911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ911のリア・エンジンフードのダンパー交換

投稿日:2019年7月26日 更新日:

壊れていたポルシェ911:サポートシリンダー

そう、それは2019年5月のことでした。

相変わらず、自分のポルシェ911カレラ(991.2)をたっぷりと眺め、VINナンバーの位置がどこにあるかの確認などをして楽しんでいた時のこと。

リアのエンジンフードを開けてみたところ、ポルシェ911GT3の場合は、フードを開けた時にロックされる機能がついていて、開けたフードが自動に落ちてこないよう、ちゃんと固定されるようになっているのですが、911カレラの場合はリアのフードを開けても…フードから手を離すと、ばちゃん!って、凄い勢いで落ちて来て、閉まっちゃうことに気づきました。

「羽がついてない車は、ロックがないどころか、ダンパーもないんだ~」なんて勝手に理解して「ポルシェ911カレラのエンジンフードは自動で閉まる」っていうことを、このブログに書いたのです。

すみません、勝手な理解で、勝手なこと書いていて…。でも、あの時は、本当にそう信じていたの…。

そ、そ、そ、そうしたら!!ブログを読んで下さった方から、ツイッターで

991はダンパー付いてないんですか!?びっくりしました笑 996は1本付いてました!」

っていうコメントを頂いたのです。もう、このコメント頂いた、私の方がさらにびっくり!「ええええ。もしかして、これ、ただ単に壊れているだけなのでは?!」ってなって(笑)。

すぐに営業さんに確認です。

「リアフードを開けても、上がったままの場所で留まらないで、凄い勢いで落ちてきて閉まるのですが、これってもしかして壊れていたりしますか?」

「…壊れています。」

ぬぅぅ。

なんなのー壊れていたのね、カレラさん!!!本当にもう、自分のポルシェのことになると、どういう状況でもポジティブにしか受け取らない私なので「あら、リアフードはホールドしないのね、ちょっと危ないんだから^^ 指、挟まないように気をつけるね!」なんて、幸せ気分で会話していたのに…壊れてたんじゃん!!!

…って、なりました(笑)。

もう。いや、カレラさんに対してではなくて、そんな壊れていることにも気づかなかった、完全なる恋は盲目状態の自分に「もう」です。少しは冷静にならないと…。

リアリッド(エンジンフード)のサポートシリンダー交換

というわけで、じゃーん。ついに、私の911も、リアフードが開いたままで止まってくれるようになりました~^^

もう、嬉してしばらくの間は、色々なところでフード開けて写真撮っちゃう(←やっぱり冷静じゃない)。

今回「あれ、これ壊れてるの?」って思い、その思いが確定したのは、(営業さんに連絡する前に)インターネットで検索してみた時でした。海外でも「991のエンジンリッドが落ちてくるようになっちゃったんだけど」と言っている人がいて。

その人は、ポルシェパーツ(OEM)だと「#991-512-551-00」のショックを換えれば良いと思うんだけど、何か純正じゃないもので良いのある?ということを聞いていました。

結論としては「そんなに高いものじゃないから、純正(OEM)にしなよ」という意見が多かったです^^

ちなみに、ここで「これを交換だ」って言われていた部品は、ガススプリングと呼ばれている「サポートシリンダー」という部品だそう。サンセット(Sunset Porsche Parts)で売られているのがこちら

交換はポルシェセンターで

今回、私はポルシェセンターで交換してもらいましたが、たぶんここのサポートシリンダーと言われている部分が交換になったのではないかと思います。…って、確認してないし(笑)。直ってくれれば、それで良いので…^^

ああ、もうこれで、リアリッド(エンジンフード)が、ばちゃん!って閉まってくることはありません。

そして、ツイッター始めていて良かったです^^ コメント下さった方に、大感謝です。ありがとうございます!

あの時、コメントを頂かなかったら、今も幸せに「またまた、自動で閉まってくるんだから~危ないよ~」なんて、楽しんでいただけかと思います。←それもまた、私の場合は何も知らずで、幸せだったのかも(笑)?

でもでも、本当に今回は、壊れていたことにさえも気づかずで、カレラさんにも「ごめんね~」という感じでした。

ちなみに、海外のネット情報では「僕のも、落ちてくるようになったよ」とか、結構このダンパー部分がダメになることが多いような印象を受けました。

リアのエンジンフードを開けたまま、こんな遠目からでも写真が撮れちゃう!

当たり前のことだとは思うのですが(笑)、今の私からすると、ちょっと感動的に嬉しいので、色々開けて撮っちゃいます。開けるとエンジンの熱の香りも、より良く楽しめますし~。

エンジン熱の香りを楽しみながら、落ちてきたフードに頭を挟まれてケガをしたとかなっていたら、同じ修理に出すにしても、ポルシェの皆さんに笑われるところだったと思うので、そうなる前でホント良かったです。ふふふ^^

それにしても、このエンジンリッドのダンパー部分、意外と劣化しやすいようなので、ある日突然、落ちてくる日が来るかもしれませんので、皆さまもお気をつけ下さい~。

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.