911カレラ(991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 (992型)

ポルシェ911 GT3 カップカー(992型)が2020年12月12日に発表へ

投稿日:

2020年12月12日に、992世代目におけるポルシェ911の初となるレーシングカーが発表されるということが発表されました(ややこしいね…)。

今回、その新しい最新型ポルシェ911 GT3カップカーの発表を前にポルシェが公開した内容をささっと見ておきました。

  • 最初のカップカーが作られたのは1990年。それ以来、ポルシェはワンメイクカップカーを全世界で4,251台製造。
  • 1つ前の991世代としては、991前期型カップカーが673台、そして2017年に発売された991後期型カップカーが737台作られた。
  • 新しい992世代目の911GT3カップの開発は2018年半ばから「新しいレーシングカーはどのような見た目で、何が出来るべきか?何を改善することが出来て、カスタマー・チームが期待することは何か」というコンセプトの定義をすることからスタート。
  • 世界中のレーシングチーム、ワンメイクカップのオーガナイザーの人々と様々なアイデアを出し合うことは非常に有益であることがわかったので、エンジニアやメカニック、そしてドライバーやチームのボスなどに今の車の何が良くて、何がさらに必要かを聞いた。
  • そうすることで、新しいモデルをどう作るべきかの適切な優先順位を決めることが出来た。
  • 2019年半ばには「TC01」と呼ばれるモデルが完成。このTC01というのは「Test Car 01 (テストカー01)」の略。そのまんまですね…^^ このTC01は数百に渡る新しくデザインされたパーツを採用。
  • ドイツはフラハトにあるモータースポーツセンターにて、このTC01はわずか10日間という日数でアセンブリーが完成。
  • このテストカー(プロトタイプ)、1台は空気の流れを計測する為の風洞実験へ送られ、もう1台はヴァイザッハ R&Dセンターのテストトラックに送られた。
  • 当初の予定では、このプロトタイプのシェイクダウンとして数キロしか走らせない予定だったところ、結局はレーシングドライバーのKlaus Bachler氏によって、トラックを30周全開走行することに^^
  • この時、テストに携わっていた人たちはもう、全員鳥肌がたったそう。感動だったんだろうな~!!というわけで、このテストは大変良いフィードバックを得ることが出来た、素晴らしい成果あるテストとなったとのこと。
  • ヴァイザッハでさらに4日間のテストを行ったあと、TC01はヨーロッパへ。まずはドイツのLausitzringへ、そしてイタリアのMonzaのサーキットやその他の国のレーストラックを回ってのテストが行われた。
  • それぞれ違った特徴のある様々なサーキットでのテストをしたかったことが目的。その結果により、多くのフィードバックがあり、開発の最終段階に反映された。
  • 2020年半ばには、すでに数千キロにわたるサーキット走行をしたTC01に続いて、プリ・プロダクションカーとなるモデルがツフェンハウゼンにて作成された。
  • このモデルは他の911と同じアセンブリーラインを利用して製造され、最終的な完成型に非常に近いものとなった。
  • この新たなテストカーのメインの目的は、ニュルブルクリンクを含む長い距離でのテスト走行をする為。
  • この時のテストには、Marco Holzer氏、ニュルブルクリンクでの記録保持者であるLars Kern氏、ポルシェMobil1スーパーカップに3度優勝しているMichael Ammermüller氏、そしてポルシェブランド大使であるJörg Bergmeister氏が参加していた。
  • これらのテストドライバーの選定の際には、違ったパーソナリティーを持つ人たちを採用したかった、とのこと。
  • テストドライバーがそれぞれの意見をフィードバックしてくれたことにより、エンジニアたちは彼らの意見を通してこのカップカーを体験した。「we experience the car through what they say」こういう英語の言い方、好き。ドライバーとエンジニアさんたちの信頼関係までが見えるような響きなので^^
  • ポルシェ911 GT3カップカーのパフォーマンスに関しては、とにかく大きな飛躍を遂げた。ラップタイムもそれを表している。
  • すべてのエリアにおいて改善された。エンジン、サスペンション、エアロダイナミクス、ブレーキ、電子機器に、人間工学に至るまでのすべてにおいて。
  • すべての開発テスト等で何時間にもわたるテストを行ったあと、911 GT3カップカー開発チームはシェイクダウンの為、Motorsport Arena Oscherslebenへと向かった。
  • この時点で、すでにカップカーは生産モデルと同じようになっていて、カモフラージュが施された。ここで使われたカモフラージュの柄は、有名なサーキットのアウトラインとなっているそう。
  • テストでは、チームが新しいカップカーをどのように扱うか等がチェックされた。
  • これら広範囲にわたるフィールドテストの結果、カップカーはすでにレースするためにReadyである。

というわけで、2020年12月12日にいよいよ992世代のポルシェ911 GT3カップカーが公式にお披露目となるわけですね~。

カモフラージュされているモデルを見る限り、これまた「え、これが本当に正式なプロダクションモデルになるの」と思ってしまうくらいの、とっても大きいウィングを持っていたりして、その全貌を見ることが出来る日が楽しみです^^

出典:(公式)New one-make cup racing car from Porsche on the start line

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 (992型)

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.