911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェタイカンのエンジン音…いや「フェイクモーター音」はこんな音

投稿日:

タイカンのモーター音には、フェイクサウンド

ポルシェの電気自動車であるタイカン。このタイカンが走行する時には、モーターから発せられるノイズ…ほぼ無音…が出るくらいなのだそうなのですが、その、本来であれば「ほぼ無音のモーター音」を増強させることも出来るそうです。

もちろん、それは「フェイクサウンド」。

つまり、作られた音になるわけなのですが、ポルシェが好きな人(または現行顧客)=うるさい音に慣れている/好き、だということを考慮して、ポルシェが用意したオプションの1つとなっているとのことです。

ポルシェ・エレクトリック・スポーツサウンド・オプション

オプションで用意されるサウンドは「SF的な、宇宙船が発するみたいな音」と表現されています^^ 確かに、いわゆる車のエンジンサウンドではなく、しゅい~んという未来的な音。

今までタイカンの動画で出されていた未来音は、このオプションサウンドであった可能性が高いのかな思います。

このモーター音を増強させることが出来るオプションは、コンフィギュレーターでも確認が出来、「パフォーマンス」のオプションの中にカテゴライズされ、そのオプション名は『ポルシェ・エレクトリック・スポーツサウンド (Porsche Electric Sport Sound)』。

ちなみに、タイカンターボではこちらは500ドル(約5.4万円)のオプションとなっていますが、タイカンターボSの場合はこちらのオプションは標準装備となっているそうです。

こちらのポルシェ・エレクトリック・スポーサウンドについて、ポルシェは「車両全体の音を強化し、車の外側と内側の両方でさらなるエモーショナルなサウンドを作る」といっており、このオプションはポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)でON/OFFの操作が可能。

ポルシェが電気自動車(タイカン)に対して、どのようなフェイクサウンドを作ってくるのか、とても興味があったのですが、その作られたサウンドは「エンジン音」ではなく「電気自動車のモーター音を増強した音」であったわけです。

個人的にはエンジンがない車から、エンジンサウンドがするのも変な話だと思いますし、違和感が出ちゃうと思うことから、同じフェイクサウンドを作るのであれば、タイカンにしか似合わない、そしてタイカンだからこそマッチする、未来的な音を作りだすというのは、とても良いな~と思いました^^

911からこの音がしても変なわけで、やっぱり、この未来的な音はタイカンだからこそのものであると思います。

増強されたフェイク音とはいえ、タイカンを加速した時に、こんな未来音が聞こえたら、気分があがることは間違いなしなのではないかと思います^^

ポルシェタイカンのサウンド

というわけで、こちらがポルシェが提供しているポルシェ・エレクトリック・スポーサウンドの音のサンプルとなります。どうぞ~↓

 

参照:Even the All-Electric Porsche Taycan Has Fake Motor Noise Enhancement

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.