911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆2019年10月26日-27日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019

『2019 ポルシェラリー』:その2 ラリー前夜祭@タンタローバ・デル・ミュゼオ御殿場

投稿日:2019年10月31日 更新日:

ポルシェ・ザ・ラリー2019の体験記を、最初からご覧になりたい場合はこちらからどうぞ^^
 第2回 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019 まとめ

2019ポルシェ ザ・ラリー・アメージング・モーメント前夜祭

今回の第2回目ポルシェ911ラリーは、走行ルートはもちろんのこと、ラリーのスタート地点からして、前回とは変わっていました。

第1回目のラリーは、都内の代官山にある車好きの聖地といわれる(のかな^^?)、代官山 T-SITE(蔦谷書店)からのスタートとなっていましたが、今回のスタートは東京から離れ、まさに今度はポルシェ好きの聖地といわれる(…なのかな^^?)、御殿場にある『タンタローバ・デル・ミュゼオ』からとなりました。

よって、ラリー当日の集合時間は朝の8時前で早いということもあり、今回のラリーでは、出発に向けて御殿場に前泊される方も多かったようです。

そのような前泊組を見越してなのか、今回のラリーではこちらのミュゼオのレストランにて、ラリー前日には前夜祭も用意されていました。

私も、昨年参加されたエントラントさんとこちらの前夜祭から参加する気満々でした。もう皆さんと飲む準備はいつでもReady。あ、走る方ではなくて、飲む方なの(笑)?

ラリー前日は豪雨

しか~し!前夜祭に向かうため、東京をお昼すぎくらいに出発しようと思っていたその日。朝からもう、本当に物凄い大雨だったのです。

まずはこの日、黒カレラで朝、都内を走ってみたところ、すでに色々な箇所が物凄い水たまりになり始めている状況。

え、都心のこんな場所でももうこんなに水没してるの?!と、あまりの雨量に朝から驚愕。

第2回目のポルシェラリーにはポルシェ911GT3で参加

今回のラリーには、カレラではなく、ポルシェ911GT3で参加することにしていました。

さらには、夫は仕事の都合で前夜祭の参加に間に合う時間に御殿場入りすることが出来ない為、前夜祭に行く為にはこの豪雨の中、カップ2タイヤの後輪駆動のポルシェ911GT3を、私1人で御殿場まで運転して行く必要があったのです。

それはさすがに…ちょっと危険すぎるのでは。

前夜祭、行きたい…。一緒に前夜祭から楽しみましょうとお話していたエントラントさんたちに早くお会いしたい…。「前夜祭、行きます!」とお伝えした約束を守りたい…。

もう、窓の外の豪雨と、今後の天気予報を眺めながら、いつ家を出よう、いつ家を出よう、と悩みに悩んで、でもひるんで、なかなか家を出ることが出来ずにいました。

そんな時、ツイッターでYouTuberのファビオさんが、この豪雨のなか、スピードを出して走ったりしていたわけではないのに、MRのマクラーレン(720S)がすべってしまい、事故を起こされたということを伝えられているのを拝見しました。


まずはお怪我等なかったようで、それだけでもなによりかとは思うものの、本当にショックだったろうな…と、その心情ははかりしれません(涙)。

そして私としては今回、このファビオさんが事故後に出されていた「今日運転される方は気をつけて。これを見て1つでも事故が減ればと動画をアップした」というメッセージを受けさせて頂き、この日の前夜祭参加のキャンセルを決めたのでした。

無理に走って、もし何か起きていたら、翌日からのラリーどころではありません。ここで無理するのはやめなさい、と決断させて頂けて、感謝しています。そして、この決断は悲しかったけれど、正しかったと思っています。

車はやっぱり、安全第一であってからこそ、楽しいのです^^

前夜祭参加のキャンセルの連絡等をして、あとは雨が止むのを待ちました。夜には雨は止む予報になっていたので、夜になってから、仕事をおえた夫と一緒に御殿場に向かい、前泊することに。

ラリー開催日は絶対に晴れますように…

翌朝のラリー当日にポルシェの方ともお話したのですが、その方も「晴れ男」で、私もかなりの「晴れ女」。

そんな私たちの会話はまさに…この台風たちがどんどん来ていたこの時期に「ラリー開催の2日間をばっちり快晴に晴れされるため、前日に全部の雨を降らしておいたのですよね~!」と、なりました(笑)。

どれだけ前向き^^ いや、でも本当に気持ちはもう

「ねぇ、ラリーから晴れるよ」

です。あ、『天気の子』風にお願いします(笑)。

さてさて、話を戻して、ラリー前日。夜になって雨も上がったので、夜から出発で御殿場に向かいます。もちろん、雨が止んでも路面はびちょびちょなので、安全運転で。

御殿場のホテルに着き、フロントで1番に聞いたことが「バー、まだ開いていますか?」(笑)。

残念ながら、回答は「もうクローズしました」であったので、「そうしたら、お酒が買えるところ…コンビニとかでもいいので近くにあります?」と質問していたら…(どれだけお酒に飢えてるの(笑))。

その時、同じくフロントにやってこられたのは、なんと昨年のラリーの際に、ディナーをご一緒させて頂いたエントラントさんではないですか。「わ~!!お久しぶりです~」」と、もう感動の再会です^^

そしてこちらのエントラントさんが言うには「着いたらもう、ホテルのバーが終わっていたので、いま、コンビニに行ってお酒買ってきたところですよ!あっち方面にありますよ!」と。

いやいや、どれだけエントラントさんたち飲む気満々。行動がまったく同じ(笑)。こうして「めいっぱい楽しんじゃうよ!」っていう方々が集まっているからこそ、楽しいのだと思います。ほーんと、もう皆さん、楽しむ気満々です。最高!

というわけで、翌日のラリースタート時間が早いこともあり、エントラントさんとはその場でとりあえずはさようならして、コンビニに向かいお酒をゲット。もうホテルで勝手に前夜祭^^

ポルシェラリー、実はフェラーリイベントとバッティング

そうそう、コンビニからホテルに戻ってきてホテル駐車場に車を停めると…。

おおお。そこにはフェラーリが。そうなのです、こちらのフェラーリを見て思い出しました。

実は、ポルシェのラリー開催と同日にフェラーリのイベントも富士スピードウェイで開催されることになっていたのです。コーンズ・モータース(CORNES)さんが主催するフェラーリイベント。

このフェラーリイベント、前から夫が参加することを楽しみにしていたイベントだったです。夫はやっぱりそちらにも参加したかったようで、今回ポルシェのラリーの申し込み前に

「じゃあ、僕はフェラーリイベントの方に参加しているから、Rikaちゃんはポルシェのラリーに参加しておいでよ!それで、ポルシェたちがFSWに来た時に、ちょっと会いに行くよ~」

とか言われて、普段、今まで付き合い始め&結婚してからも、夫婦喧嘩とか1度もしたことがない私たちなのですが、その時ばかりは、思わず「は?!なに言ってるの???ポルシェラリーが最優先に決まってるでしょ!!」と、一瞬、(私だけ^^)険悪な雰囲気になったのでした(笑)。

そんなことを思い出させる、ポルシェとフェラーリが混在する駐車場でした。

奥に停まっているシルバーのカレラSが、昨年ご一緒した方のお車。手前はカレラ4GTS。こちらもやはり今回のラリーのエントラント様でした。

さらには、ポルシェ911ターボSエクスクルーシブ様~!こちらも、まさに!昨年のラリーでご一緒させて頂いた方なのです^^ 昨年のラリーでは、ゼッケンナンバーが近かったこともあり、かなり色々な場面でご一緒させて頂いていて、今回もまた再会できることをとっても楽しみにしていました。

ほーんとカッコイイ。圧倒的存在感。

エントラントさんたちのポルシェさんたちに、また久しぶりに出会えて、なんとも幸せなラリー前夜となりました。

ポルシェのラリー前夜祭には参加することは出来ませんでしたが、それでも最終的にはラリーに向けて気分はあがっていき、駐車場のポルシェさんたちを眺めながら、わくわく感がとまらなくなってきたのでした^^

さ~、いよいよ明日、ラリーです。ポルシェのラリーです。ポルシェ911のラリーです。『The Rally -Amazing Moment-』です。きっとまた「Amazing Moment」が待ち受けてくれているに違いありません。

というわけで、次に続きます。

…って、え?

まだブログの中でラリー始まらないのかって??だ、だから、言ったじゃないですか!私のラリー記事は「長い」ですよって(笑)。

すみません、ついに次からラリー本番です~^^!

次→ 『2019 ポルシェラリー』:その3 ミュゼオ御殿場からのポルシェラリースタート

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆2019年10月26日-27日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.