911カレラ(991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ・カイエンGTS、カイエンGTSクーペ発表&日本国内価格

投稿日:2020年6月12日 更新日:

V8ツインターボエンジンに

2020年6月12日に、カイエンのGTSモデルと、カイエンGTSクーペモデルが発表になりました。日本国内でも本日6月12日から予約受注受付開始となっています。

カイエンGTS、カイエンGTSクーペ国内価格

カイエンGTSと、カイエンGTSクーペそれぞれの日本国内でのお値段は以下の通り。

モデルトランスミッションハンドル価格(税込)
カイエンGTS8速ティプトロニックS1,682万円
カイエンGTSクーペ8速ティプトロニックS1,752万円

カイエンGTSスペック

ポルシェが出すGTSモデルにおいては、そのパワートレインが非常に重要となってくるものであり、今回のカイエンGTSでは、今までの3.6リッターV6ツインターボエンジンにかわって、エンジンはV8に。

460馬力、トルクは620Nm、4リッターツインターボエンジンとなってパフォーマンスを向上させているそうで、両方のGTSモデルともに、0-100㎞は4.5秒(スポーツクロノパッケージありの場合)、最高時速は270㎞。

今回発表されたカイエンGTSは、今までのモデルに比べると:

  • 20馬力アップ
  • トルク20Nmアップ
  • 0-100㎞が0.6秒速くなった(スポーツクロノ付で)
  • 最高時速が8㎞速くなった

あとは効率も良くなって、以下の

  • 8速ティプトロニックSのATトランスミッション
  • アダプティブ・シリンダーコントロール
  • センターインジェクション方式のガソリンダイレクトインジェクション
  • インテリジェント設計のサーマル マネージメントシステム

などにより、カイエンGTSのNEDC複合サイクル燃費は11.4~11.2L/100㎞に。

カイエンGTS、カイエンGTSクーペのボディサイズ

それぞれのGTSモデルのサイズは以下の通りとなっています:

ポルシェカイエンGTS

ポルシェカイエンGTSクーペ

新しいスポーツエグゾーストシステムを兼ね備えたV8エンジンのカイエンGTS

カイエンGTSモデルの標準のスポーツエグゾーストシステムは、左右各2本出しとなっていて、その音は感情に語りかける素晴らしい音を提供。

GTSクーペモデルでは新しく開発された高周波にチューニングされた、センター2本の楕円形のテールパイプも選択可能(ライトウェイトスポーツパッケージと共にオプション提供)。

※このセンター2本出しのスポーツエグゾーストシステムは今後、同じようにライトウェイトスポーツパッケージと共にオプションとして、カイエンターボクーペにも提供される予定。

車高はダイナミック・ダンパーコントロールにより20ミリ (オプションで30ミリ) 低く

標準装備のスチールスプリング・サスペンションは車高を20ミリ下げ、ポルシェ・アクティブサスペンションマネジメント(PASM)を装備。

また、ポルシェ・トルクベクトリング・プラス(PTVプラス)も標準装備。

タイヤは、標準でサテングロスの21インチのRSスパイダーデザインホイール、色は黒。

ブレーキは、グレーのキャストアイロン(フロント:390x38mm、リア:358x28mm)で、そのキャリパーの色は赤。

オプションでポルシェ・サーフェス・コーテッド・ブレーキ(PSCB)、またはポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)への変更も可能。

さらには、3チャンバー・エアサスペンションのオプションで車高をさらに10mm低くしたり(つまりはカイエンSと比べて30ミリダウン)、リアアクスルステアリング、アクティブ制御のロール抑制システムであるポルシェ・ダイナミック・シャシーコントロールシステム(PDCC)などの選択も可能。

スポーツデザイン・パッケージが標準

カイエンGTS、カイエンGTSクーペでは、スポーツデザイン・パッケージが標準装備となっていて、ボディの各所に入る黒色のアクセントが特徴的。

前述の通り、ホイールもサテングロス・ブラックで、ポルシェ・ダイナミックライトシステム(PDLS)のヘッドライトと、テールライトも黒色っぽくなっている仕様(dark-tinted)。

フロントのエアインテーク、サイドウィンドウのトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、リアにつけられているポルシェロゴとモデル名ロゴもすべて、黒色。

内装は、ルーフライニング、シートセンターパネル、センターコンソールのアームレストとドアに高品質な素材であるアルカンターラ、他にも車内にはダークブラッシュド仕上げのアルミニウムなどを使用。

今回の新しいカイエンGTSモデル専用に設計された8ウェイスポーツシートは、サイドボルスターが高くなっているので、ダイナミックなコーナリングに最適なサポートを提供してくれるとのこと。

GTSのロゴは、フロントドア、ドアシル、レブカウンター、ヘッドレストにつけられていて、GTSインテリアパッケージなどのオプションをつけると、車内のステッチをカーマインレッドまたはクレヨン色に変更したりすることも可能。

日本仕様のカイエンGTSに標準装備のもの

また、ポルシェジャパンによると、日本仕様のカイエンGTSは

  • アダプティブクルーズコントロール
  • レーンチェンジアシスト
  • サラウンドビュー付パークアシスト
  • コンフォートアクセス

などの、日本以外のマーケットではオプションとなる多くの装備を標準で搭載し、そのスポーティなキャラクターをより完全なものにしているとのことです^^

出典:
(公式)SUV duo with sporty set-up: the new Cayenne GTS models 
(公式)Now with a V8 engine again: the new Cayenne GTS models 
(公式)8気筒エンジンを再び搭載。新型カイエンGTSモデル 

関連記事
ポルシェ カイエンとカイエンクーペを比較してみる~ 
カイエンクーペとカイエンターボクーペの予約受注開始、価格発表 

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.