911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

BMW:ビーエムダブリュー ◆2019年6月23日 BMWモータースポーツフェスティバル2019 Nissan: 日産 ◆私の愛する黒カレラ (991.2)

『世界の荒』こと、荒聖治さんとの砂子塾

投稿日:2020年7月22日 更新日:

筑波サーキット:TC2000

大好きなポルシェ911カレラで、ちょっと長距離をドライブ。目的地近郊についてガソリンを入れました。

さて、ここはどこでしょう。

あ、見出しに書いちゃってるか(笑)。そう、ここは筑波。しっかりガソリンを満タンにして向かう目的地は筑波サーキット。

ん~、久しぶりすぎる!なんだかもう、筑波に着いただけでワクワクしちゃう。

気合いれて久々の筑波サーキット。ポルシェ911カレラの調子は完璧、そしてガソリンも満タン。やる気満々です、私。

すでに素敵なお車たちもたくさん止まっているではないですか~↓ テンション上がる~!!

そうそうそう。そうなのです。

この日は待ちに待った砂子塾長によるドライビングレッスンの「砂子塾」の日。

ああもう、気合入りすぎちゃうぅぅぅ。

…と、気合だけは入っていたのですが、実はこの日の私はただの見学(笑)。

見学でどれだけ楽しんでるのって感じですが^^ え?わざわざ現地で直前にガソリンを入れる必要もなかったの?

この日の私は、夕方に子供のお迎えに行く必要があったので、途中まで見学だけさせて頂くことにしていました。そして、実際には夫がフェアレディZで参加です。

荒聖治さんにお伝えたかった御礼

この日の砂子塾は朝から開催されていたのですが、私達は午後からのみ参加。

午後からの砂子塾も砂子塾長をはじめ、インストラクターの東風谷(こちや)さんがまずは座学で色々と教えて下さいます。

サーキット走行が初めての方もいらっしゃるので、サーキットを走る為の基本的なことから、ここ筑波サーキットのTC2000の走り方、コツなどを出し惜し惜しむことなく伝授して下さいます。

いつも書いていますが、砂子塾の凄いところは本当になんでも親身になって教えてくれるところかと。

教えてくれる内容に、まったく出し惜しみもなければ、わらかないことは聞けば親身になって教えて下さるというか。

今回の座学、こうして見て頂けるとわかる通り、全員マスク着用で、かつ参加者が座る席や講師軍もソーシャルディスタンシングです。

砂子塾長と東風谷さんの独特なかけあいというか、私としては色々と笑いのツボにはまることが多いのですが、参加者から笑いがとれなければ、そこそこダメージを受けている塾長はいつもとっても可愛いです^^

と、ん?

もう1名どなたかいらっしゃるではないですか???誰???

あ、こちらももうタイトルに思いっきり書いてしまっていましたね^^

そうなのです~!なんと、この日の砂子塾には特別講師?として「世界の荒」さんこと、荒聖治さんが登場。荒さ~ん!!!!

すみません、この日、私はもう「荒さんに会いに行った」と言っても、120%くらい間違いありません。

あ、いや、純粋に砂子塾に行きたかった、砂子塾長と東風谷さんにお会いしたかったのが150%くらい。(動揺しすぎてすでに数値がまったくあわない(笑))

あの、でも本当に、正直に言って、私にとってこの日が荒選手に会うチャンスだったのです。このチャンスを逃すわけにはいきませんでした。

だって、私には大きなミッションが2つあったのです。

1つが「荒さんに御礼を伝える」ということ。そして2つ目が「荒さんに同乗走行して頂きたい」ということ。

え?いきなり2つ目が図々しい(笑)?すみません。で、でも、実現したい夢の1つなので、やっぱりここは語っておかないと。

1つ目の「御礼をお伝えしたい」というのは、以前、2019年6月23日に開催されたBMWモータースポーツフェスティバル2019のイベント会場で、荒さんが私のことを抽選で当てて下さったということがあったのです。

そのことの御礼を直接お伝えする場が今までなかったので、ずっと、いつの日か直接御礼の気持ちをお伝えしたいと思っていて。

このイベントの時、荒さんの同乗走行を当てて頂いたというのに、なぜかご本人にお会いすることが出来なかったという、反省的な内容でもあり…ご、ごめんなさい…(詳細は下のリンク記事で↓)

参照記事荒聖治選手のBMW M6GT3同乗走行当選!…でも、M4GT4でFSW全開走行体験

この2019年6月23日から、私の中でずっと「いつか荒さんに直接御礼をお伝えしたい」ということと、この日逃した(自分のせい)「荒さんの同乗走行」という機会が、きっといつの日にかまた来てくれると信じ、今まで生きてきたのです。いつものことながら大袈裟^^

TC2000で流し撮りの練習

さて、ではまずはここで、この日の午後に行われた筑波サーキットTC2000での走行練習について見てみたいと思います。

このTC2000での走行に、砂子塾長や荒さん、そして東風谷さんが同乗走行して下さるのです。それぞれの参加者の自分の車で。

私は観客席の方にまわって、相変わらず流し撮りの練習をします。まあ、練習という名の、実は何も新たに学んでいないので、いつまでたっても上達もなく先に進んでもいないのですが^^

TC2000の観客席にもちゃんとコロナウイルス感染防止対策の注意が掲示されていました。

といっても、この日はレースが開催されていたわけではないので、観客席もガラガラ…。

よって、好きな撮影スポットをほぼ独り占めで占領して撮らせて頂きました^^

せっかくなので、いくつか撮影したものを。

どちらのお車もカッコ良かったです!※すみません、重たいのでここでは画像の解像度落としています。

1本目の走行時間が終わったあと、思わずある1台の車のオーナーの方に早々に駆け寄ってお話しに行ってしまった私。

というのも、沢山の色々な車たちが走っていた中で、この1台が走って来ると「来た!」っていうことがすぐわかる、めちゃくちゃ良い爆音をたてて走行されているお車がいたのです。

そして、そのお車が、もう、あの、そう、何を隠そうポルシェだったのですよ!!!

最初に音を聞いて「ん?何か来た?!何この凄い音は??何の車??」って思って、向かってくる車を見た瞬間「ポールーシェーーー!」って1人大興奮。

こちらです。ポルシェはケイマンGT4。かっこいいでしょう~!!

あまりに良い音で、また、とにかくポルシェ大好きな私からすると、その走る姿も素敵すぎて、ひたすらケイマンがくるたびに喜んでいました(観客席で1人、ほぼケイマンのストーカー状態)。

あまりに感動したので、走行時間が終わったあとオーナー様に「めちゃめちゃカッコ良かったです!音も凄い!」って、興奮しながらお伝えしてしまいました^^

ポルシェPTEの偶然

そうしたら、なんと実は以前、私がポルシェのPTEに参加させて頂いた時に、こちらのケイマンのオーナー様も同じ時に参加されていたとのこと。「たぶん、一緒でしたよ!」って。えええ、それって凄い偶然!

PTEの時はさらに舞い上がっていたので、全然周りが見えていなかった私。次からはもっと落ち着こうと思いました^^

ポルシェのPTEとは何?と、その時の様子は以下リンクをご参照頂けたらと思います↓

関連記事PTE:ポルシェトラックエクスペリエンス 【Precision】に参加

そして、そしてさらにこの時砂子塾でケイマンオーナー様と一緒にいらっしゃったお友達の方も、やはり同じ時のPTEに参加されていたとのこと。

え~!そうなると、何気にこの時のTC2000に、同じ日のポルシェのPTEに参加していた人が4名も集まっていたということ???

え?4名?ケイマンのオーナー様と、そのお友達と、私と…あと1人は?

ふふふ。なんと。

PTEの時にも、世界の荒さんがインストラクターとしていらっしゃっていたのです。それで4名。すごい。筑波サーキットでの砂子塾に、実は過去、同じ時にポルシェのPTEにいた人が4名もいたなんて^^

それにしても、ケイマンGT4は本当に良い音をしていました。まさにサーキットで本領発揮という感じです。ポルシェ、やっぱり最高です。

ケイマンGT4、本当に良かった。オーナー様ともお話出来て嬉しかったです。

今だに思い出すあの音。あああ。カレラもまたサーキットでしか聞けない、あの最高の音を聞きたいな~。

…あ。それで、私の2つ目の目的であった「荒さんに同乗走行して頂く」はどうなったのか?

結果。残念でした~。

本当は夫の分の同乗走行枠を奪い取る気満々だったのですが(ひどい(笑))、私はその前に帰らなければいけない時間になってしまったので、今回は夫が荒さんに同乗走行をして頂きました^^

でも、考えたら私、筑波サーキットって1度も走ったことないのです。

だとしたら、何度か自分の運転でTC2000を体験している夫が荒さんの走行を体験した方が、その凄さがよりわかるわけで、今回は夫が体験するべくして体験したのだな、と思いました。

私が体験させて頂いたとしても、きっと「すごーい」という感動はできても、実際のところ何がどう凄いのかという細かいことは絶対に理解できなかったわけです。それではモッタイナイ。

だからこそ、いつもは自分で、自分の車で同じ場所を走っている夫からしたら、自分と同じ車で、同じTC2000を荒さんが走行して下さったら、その走りがどう違うのかがわかりすぎるはず。

実際、同乗走行を終えた夫が家に帰ってきてから聞いたところ、もうとにかく「異次元だった!!」と。自分の運転でのフェアレディZでの走行とは、異次元すぎたと感動していました^^

GoProで撮影させて頂いていたようなので、私も見せてもらおうと思います。楽しみ~。

それにしても砂子さんたち、私が写真撮らせて下さい~ってなった時にも、「塾長、真ん中、真ん中」とかなっていて、なんだかこういう雰囲気好き。素敵。

そして撮影した記念写真がこちら。

ん~素敵ではないですか!!

私にとって、とっても良い記念になりました。ありがとうございました!そしてまたこの今シーズンのレーシングスーツというのが黒になってめちゃカッコイイし。

常に妄想は怠りません

そしてね。最後にまた図々しいことを1つ。

私の夢(妄想)の1つがアップグレードされちゃいました。

というのも、私は過去に1度だけサーキット走行をさせて頂いたことがあって、それがポルシェのPTEの時の富士スピードウェイ。

この時、初めて今まで自分のカレラからは聞いたことがなかった最高な音を体験したのです。

だとしたら、この私のへろへろ運転でさえ、今まで聞いたことがなかったポルシェ911カレラの最高の音だったところを、それを荒さんが走って下さったら、それはもう凄すぎるのではないかと。

そして、自分が体験したことがあるサーキットであれば、走って頂いた時の明らかな違いも、(走ったことがないところよりは)明確にわかるわけで…。

さらには、FSWなら東風谷さん運転のBMW M4GT4で全開走行して頂いた経験(同乗)もあれば、パレードランみたいのまでを含めたら何度も体験している場所。

そう!!

私の次なる目標/夢は「荒さんに自分のポルシェ911カレラでFSWを走って頂くこと(同乗走行)」。はい、図々しいのは百も承知です。でも夢ですから^^

思っていればきっといつか叶うと信じ、その日が来るのを待ちたいと思います。

さて、この日は1本目の走行のあと、私は早々に筑波サーキットをあとにして、子供のお迎えの為にカレラを走らせ、なんとかぎりぎり間に合いました~。

この子供のお迎えの少し前までは、カレラと一緒に筑波サーキットにいて、砂子塾に参加(いや、見学)していたなんて夢みたいでした。

砂子塾、参加していなくて見学だったというのに、めちゃめちゃ楽しませて頂きました^^

次はまた久しぶりに参加したい~。

荒さんにも直接御礼お伝えすることが出来て、まずはミッション1つがクリア出来て良かったです。

次の夢の実現に向けて、また楽しんでポルシェ生活をしていきたいと思います。

砂子さん、荒さん、東風谷さん、そして砂子塾に参加されていた皆さま、楽しい時間をありがとうございました!

※写真は私だけ消しての掲載にご承諾頂いています^^

砂子塾公式サイトはこちら砂子塾長.com

関連記事砂子塾関連の記事一覧はこちら

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-BMW:ビーエムダブリュー, ◆2019年6月23日 BMWモータースポーツフェスティバル2019, Nissan: 日産, ◆私の愛する黒カレラ (991.2)
-

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.