911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Lamborghini:ランボルギーニ

ランボルギーニがスポティファイでプレイリストを作成:エンジンサウンドに周波数を合わせた曲を選択

投稿日:

The Engine Songs -V12 Engine-

ランボルギーニがスポティファイ上にプレイリストを作られたとのこと。

普段、スポティファイで音楽を聞いていることが多いのでこれはちょっと嬉しい^^

どういったプレイリストを作られたのかというと、それはただ単に「ランボルギーニに乗っている時に合う感じの曲をまとめました」みたいなものではありません。

なかなかのこだわりを持って作られているプレイリストでした。

それはランボルギーニのV8、V10、そしてV12エンジンをより強化する為に設計されているもので、ランボルギーニのサウンドエンジニアたちが音楽プロデューサーのAlex Trecarichi氏と協力して作られたものだそう。

Trecarichi氏はV8、V10、V12の3つのエンジンにフーリエ変換を適用し、エンジンのイグニッション時、4,000回転時、そして最大出力時の周波数を得るところからスタート。

この工程を経てTrecarichi氏はV12エンジンでの周波数を見つけること出来たそうで、彼がこの周波数を知る為に利用したランボルギーニはアヴェンタドールウルティマエ。

結果、ウルティマエのエンジンサウンドは:

  • アイドリング時:F# (92.50Hz)
  • 4,000回転時:G (98Hz)
  • 最大出力時:G# (103.83Hz)

となっていたとのこと。

これをもとにTrecarichi氏は、特定の曲とこれら周波数を合わせていかれたのだそうです。

例えば以下のように:

  • Lorenzo Senniの『Canone Infinito』 (F#)
  • Ben Böhmerの『Run Away』 (G)
  • Sam Collinsの『We Can All Dance』 (G#)

このランボルギーニによるプレイリストのアートデザインはグラフィックデザイナーのVasjen Katro氏によるもの。

24曲でまとめられたプレイリストは『The Engine Songs -V12 Engine-』というタイトルでスポティファイでどなたでもアクセス可能。

『The Engine Songs』と検索すれば出てきます。

もしくはこちらからThe Engine Songs -V12 Engine-

さっそく私も私のV12ポルシェで聞いてみたいと思います!

…って、あれ?私の911ってV12だったっけ(笑)?

ま、いいか。

ポルシェの水平対向6気筒エンジンでもきっと楽しく聞けるはず!←周波数とかすでに無視(笑)。

出典:
LAMBORGHINI PRESENTS: THE ENGINE SONGS
Lamborghini Created A Spotify Playlist To Match Music With Its Engines

関連記事
どうしちゃったの992?朝から笑いが止まりません
私のポルシェ911カブリオレは私を笑わせにくるのです

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Lamborghini:ランボルギーニ

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.