911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

EVマカンの路上テストが開始、燃焼エンジンマカンも年内に発表

投稿日:

次世代マカンのフル電気自動車は2023年に登場予定

2023年に正式に発表となると言われているフル電気自動車版のポルシェマカンについて、ポルシェが「もう走行テストを開始してるよ~」と発表。

今まではポルシェの敷地内で開発、製造そして様々なテストや確認が行われてきていたところ、今回の発表では「これからはポルシェの敷地外に出てテストを始める」とのこと。

ポルシェにとっては、マカンだけではなくすべてのモデルにおいて実際の走行環境におけるテストが重要と考えられている為、これからこのフル電動マカンも様々な条件下においてテストされていくわけですね。

今後開始されるプロトタイプによる走行テストでは、すでにバーチャルの世界で行ってきた物凄い距離のテスト走行から得られた経験を活かしながら、リアルな世界中で実施するもので、そのテスト走行距離は約300万キロにもおよぶものになるそうです。

「昨日600キロ走ったら、そこそこ疲れちゃったな」なんて言っている私のレベルでは到底想像もつかないキロ数^^

デジタルによる開発とテスト

実際の外での走行テストの前に行われていたデジタルによる開発とテストは、時間とコストを抑えられるだけでなく、かつサステナブルとのことで、エンジニアたちはまずは実車ではなく『デジタルプロトタイプ』と呼ばれる車両の特性、システム、パワーユニットなどが高精度に複製された仮想モデルを利用してテストを行うそう。

デジタルプロトタイプは20種類の様々な開発目的別に作られているとのことで、それらは例えばエアロダイナミクス、エネルギーマネジメント、オペレーションとサウンドなど。

ポルシェいわく、色々な部門からのデータを照合することで可能な限り詳細にわたって完璧な仮想車両を作るそうで、それにより今まで発見されていなかった設計の矛盾などを迅速に特定し直していくことが出来るとのこと。

1番最初にこのデジタルプロトタイプでテストをしたのはエアロダイナミクスのスペシャリストたちで、プロジェクトが開始されたのは約4年前。

フル電気自動車のマカン(以下、EVマカン)では航続距離を長くする為に空力抵抗を最小限に抑えることが重要。ほんの少しの空気抵抗が大きな違いを生み出す可能性があるとのこと。

現在はシミュレーションを利用して、冷却エアダクトなどの細部の微調整中だそうです。そうそう、これらシミュレーションではただ色々なものの配置などが設定されるだけでなく、実際の温度差も計算に反映されているとのこと。

新しいディスプレイとオペレーティングシステムを使用した仮想テスト

現在では新しい方法により、とても精確なエアロダイナミクスと熱力学の両方のシミュレーションが可能になっていて、エアロダイナミクスの専門家も「デジタルの世界はEVマカン開発に不可欠である」と言われています。

バッテリーからモーターに至るまでの電動ドライブシステムには完全に独立した冷却、そして温度制御のコンセプトが必要(今までのエンジン搭載車両とは大きく違う)。

例えば、燃焼エンジンの場合はエンジンの温度範囲の目標は90~120℃であるところ、EVでの電気モーターや高電圧バッテリーの場合ではコンポーネントに応じて20~70℃の温度範囲となるそう。

特にこれらが問題で普通に走行中に何か危険な状態になるということではないそうなのですが、非常に暑い気候のなかで急速充電をしている時などに影響があるということらしい。もちろん、それらもポルシェの開発者さんたちが様々なことを正確に計算し、事前に最適化してくれています(まあ、そうでなければ怖いですね^^)。

EVマカンの為に新しいディスプレイとオペレーティングコンセプトが開発された仮想プロトタイプは、「シートボックス」と呼ばれるものを使いドライバーの環境を再現することで、早い段階で現実の世界と組み合わせることが可能となっているそう。

これがシートボックス

これにより、シミュレーションでのドライバーの視点から、ディスプレイ、操作手順、また走行中での影響などを評価することが可能に。

ちなみにここで「テストドライブ」するのは、プロの専門家たちだけではなく、専門家以外の人もテストドライブするそうで、それによりドライバーと車の間におけるすべての相互作用を詳細に調査することが出来、仮想ではない本当の車のコックピットが作られる前に、最も最適化することが出来るとのこと。

確かにテストドライブするのがプロ(専門家)たちだけでないのは重要かも。将来的に実際にEVマカンを運転されることになる人達は、いってみれば一般の人(プロドライバーでもなければ、車の各知識がある専門家ではない人)が多数をしめるわけですから~^^

EVマカン開発目標:セグメントで最もスポーティーなモデルになること

ここまでで見てきた通り、最初に物理的に作られる実車のEVマカンプロトタイプは、シミュレーションから得られたデータに基づいて作られます(手作業または専用ツールを使って)。

そしてその後もバーチャルな改良プロセスに基づき変更が施されていくとのこと。それと同時に今度は、実際の路上テストでの結果もデジタル開発の方にも反映。

とにかくポルシェにとっては、車両構造、動作の安定性、ハードウェア、ソフトウェア、そしてその他すべての機能の信頼性がポルシェの高品質基準を満たしていることが必須であり、それらを確認する為に実際の現実の世界での条件下でのテストが不可欠だと語られています。

うーん、事前にテストされて基準を満たしているはずなのに、992のPCM起動がちょっと遅いんだけどな…(と、全然関係のないことをここでさりげなく言ってみる(笑))。

EVマカンは800ボルトシステム搭載

話を戻して、EVマカンのテストプログラムは極端な気候条件や地形で実施されることになり、高電圧バッテリーの充電や調整などの様々な分野において厳格な基準を満たさなければなりません。

EVマカンは、タイカンと同じく800ボルトのアーキテクチャを備えたフル電気自動車となるとのことで、ポルシェ特有のEパフォーマンスを提供。その開発目標は「長い航続距離、高性能急速充電、再現性のあるクラス最高の性能値」など。

燃焼エンジンの新型マカンもあるって

2023年にこのEVマカンが発表となると言われているわけなので、もう「次世代の新型マカンは完全にフル電気自動車しかないのか~」と思ってしまいそうですが、いえいえ、そう思うのはまだ早い!

ヨーロッパでは電気自動車の需要が増えているものの、世界を見るとその変化のペースにはまだまだばらつきがあるということから、まだまだ次世代マカンでも燃焼エンジンのモデルも出されるそうです^^

エンジン搭載のマカン後継車は年内に発表

さて、その現在のマカンの後継車(ガソリンエンジン)がいつ発表されるのかというと、それが「2021年内」。って、それ今年^^

新しい燃焼エンジンモデルのマカンは、将来的にはEVマカンと一緒に提供される予定とのことです。

とりあえずは年内に発表されるマカン、そして2023年に発表されるEVマカンがまた楽しみです。

まだまだこれから、EVマカンは数百万キロに渡るテストを現実の世界、そしてバーチャルな世界で実施していくそうです。がんばれ、EVマカンちゃん!

出典:
(公式) Prototypes of the all-electric Macan: both digital and real
(公式) フル電動モデルとなる次世代マカン:デジタルとリアル 両方のプロトタイプ

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.