911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ等)の体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 (992型)

新型ポルシェ911 GT3発表:国内価格発表は2021年4月頃

投稿日:

992型ポルシェ911 GT3発表

ついに~。長いこと楽しみに待っていた992型のポルシェ911 GT3が2021年2月16日(火)に正式発表となりましたね~^^!

私がこのブログで、今回発表された992 GT3について書き始めたのはたぶん約1年前の2020年1月のことだったかと思います。

その時公開になった、ポルシェが作ったテレビCMのなかに、こっそりと992 GT3がカメオ出演しているのでは?というもの。

その時の画像がこちらです↓

そして、こちらが今回発表された992 GT3。どうでしょう↓

もうね、こうやって約1年越しに答え合わせをさせてくれるポルシェ、好き^^

だって、1年間ですよ。

そんなにも前から「これが新型ポルシェ911 GT3なの?そしてこのボディカラーが新色となるシャークブルーなの?」と、正式に発表されるまでの間、いまか、いまかと…もちろん、コロナで発表が少しずつ延びたというのはあるにしても、そうやって私は約1年前からずっとワクワクさせてもらっていました。

その後も、ポルシェはちょこちょこと新しいGT3に関する情報を出してくれていて、そうなると頭の片隅では常に992のGT3の存在が気になっていたような状態。

やるな~、ポルシェ!(いや、私が勝手に思いすぎ(笑))。

新型ポルシェ911 GT3の国内予約はいつから

さてさて、そしてこちらの新しいポルシェ911 GT3ですが、日本国内での予約受注開始と、それに伴う国内価格発表は、2021年4月頃となるとのことです(公式サイトによる発表→「日本仕様の価格発表および予約受注開始は、4月頃を予定しています」)。

ただ、ポルシェディーラー店舗によっては「今すぐお問合せを」と書かれているところもあるので、気になっている方はもう早々に問い合わせておいた方が良いかと思います。

って、興味あるかたはすでに発表前から問い合わせていますね^^

新型ポルシェ911 GT3国内価格予想

そうそう、それで日本での新型ポルシェ911 GT3のお値段はいったいいくらくらいになるのかな?と予想してみました。

現在、ドイツやイギリスなどでの価格はすでに発表されているので、今回はドイツでの車両本体価格と比較検討。現在、わかっている価格たちの中から比較する為に以下のモデル価格を見てみました。↓

992モデル名ユーロ価格ユーロ円換算日本国内価格
ポルシェ911カレラSカブリオレ136,102ユーロ 約1,743万円1,954万円
ポルシェ911ターボ185,487ユーロ約2,375万円2,443万円
新型ポルシェ911 GT3167,518ユーロ約2,145万円???

まあ、こんなざっくりから検討してもしかたがないという話もあるのですが、とりあえずこれから考えると…うーん、まあ日本での新型GT3価格はだいたい車両本体価格が2,200~2,300万円くらいになるのでは、と思ったり。

どうでしょうね。そして実際に購入する時はこの車両本体価格にさらにオプションを加えていくことを考えると…ぬぬぬ。

ちなみに!!

一部の方が気にして下さっている(?)私がこちらの新型ポルシェ911 GT3を買うのかどうかですが。

あの。

先日お会いした方からも「Rikaさんは『買わない、買わない詐欺』だから~!」って言われたのですが、今回は本当に『か・い・ま・せ・ん』から(笑)!!!

で、でも、一応、あの、念の為「今は」と書いておこうかな…^^

今回の発表内容を見て、その音を聞いて(あまりに素晴らしい音!)、やっぱりGT3は自分には恐れ多すぎると改めて実感しているわけですが、でもそれでも今後実車を目の前で見ちゃったら…今すぐはないですが、いずれまた中古で…「欲しいぃぃぃ」って叫び始めるかもしれないので。

こればかりは「ない」と言い切れない自分がいます。ん。めずらしく正直^^

新型ポルシェ911 GT3の特徴・スペック

さてでは、すでにもう色々なところで書かれてはいますが、私も自分用に情報を残しておきたいので、今回発表された内容を書いておきたいと思います。

内容はポルシェAG/ポルシェジャパンが公式に発表されたものからとなります(サイト下に出典情報)。

  • 今回発表されたのは第7世代目となるポルシェ911 GT3
  • 特長は、フロントアクスルのダブルウィッシュボーンレイアウト、911 RSR由来のスワンネック型リアウイング、印象的なディフューザーを備えた高性能エアロダイナミクス
  • ドライブトレインは911 GT3 Rをベースにした375kW(510ps)の4リッター水平対向6気筒エンジン、自然吸気(NA)
  • これは耐久レースですでに実力が証明されているもので、新型911 GT3カップにほぼ変更を加えずに使用されている
  • 効率的かつエモーショナル、精確で高性能であり、サーキット走行から日常使いにまで最適
  • 最高速度は320km/h (PDKでは318km/h)で、先代の911 GT3 RSよりも高速
  • 0-100kmは3.4秒
  • トランスミッションはPDKだけでなく、6速マニュアルも提供
  • モータースポーツから得た経験に基づく高性能なエアロダイナミクスは空気抵抗係数に目立った影響を与えることなく、とても大きいダウンフォースを生み出す
  • ウイングをパフォーマンスポジションにすると、ウイングとディフューザーエレメントが高速コーナリングに有効な空力を大きく高める
  • ワイドボディにホイールも大きくなり、新たに採用された技術装備があるにも関わらず、車重は先代と同じ1,418kg (PDKは1,435kg)
  • 軽量化した内容としては、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製のフロントリッド、軽量ガラスウィンドウ、最適化されたブレーキディスク、軽合金製鍛造ホイール、リアシートコンパートメントカバーなどがある
  • またスポーツエグゾーストシステムも10kg軽量化。無段階電動調節式エグゾーストフラップを備えていて、非常にエモーショナルなサウンドを提供
  • Euro 6d ISC FCM(EU6 AP)排出ガス基準に適合しており、911 GT3の燃料消費量(複合)は13.3リッター/100km (PDKでは12.4リッター/100km)
  • 車内は992世代のものとなっていて、新機能のトラックスクリーンはスイッチを押すだけで中央レブカウンター(最高回転数10,000rpm)の左右のデジタル表示を、タイヤ空気圧インジケーター、油圧、油温、燃料残量、水温などの、サーキット走行に不可欠な情報に単純化
  • レブカウンター左右のカラーバーによるビジュアルシフトアシストとシフトライトも含まれる
  • 今回のGT3モデルでもポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーの利用が可能で、カーボンファイバー製軽量ルーフなどのGT3専用オプションが用意されている
  • その他にも、カーボン製エクステリアミラートップ、ティンテッドLEDマトリックス ヘッドライト、エクスクルーシブデザインリアライト(レッド コンポーネントなし)などがある
  • 新しく加わったカラーは「シャークブルー」
  • ガーズレッド、またはシャークブルーで塗装されたホイールリムが、ブラックの軽合金製ホイールをひきたてる
  • 車のボディカラー、または他の希望するカラーのレブカウンターとスポーツクロノ時計の文字盤、シートベルト、トリムストリップなどが選択可能

時計もあるって

今回、こちらの時計(クロノグラフ)も紹介されていました。

モータースポーツのDNAを反映しているケースは、GT3エンジンのコンロッドと同じチタン製で、GT3のホイールを彷彿させる巻き上げ式ローターを装備。文字盤のカラーリングは911 GT3のエクステリアカラーでカスタマイズ可能とのことです。

時計詳細はこちら(公式)Porsche Design

ニュルブルクリンク北コースで7分切りを達成

さらにさらに、この日同時に発表されたのが今回ワールドプレミアとなった新型ポルシェ911 GT3はニュルブルクリンクの北コースで、7分を切る『6分59秒927』というラップタイムを記録されたそう。

この7分切りという記録は、自然吸気エンジンを搭載した市販モデルとしては初めてのことだそうです。

ちなみに現在のニュル北コースは以前よりも少し距離がのびているので、かつての距離でのラップライムに換算すると、そのタイムは『6分55秒2』。

ドライバーはポルシェブランドアンバサダーである、ヨルグ・ベルグマイスター(Jörg Bergmeister)氏で、GT3がこの時使用したタイヤはオプションのミシュランパイロットスポーツカップ2R。

こちらがオンボード映像です↓

最後に、こちらが2021年2月16日に行われた新型ポルシェ911 GT3ワールドプレミアのライブストリーミング動画となります↓

とりあえず、プレス発表された内容を今回はまとめてみましたが、まだまだ書きたいことが溢れてきそうです^^

まずとにかく、こういったコロナというパンデミックな状況下においても、無事こうしてポルシェ911 GT3が開発、テストされ、市販モデルとして発表・販売されるまでに至ったことがとても嬉しいです。

こういう大変な状況のなかで、かつ規制的な問題もあるなかで、まだまだNA水平対向6気筒エンジンを積んだこんなにも素晴らしい性能で、素晴らしい音を持つポルシェ911 GT3が出されたということが、本当に本当に本当に嬉しいです。

ポルシェ様、ありがとうございます^^!

出典:
(公式)Porsche 911 GT3 with motorsport expertise
(公式)モータースポーツの歴史を受け継ぐポルシェ911 GT3
2022 Porsche 911 GT3: Revs Up To 9k, Laps ‘Ring In Under 7 Min, And Still Has Number Plates

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 (992型)

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.