911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ等)の体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Lamborghini:ランボルギーニ Porsche: ポルシェ

ポルシェオーナー様のカフェ訪問、ウラカンEVOで群馬県へ

投稿日:2020年12月8日 更新日:

出会いはポルシェ・トラック・エクスペリエンス

ランボルギーニ ウラカンEVOが納車されてから、走行距離は500kmを超え、次の目標である1,000kmを目指していたある日のこと。

走行距離が1,000kmを超えたら、慣らし運転完了と言われていたので、1,000km走行をまずは目指していました。

この日の私(と夫)は、朝からとある場所を目指しました。

目指したのは群馬県前橋市です。

なぜいきなり群馬県?

「翔んで埼玉」で秘境の地と言われたから行ってみたかったの?(←ごめんなさい、つい書いちゃった(笑))、それとも「イニシャルD」などにも出てくる赤城山とかがあるから行ってみたかったの?

いえいえ。違うのです。

事の始まりは2019年6月にまでさかのぼります。今から約1年半前のこと。

この2019年6月に、私はポルシェのドライビングスクールであるポルシェ・トラックエクスペリエンス(PTE)のプレシジョンというプログラムに参加していました。

この前、カレラが壊れちゃった時のPTEパフォーマンスの1つ手前のレベルのプログラムです。

その時、一緒のグループで黒の911カレラに乗られていたオーナー様と知り合い、さらにはその時そのオーナー様と一緒にプログラムの場に遊びに来られていた奥様ともご挨拶させて頂いていました。

その後は、たまにご夫妻からこちらのブログにコメントを頂くというお付き合いだったのですが、最近になって知ったのが、こちらの奥様がカフェを開くことにされて、現在その準備中であるということ。

以前からまたお会いしたいですねとお話させて頂いていて、かつ、ちょうど私達はEVOで距離を走りたくて目的地を探している最中だったこともあり、もう「リノベーション中でも良ければ、カフェ見学をかねてお会いしに行っていいですか~?」と思わず聞いてしまい、快諾して頂けたので今回の群馬日帰りドライブとなりました^^

ポルシェオーナーご夫妻との再会

で、行ってきました、群馬県前橋市!

高速道路をのんびり走って(まだ慣らし運転で、回転数は5,000まで中)、リノベーション中のカフェへ向かいます。

そして、到着~。

まずは久しぶりに再会するご夫妻とご挨拶です。いや~、なんとも嬉しいものですね!!PTEのプレシジョンで出会って、1年半後にこうしてまたお会い出来るなんて。

そして、カフェの方もまだオープンまで日があるものの、だいぶ出来上がってきていて、とっても素敵な空間となっていました^^

※私が写真を撮らせて頂いた時はリノベーション中であったので、実はまだ扉がなかったり、食器も調達前だったり、イスも違ったり…と、まだまだ途中段階のカフェの様子となっています。オープン後には、さらにさらに素敵になっていることと思います^^

ポルシェ911 GT3とランボルギーニ ウラカンEVOを並べる

えーっと、カフェについて語る前に、まずは車をとめさせて頂いたので、そちらのお話から。

カフェの前に車2台車が停められるスペースがあり、今回はそちらに車を停めさせて頂きました。

あ、『Open』の看板が出ていますが、こちらは私達がお店の場所がわかるように、まだOpenしていないけれど出して下さっていたもの^^

う~ん、オーナー様のポルシェにも1年半前のPTE以来の感動の再会!!…って、あれ?

いや、PTEの時に乗られていたポルシェは黒のカレラだったような。

と思ったらなんと、黒カレラから続いては白のポルシェ911 GT3に乗り換えられていました~。うーん、私としても懐かしい白のGT3

なんだかやっぱり、意味は違うけれど、私にとっては感動の再会的な^^

やっぱりGT3はカッコ良くて、さらに可愛い。

ウラカンEVOが我が家に来てくれる前に、ポルシェ911 GT3とはさようならしてしまったので、私自身ではこの2台を並べることは出来なかったのですが、今回こうしてこの2台を並べることが出来て、なんだかそれもまた感動だったのでした。

やっぱりGT3のウィング好き~。品があると思います。992型のスワンネックも好きですが、こっちもやっぱりいい!!

ウラカンEVOもカッコ良くて、やっぱり見るたびに「カッコイイ!」って思うわけなのですが、それでもなんというか、このポルシェ911 (カレラもGT3も)は、こう「カッコイイ、可愛い」という気持ちの上に、さらになんというか、うーん、「心の底から響いてくる気持ち」が出てくるのですよね。

「ああ、もう素敵すぎる」っていう、なんとも表現できない気持ちになります。もしかして私、前世はポルシェの部品とかだったのかな?(なにそれ)

並んだ2台、本当にとっても素敵だなと思いました(1台は自分の家のものなのに、どさくさに紛れて自分の車の方もほめてばかりでごめんなさい(笑))。

カフェ noi (群馬県前橋市)

さてさて、そしてここからは2020年12月25日にオープンされるという、奥様手作りのカフェ『noi』についてのお話。

凄いのです。本当に「手作り」なところが凄すぎて。

奥様がカフェを開業することを決意されたということで、一軒家の1階部分をリノベーション(リフォーム)してカフェにされるということを聞いて、私はてっきり業者の方に頼んでリノベーションされるのだと思い込んでいたのです。

でも違いました。

カフェのインスタグラムを拝見したらリノベーションの様子がいくつか掲載されていたのですが…。

このように、さきほど掲載した写真にもあったように、車を停めさせて頂いていた場所の床などもすべて奥様(ご夫妻)にて作業されて作りあげられていたのです。

このことを知る前は、本当のところ「カフェがオープンしたら遊びに行かせてもらいたいな」と思っていたのですが、この作業工程を見てしまったら「せっかくなら作業中に行かせてもらいたい」って思っちゃったのです^^

実際に、完成されたカウンターなどもこの目で見て、触れることが出来て感動!作業中の「こんな感じだった、あんな感じだった、ここ実はこうなってる」とか色々なお話を聞くごとに楽くて、その作業内容たちにとても感動したのでした。

このカウンターに座っていると、一軒家の一階にいるという感じはまったくしなくて、それなのに、なんとも隠れ家的な感じもして、落ち着きます^^

それにしてもこの手作りカウンター、とっても素敵な仕上がりでした。好き。

カフェの内容(っていうの?)としては、色々なカフェの色々なコーヒー等を知っているカフェめぐりが好きな奥様が、それらの知識・体験・経験・感じたことから得たものに、さらにご自身でのこだわりを上乗せされた美味しいコーヒーを出して下さるというのがメイン。

って、あ、たぶんこのブログをご夫妻が見たら「ハードルあげられてる!」って思われそう(笑)。いやいや、でもね、実際にコーヒーをいれて頂いたのですが、とっても美味しかったです^^

さらには、コーヒー派ではない方には紅茶や、他にも軽食などの用意もされるようですし、デザート系も。

たまにオープンするかもしれない夜には、さらに違ったことも起きるとか、起きないとか…。

今回は奥様特製のバスクチーズケーキまで頂いてしまいました。美味しかった~!!

カウンターの奥にも実はスペースがあり、こちらでもゆっくり話をしたり、1人でのんびりコーヒー/軽食等を頂くことも可能となっていました。

まだリノベーション中ですが、すでに雑誌などを置くラックなども設置されはじめていて、今後がとても楽しみです。

だって、置かれる雑誌にはポルシェ(車)関連の雑誌なども置かれるようで…なんといっても、オーナーご夫妻がポルシェ好きのポルシェオーナー様なのですから、車好きな方が行かれたら楽しいのではないかと。

ポルシェ911 GT3は旦那様のお車という位置づけとなっていましたが、ポルシェオーナーであって、ポルシェ好きなのは奥様も同じ。

だって、こちらが現在の奥様の愛車なのです。

んーーーこれまた、非常にめずらしいマンバグリーンのポルシェ・マカン!可愛い~。

マンバグリーンのマカンには、私は以前1回出会ったことがあるくらいで、その後は1度も出会えたことがないなかなかめずらしいカラーだと思っています。独特の存在感があって、とても素敵でした。

しいていえば「悪いことできない」ですね(笑)。なかなか見ないカラーのマカンなので、見かけたらまず「あ、カフェnoiの人だ」ってなっちゃうかと^^

あ、私と違って悪いことしないか(え、いや、私もしてない!…はず)。

そんなマカンを楽しまれている奥様なのですが、実は最近気になってきているのが2ドアポルシェのよう。

いや~、もうこれ、絶対に近日中に奥様、新しいポルシェに乗られているのではないかと思っています^^

そんな感じで、ご夫妻そろってポルシェを楽しまれている方が経営されるカフェとなるので、お近くの方でポルシェ好きな方、お車好きな方はカフェがオープンされたら是非1度遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

私も近くだったら、ちょこちょこ入り浸っちゃうのにな~。

あ、こんな変態客に常駐されたら迷惑かと思うので、私の家からはほどよい距離があるのはお店にとっては良かったのかもしれません(笑)。

なんだかんだと沢山お話をさせて頂いて、いつまでも居座ってしまいそうでしたが、夕方には子供のお迎えもある為、さすがに帰らないと行けないので帰路につきます。

最後にはお土産まで頂いてしまいました。しかもポ~ル~シェ~の!!お気持ちがとってもとっても嬉しかったです。ありがとうございました。

頂きましたものは、その所有権を日々子供と取り合っています^^

赤城山に立ち寄ることもなく群馬県をあとにしたので、この日は最後に前橋市内で色づいてきた木々たちを眺めながら帰りました。

ウラカンEVO、慣らし運転終了

さてそして、最後に話はウラカンEVOに戻ります。

群馬県からの帰り道…おおお。ついに?ついに?999㎞きた~!!

そして、そして!

はい、1,000キロ~^^

ついつい、走行距離1,000kmを達成したら、そのままコルサモードにしちゃうっていうね。単純明快。

いや、実際にはそんないきなり豹変したように飛ばしたりはしませんが、なんとなく1,000キロ記念でコルサモード^^

ポルシェを通じた出会い、本当に好きです

PTEでの出会いが、1年半たった今でも続いてこうして会いに行かせて頂けたり、奥様が心をこめて大切に1つ1つ作り上げられているカフェを見せて頂いたり、お話を聞かせて頂くことが出来て、本当に嬉しかったです。

ポルシェを通じた出会いの1つ1つが、本当に好きです。

今回、こちらのカフェをオープンするお話を聞いて、実際にされていることを見て、感じて、私もまだまだやりたいことはどんどんやれるうちにやっていかなければと、改めて思うことが出来ました。

ウラカンEVOもついに走行距離1,000kmを超えて、慣らし運転完了。

これからは安全運転で、でも「今、回転数いくつ?」とかをあえて気にせずに楽しく走らせることが出来るようになるので、いっぱいいっぱい楽しんでいきたいと思います。

叶えたいことは、行動しなければ始まらないという刺激を改めて頂いたこと、そしてポルシェがまたつないでくれた出会いがこうして続いていること、本当にとっても素敵なご夫妻で、再会できたことがとても嬉しかったこと、GT3とウラカンEVOを並べられたこと…色々なことに感謝です。

カフェnoiは2020年12月25日オープン予定とのことで、オープン後に詳細の場所等が公開になるようですので、ホント、お近くの方は是非。

私もまたオープン後に遊びに行かせて頂きたいと思っています。

ありがとうございました!!

カフェ詳細についてはこちらからカフェnoi インスタグラムアカウント

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Lamborghini:ランボルギーニ, Porsche: ポルシェ

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.