱり私には黒カレラが最高の存在。

そうやって、ポルシェって自分にとって「このポルシェと出会えて良かった」って思えるモデルに出会うことが出来たら、その出会いって本当に一生ものになると思えるくらいの気持ちになれる車だと思っています。

そう考えると、80歳で80台のポルシェをコレクションされてこられたOttocarさんにも、きっと「自分の中ではこのポルシェ以上の存在はいない」と思えているモデルがいるのではないかな…。口にされないだけで。

ポルシェ・ソーシャライジング

Ottocar氏は現在、いくつかのポルシェクラブにも所属されているそうで、そういったことを「ポルシェ・ソーシャライジング」と呼ばれています。

彼いわく「人がいなければ、車はただの車である」と。「車に命を吹き込むのは、人々であるのです」と。

Ottocar氏にとって、今回の80台目のポルシェは終わりではなく「80歳にもなると、もう過去についてはあまり考えなくなるんだよ。ただ、未来についてもっと考えるようになるね」とのことで、「これから起こることを楽しみにしている」と。

次に彼が待っている記念日は、ポルシェの顧客になってから50年目という節目。

1972年に最初のポルシェを購入したそうなので、それから50周年というと、2022年がその年にあたるそう。

今、まだまだ80歳までには程遠いところにいる私ですが、それでも今より若かった頃にはそこまで真剣に考えてもいなかった「あとどのくらい生きられるかわからないのだから、やりたいことはやれる時にやろう」という気持ちが、日々強くなっているような気がします。

80歳になられたOttocar氏が「この年になったら未来のことばかり考えるよ」というのは、きっと、そのくらいの年齢になったらそうなるのかもしれないなと思いました。

そうはいっても、彼は御年80歳。

まだまだしっかりと運転することが出来ている方とはいえ、こういう方こそ自分で納得のいく運転が出来なくなった時には、すっぱりと運転するのをやめられるのではないかと思います。

そういう日がそう遠くない未来にくることをきっと考えながらも、80歳になってもまだまだ先に起こる「なにか」を楽しみに生きていけるのは素敵だと思います^^

出典:(公式)80 Porsche cars in 80 years

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.