911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ911のフロントタイヤ交換

投稿日:

初めてのポルシェ911タイヤ交換

この度…初めて、ポルシェ911のベースモデルカレラ991後期型の…タイヤ交換をしました~!

というのも、911の素カレラさんについている4つのタイヤを見てみたところ…フロントのタイヤ2本がつるっつるになっていたのです。

いや~びっくり。フロントタイヤの状態の写真や、実際の車を見て頂いた方たちにも「ひどい」って言われました(笑)。

まずは、こちらがまだ大丈夫そうなリアタイヤ。みぎうしろはこんな感じです↓

そして、ひだりうしろ↓

それに比べて…フロントの右はこんな感じでした。おおお。溝がないぃぃぃ~↓

さらに、こちらはフロントの左側。こっちも溝が全然ないぃぃぃ~!↓

というわけで、これはアブナイということで、ひとまずフロントタイヤ2本を交換することにしていたのです。

この「タイヤの溝がない状態」に気づいてからは、新しいタイヤの確保&交換出来るまでの間、とにかく特に雨の日とかには、ゆっくり走るように気をつけていました。

さて、そして。

今回、この「ポルシェ911タイヤ交換」のミッション。いや、そんなタイヤ交換くらいで大袈裟な…と思われるかもしれませんが、私にとっては、本当にドキドキで、初めての体験だったのです。



ポルシェセンター以外のショップに、初めて911を持っていく!

そう!何がそんなにドキドキだったかというと、今回が私にとってたぶん、初の「ポルシェセンター以外のところにお世話になる」体験であったから。

いつもポルシェで何か困ったことがあったら、すぐにポルシェセンターに連絡をして「助けて~」とヘルプしてもらっていたわけです。

そうすると、あとはポルシェセンターに車を持っていって「お願いします」と言えば、万事OKだったわけで、私が車の細かいことや、難しいことがわかっていなくても、とりあえず全ておまかせで、車が自分のもとに戻ってきた時には完璧!ってなっていたわけなのです。

しかしながら。

今回のタイヤ交換は、知り合いの方に教えてもらった車屋さんで変えてみることに。

というのも、タイヤを並行輸入品で購入した方が、まったく同じポルシェ認証タイヤであっても、ポルシェセンターを通すよりも安かったからという理由から(ちゃんと新品のタイヤかどうかとかも確認して購入しました~)。

ポルシェセンターの方への厚い信頼を持ってしても、今回はついつい、お値段にやられてしまいました^^ ごめんなさい…。

というわけで!

今までは、な~んにもわからずにも「お願いしま~す」でなんとかなっていた私にしてみたら「初めてのおつかい」ではないけれど「初めてのポルシェセンター以外での車屋さん」。

ちょっと…いや、かなり?実は私にとってはドキドキな体験だったのでした。あ、またしてもレベルの低い話ですみません^^

いや、でも全然詳しいことがわからない私からすると、ポルシェの営業さんがいないところに車を持ち込むということが、実は自分にとってはめちゃめちゃハードル高いことだったんだな、とちょっと緊張してみて初めて気づいたので。

あ~、緊張。怖い人たちだらけだったらどうしよう、とか…^^ ←どこに行くつもり(笑)

さらには、こちらの紹介してもらったショップさん、私がたぶんまだ行ったことがない都内のとある区にあるところだったので、もう、そこに行くまでにもドキドキです^^

めちゃめちゃ良いショップでした

朝、首都高がどのくらい混むのかもわからなかったので、早めに出発したら、予約時間よりも30分も早くついてしまいました。

朝一番の時間の予約なのに、30分も早く着いてしまったので、お店が開くまで、私は待つつもり満々だったのですが、こちらのショップのお兄さん。

いや~、すっご~~~く良い方で、私が勝手に早く着いてしまったというのに、嫌な顔1つせず、すぐに作業を開始して下さいました。そして、びっくりするくらい、車屋さんに車を持っていくというのは怖い体験ではなかった!当たり前(笑)^^

こんなに、つるつるになったタイヤを見て、お兄さんも「結構、つるつるですね^^」と。

「タイヤ交換して頂くの初めてなので、作業を見ていてもいいですか?(撮影も)」と聞いてみた私に、快く快諾して下さり、さらには、な~んにもわかっていない私が、色々と質問してしまったことにも、本当に丁寧に答えて下さって、本当に本当に素敵な方でした!!

まずはジャッキで車体がちょっと上げられた状態から、タイヤをはずしていきます。

色々とはずされました。

取り外されたタイヤはこんな感じ。いや~、本当に見れば見るほど溝がない(笑)!

ポルシェ911 カレラのブレーキ

タイヤがとりはずされた状態の911カレラさんはこんな感じでした。

なに、このブレーキとか。

タイヤがなくても、なんだかカッコイイんですけど!!!

タイヤがはずされている状態なんて、私にはなかなか見る機会がないので、ここぞとばかりに色々とのぞきこんだり、写真を撮ったり、1人「へ~」「は~」「こんな風になってるだ~」と、ひたすら怪しい人全開でした(笑)。

さらには、ここ↓に貼ってあったシールにQRコードがあったので、読み込んでみようと思ってトライするも、スプリングが邪魔して微妙に読み込めない。あのQRコード、読み込んだら何だったんだろう…気になる^^!!

キャリパーにはブレンボの文字が!ははぁ。いや~、なんだか色々感動です。

ただタイヤ交換に来ただけのお客さんかと思いきや、お兄さんが作業している隣で、ひたすらタイヤがとりはずされたところをのぞきこんで「ほほー」「うわー」と感動していた私は、お兄さんから見たら、ホント変態度マックスな「このお客さん、大丈夫かな…」っていう感じだったかと(笑)。

これなんて、なかなか撮れないショットですよ↓!!フロントタイヤがついていないポルシェ911カレラを下からのアングルで(もう自己満足以外、ナニモノでもないですね(笑))。

タイヤをホイルから取り外す

さて、タイヤが車からはずされたあとは、こちらの機械を使って、タイヤをホイルからはずしていきました↓

こんな感じで機械にタイヤをセットして…

なんだかパーツをホイルとタイヤの間に差し込んで…(雑なショップさんだと、ホイルに傷つくことがあるようですが、今回ホイルへの傷はいっさいなし!ありがたいです^^)

わかりますか?機械が作動すると、ちょっとずつホイルからタイヤがはずれていく~。

ぐわん、ぐわんっていう感じ(どういう感じ(笑))。

おお!取れた!!!

ついにタイヤがホイルからとりはずされました。すごーい。

タイヤ圧センサーの計測結果はブルートゥースで飛んでいる

そうそう、それでタイヤ交換する時にタイヤのバルブキャップについて「バルブキャップは今、あるものをそのまま使って欲しいのでお願いします」とお伝えしたところ…。これですね↓

なんと。ポルシェ911ではタイヤ空気圧とかを測って計器に表示してくれるようになっていることから、このセンサーがすでにつけられているので、バルブキャップを含めて、これはもうこのまま使うしかないので、逆に変更できない(あえてしない)とのことでした。

ここでまた私の素朴な疑問が。

というのも、この黄色丸の部分↓でタイヤ圧を測定しているとのことだったのですが、この小さいパーツ、どこにも線とかでつながっていないですよね?

なので「車内の計器でタイヤ圧とかの数値が表示されるのですが、このパーツ、どこにもつながっていないように見えるのに、どうやって計器にタイヤ圧を表示させているのですか?」と質問。

回答は…なんと。「ブルートゥースとかで情報を飛ばしている」とのことでした。

えーーそんな、こんなホイルにちょこっとついているだけの小さいパーツが、タイヤ圧を常に計測して、ブルートゥースで車内の計器に反映していたなんて!!

もう、またしてもポルシェ911さんの細かいすばらしさに感動です。色々なパーツが、常に色々なところで頑張ってくれているのですね。

ちなみにタイヤ圧を測ってブルートゥースで飛ばすのは、普通に一般的にも売られているそうなので、色々な車に後付けでつけることも可能なようでした。へ~。



YOKOHAMA ADVAN Sport 235/40R19 (92Y) N0

はい、そして、もともとのタイヤがホイルから取り外されたら、いよいよ、こちらの新しいタイヤの登場です。ヨコハマアドバンスポーツ 235/40R19 (92Y)のN0ポルシェ承認タイヤ。

うわぁ、なにこの溝!こんなにしっかり溝があるタイヤだったの!!思わず「あれ、今までついていたタイヤと違うの買っちゃった?」って思ってしまったくらい、同じものとは思えませんでした。

改めて見てみましょう。

私の911のフロントタイヤはこれ↓ 確かにこれはヒドイ(笑)。上のタイヤと同じものとはまったくもって、思えません^^ え、これ本当に同じものなの?!ひどすぎる…。

ちなみに、「うえ~全然、違いますね!!最初はこんなに溝があったのですね!」ってひたすら感動している私に、お兄さんが「それでもポルシェのこのタイヤよりも、もっと一般的なタイヤの方がより溝が多かったりするんですよ」と、比べて見せてくれました。本当だ~。これまた、全然違う!

さて、では今度はこちらの新しいタイヤを、さきほど古いタイヤをとりはずしたホイルにつけていきます。また同じ機械を使用します↓

ホイルにざっくりとタイヤを合わせて…、何やらやって…(←わかってない(笑))

あとは機械におまかせすると、途中、ホイルにタイヤが装着される音?「バンッ!!バンッ!!」って物凄い爆発音みたいのを立てて、ホイルにタイヤが装着されました。

ちなみに今回、この911用のタイヤの装着で出されたバンッていう音は、比較的小さい音らしいのですが、私からすると心臓が止まるのではないかと思うほど、びっくりする音でした^^

タイヤとホイルのバランス調整

無事、ホイルにタイヤが装着されたら、続いてなにやらタイヤをセットして、ぐるぐるまわすではないですか↓

いったい何をやっているのか聞いてみたら、タイヤとホイルのバランス調整をしているとのこと。これをしないと、時速100kmくらいからブレることがあるとのことで。

で、これまたド素人の私は「え、そしたらこの機械でぐるぐるまわすと、自動でバランス調整してくれちゃってるのですか??すごい!」とコメント…するも「いや、違います」って(笑)。

ハイ、この機械ではバランス調整するために必要なグラム数値を出してくれるので、そこに表示されたグラム数をホイルに貼っていくのだそうです。

もう、さらにワケがわからなくなって、びっくりした私は「ええ!そんなことを?!いままでの私のタイヤにはそんなの(グラム調整)ついてなかったですよね?!」と、思わず、今までのタイヤはバランス調整されてなかったの?と、疑い始めた私に…

「いえいえ、ちゃんと今までもついていましたよ!それがとりはずしたものです」と、床を指さすお兄さん↓

えええーー。こんなものたちが、私のタイヤ(ホイル)についていたの???

お兄さんがグラムたちをホイルから取り外している間、私はひたすらポルシェのブレーキ部分をのぞきこんでいたので、まったく気づいていなかったっぽいです(笑)。

いやいや、それにしても、私、自分の車は、毎回も手洗いで自分で洗っていて、その時に必ずホイルもきっちり洗っているのです。なのに、こんなグラムがくっついていることに今まで1度たりと気づいたことがありませんでした。なので、やっぱりまだなんとなく信じきれない私は、今回取り外していない後輪をチェック。

あ。

あったし…↓

普通に貼ってありました。えーーー全然気づかなかった~!!!もし、私のように知らない方がいらっしゃったら、是非、お車のタイヤ見てみて下さい。貼ってあると思う!!

そもそも、洗車する時には見える部分しか見ていない&綺麗にしていなかったので、このグラムが貼ってあるところあたりは、まったく気にしていなったようです。次からはもっとこの辺までちゃんと見て、洗っとこ…^^

さて、見えないところといえば、ホイルの内側(裏側)。せっかくなので、こちらも見せて頂きました↓ わ~やっぱり汚い~。けど、まあ、これはしかたないですよね…。

新しいタイヤには、ちゃんと新しく調整して、また新たなグラム数をつけてくれました。

取付は両面テープ。昔、まだ両面テープのクオリティが悪い頃には、しばらくしたら取れちゃうことなども、たまにあったようなのですが、今の両面テープは耐熱で、ほぼ取れることがないので、両面テープでつけるだけで、ほぼOKなのだそうです。色々なモノの進化が凄い。

さ~、こちらのショップについた朝の時点では、ほぼな~んにもタイヤについて知らなかった無知な私でしたが、帰る頃には、ほんの少~しだけ知識が増えました^^

お兄さんに感謝です。ありがとうございます!!

ばっちり、タイヤ交換されました!!

ぴっかぴか。なんだか走るのがもったいない!…と、いいつつ早く走りたい^^!!いったい、今までのつるつるとどのくらい感覚がかわるのか…。

N0(エヌ-ゼロ)というポルシェが認証しているタイヤのナンバーもばっちり入っています。それにしても、タイヤ綺麗。

ローアングルから見ても、ちゃんと4輪ともタイヤがつけられた状態に戻りました。この角度から見ると、911さんちょっと変な顔していて面白いし^^

もうこれで完璧にタイヤ交換も終了です!!

…と思って「ありがとうございました~!」ってなった私だったのですが、このあとお兄さんが「ポルシェ911ですよね~」と言いつつ、ちょっと裏に行って戻ってきたと思ったら。



増し締めには規定のトルク値があった

今度はトルクレンチで、増し締めをしてくれました。と、ここでまた1つの疑問が。それは「どうして、わざわざ911ですよね、というコメントがあったのか」ということ。

そこで、聞いてみると…なんと!!増し締めするにも、実はそれぞれの車種によって「規定のトルク」というものが決められていて、その数値で増し締めを行うんだそう。

えええええーーーーこれまたびっくり。

いや、走行会とかの前にメーカーさん/ディーラーさんとかが、突然やってきて、ガシガシガシ!って増し締めして下さったことが何度かあったのですが、それって私はただネジとかと同じように「いけるとこまで締め付けてる」だけなのかと思っていました。

まさか、それぞれの車にあった規定の数値があっただなんて。いや~、世の中、本当に知らないことだらけです(って、私だけ(笑)?)。本当に色々と勉強になった1日でした。

最後にもう1度、ポルシェのブレーキさんを堪能…。

はあ、何もかもが美しい…。

たまにはポルシェセンター以外のところにお世話になるのも、色々と学べることがあっていいなぁと思ったりした1日だったのでした。

ポルシェセンターだと、学べないというわけではなく、PCだとついお茶とかしちゃうから、という意味で^^

そうそう、あと最後にもう1つ。

お兄さんが、911のどこからか、何かを出していたので「何を出したのですか?」と聞いてみたろころ、ホイルの盗難防止用のナットだそうです。ひぇぇ~、そんなものが、そんなところに入っていたなんて!!全然知らなかった~。

いやいや、本当に色々と学びが大きかった1日となりました。お兄さんに感謝。またいつかお世話になりたいと思います…と思ったら。なんと。

ふふふ…またすぐに、お兄さんに会えちゃいそうです^^

というのも、私が「フロントはつるつるになっちゃいましたが、リアはまだ大丈夫ですよね~」なんて、のんきに話をしたら、お兄さんがリアタイヤをのぞきこんで、しっかり見てくれて、一言。

「いや、横から見ると一見、大丈夫そうに見えるかもですが、リアも結構フロントと同じくらいダメですよ!」

おおおーーーのーーーーー。ほ、ほんとだ!!ぱっと見ではわからなかったけど、ちゃんとのぞきこんで見てみたら、実はかなりつるつるだった~!!!…というわけで、また近いうちに、今度はリアタイヤも交換してもらいに行く予定です。

あ~あ、こんなことなら一気に4本変えてしまえばよかった…。ま、またタイヤ交換体験が出来るからいいかな^^

とっても学びが大きく、楽しいタイヤ交換体験でした。

そして、帰り道から、そのあとの日の雨の日の走行…も、新しいタイヤで問題なくご機嫌に走れています。細かい感覚はわからない私ですが(笑)、とにかくつるつるの時よりも、より「地面にはりついて走る感」が増した気がするので、安心して加速できる(あ、法定速度で^^)。

もうちょっと遊んでから、リアタイヤも交換したいと思います!

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.