911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ認定タイヤの表記方法が新しくなって、アルファベット2文字+数字に

投稿日:2019年2月15日 更新日:

ポルシェ承認タイヤ/ポルシェ認証タイヤとは?

色々な車メーカーさんごとに「承認タイヤ」「認証タイヤ」というものがあり、これらは、それぞれの車メーカーがタイヤメーカーと協力して、様々なテスト・検証の実施、いくつもの様々な項目をタイヤメーカーにリクエストし、作り上げているものだということを、以前書きました。

ポルシェ Nスペックタイヤ

すべてのテストに合格し、エンジニアリング部門の承認を受けたタイヤには、例えばポルシェの場合には「ポルシェ承認タイヤ」として、認証されたタイヤに「N」のアルファベットが与えられ、また「N」の次に記載されている「0~4」の数字は、そのタイヤが何度目に認証されたかの改訂バージョンを表す数値となっているそうです。

つまり「N0」(エヌ-ゼロ) というものが、そのモデルのタイヤのうち「ポルシェに承認されたタイヤで、かつ最初に新しく認定を受けたタイヤ」であることを示し、それが「N1」(エヌ-ワン)になると、同じ商品のタイヤでも、モデルチェンジしたことにより、さらに改めて新しく認定を受けたタイヤ、ということになる…ということだそう。

文章にするとなんだかややこしいですが、とにかく同じ種類のタイヤでもN0→N1→N2→N3→N4の順で、より新しく認定を受けた最新版のタイヤということになる、と。

ここまでは、今まで通りでした。

ポルシェNタイヤ表記が、車両モデルに応じて2文字のアルファベットに!

これが今年から、なんと!同じポルシェ承認タイヤの「N」に加えて、さらにポルシェのどの車のモデルに承認されたタイヤなのかを表す「2つ目のアルファベット」が追加されることになったそうです。

日本ではまだ、どこにもそんなことは書かれていないので、いつからどうなるのかはわからないのですが、アメリカでは今年(2019年)から、と言われています。※出典情報はこのページ下にあります。

それがこちら↓。「#」はナンバーのことを意味するので、#のところは0~4が入るということです。

それぞれのポルシェ承認タイヤNスペック指定の表記は:

  • ポルシェ911カレラが「NA」
  • ボクスターとケイマンが「NB」
  • カイエンが「NC」
  • パナメーラが「ND」
  • マカンが「NE」

になるのだとか。

さらに、これらの2つのアルファベットに続いて、バージョンを表す0~4の数値が加わります。

つまり、これ↓は、同じポルシェでも911カレラに認証されたポルシェ承認タイヤということに。

911は「911カレラ」と書いてあったのですが、911モデルはすべてNAになるということでしょうかね~??

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-, , , ,

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.