911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

空冷ポルシェ初体験:ポルシェ911カレラ 964RS

投稿日:2021年5月31日 更新日:

初めての空冷ポルシェ

この日、私の人生にとって初めてとなる素晴らしい体験が待っていました。

ポルシェ911カブリオレでまずはその場所へ向かいます。とっても気持ち良い日です。

私が自分の愛車としてのポルシェ(991.2 黒カレラ)に出会ってから約4年。4年前までの私には、ポルシェについてほとんど何の知識もありませんでした。

それが911が愛車となったその日から、あまりにポルシェが大好きになりすぎた私の頭の中は日々ポルシェでいっぱいに。それからポルシェについての様々なことを自分なりに学んできていました。

それでも実は私、今の今までまだ1度として「空冷ポルシェ」を体感したことがなかったのです。

イベントやツーリングなどで空冷ポルシェさんとご一緒させて頂く機会は何度かあったので、見たことや走る姿を拝見することは何度となくありました。

ただ「自分で乗ってみる」という体験がなかったのです。

そんな私が、今回初めて空冷ポルシェ体験をさせて頂きました!!!感動です。

しかも、そんな初めての空冷ポルシェ体験が「ポルシェ911カレラ964RS」であるという、なんというかもう本当に贅沢すぎるもの^^

こちらが今回、私が助手席に乗せて頂いてワイディング走行を楽しませて頂いたポルシェ964RS。

可愛い^^

以前カレラGTに乗せて頂いたことがあったのですが、今回の964RSもまたそのカレラGTに乗せて下さった方のお車です^^

参照記事ポルシェ・カレラGTとポルシェ911 GT2 RSに乗らせて頂いちゃいました

カレラGTに乗せて頂いた時にも書きましたが、オーナー様はモータースポーツとしてのとっても凄いドライビング技術、そして経験がある方ですので、私からしたらまったくもって次元が違いすぎる世界の走りをされます。

カレラGTに乗せて頂いた時は、本当に「ポルシェが、カレラGTが喜んでいる!」って思えたくらいに「ポルシェ」を感じさせて下さいました。

そんなオーナー様の運転で、今回は964RS体験です。

はぁ。もうこの状況が本当に贅沢すぎて、本当にこんな体験をさせて頂いていいのかなって数日前からずっと思ってしまっていたくらいでした^^

さっそく乗り込ませて頂いて、約30年前のお車であるという空冷ポルシェを体感させて頂きます。

それにしても、本当にまったく無駄のないシンプルすぎる内装と装備。

窓ガラス1つを取っても、その厚みが薄く作られているという話を聞いたことがあったので、今回、992と見比べてみました↓

数分前まで乗っていた992型のポルシェ911と比べると、あまりにシンプルすぎる車内で違いすぎるというのに、それでも乗らせて頂くととてもしっくりくるというか「ポルシェなんだな」という感覚がありました。

なんなのでしょうね??何がこの『ポルシェ感』なのでしょう(走る前の時点で)。

964RSがまずはゆっくりと走り始め、道路に出た瞬間加速していき…最初のワインディングに差しかかってカーブを曲がっていくわけなのですが、その時の私の気持ちは

「これ、軽すぎて飛んで行ってしまうのではないの??」

というものでした。

これはドライバー様の運転に恐怖心を持ったとかそういうことではなく(ドライバー様の運転には100%安心して乗らせて頂いています^^)、純粋に車自体の小ささと軽さ、そして30年前の車であるという、自分の中にあるそういった情報だけからそう思ったのです。

でも、最初の1~2つのコーナーを曲がり切ったくらいで、すでに私の頭の中から「飛んでっちゃうかも」という思いはまったくなくなり「凄い!道路にはりつくように走ってる!」というものに変わりました。

飛んで行ってしまいそうに思える、言ってみれば30年モノである車であるというのに、それはもう「クラシックポルシェ」とかの名称の域を超えて、ただ純粋に「ポルシェ」でした。

30年前の車とは思えない、どうしてこんなにも美しくコーナーを曲がっていけるの?と思える、まさに「ポルシェ」でした。

この車を30年前に作られていたポルシェは本当に凄いな、って。

そして今でもそのお車が普通に、当たり前のようにポルシェとしての性能を持って走ることが出来るだなんて。

感動の空冷ポルシェ、感動の964RS体験をさせて頂きました。

カレラGT体験の時にも書かせて頂きましたが、このお車のオーナー様が運転されるポルシェは、本当に水を得た魚のようにとてもとても美しく「これがポルシェ」という姿を見せて下さいます。

そのような素晴らしいドライビングでの空冷964RS体験をさせて頂けて、感謝しかありません。本っ当にとっても幸せな時間でした。

この日、集まっていらっしゃった沢山のポルシェたち。

空冷ポルシェも何台かいらっしゃっていました。

こちらのレース仕様ポルシェは、もう凄すぎて何から拝見させて頂いたら良いのかわからなかったくらい^^

皆さまがそれぞれのご自身のお車たちを大切にされていて、楽しまれている姿を拝見して私まで幸せな気分にさせて頂きました^^

クラシックポルシェと最先端のポルシェ

今回いらっしゃった沢山のポルシェの中で、もう1台お会いすることを特に楽しみにしていたお車がありました。

それが、こちら。

タイカンターボ!!

納車される前からお話を伺っていて、今回初めて実車にお会いすることが出来る日であったのでとても楽しみにしていました。

バッテリー残量の関係から、この日は残念ながら走られている姿を見ることは出来ませんでしたが、バッテリー残量のお話、回生ブレーキのお話等々、聞かせて頂いてとても楽しかったです^^

ポルシェ964RS、そしてタイカン。

ポルシェ911の原点に近いお車から、ポルシェの未来となる車を同時に拝見することが出来たのは本当になんとも感慨深い体験でした。

992でもワインディング

さてさて、そして今回は964RSオーナー様に私の992の運転もして頂きました。オープンにして、さきほど964RSで走って頂いた道を走って頂きます。

ご自身の車ではないのでということでとても気を使ってくださり、さきほどの964RSの時の走りよりも速度を落として走って下さったものの、それでも私からしたら992のポテンシャルを感じることが出来ました。

992でのワインディングは、まだ先日の雨のツーリングでへたれ運転しかしたことがなかったので(笑)、この日は「992はこんなにも走れるのね!!」と感動。

992を運転して下さったオーナー様から、カブリオレであるのにボディがとてもしっかりしてる、PDKがとても優秀などと色々な観点から992がとても素晴らしいポルシェですねと言って頂けたので、自分がほめられたかのように嬉しかったです^^

最新のポルシェ911、そしてクラシックポルシェである964RS。この2台を素晴らしいドライバー様の運転で乗り比べさせて頂けるという感動の1日でした。

ありがとうございました!

964RSや、993など空冷ポルシェさんが走り去っていく後ろ姿がまるでポスターのようで、見ていてとても素敵でした。

色々とお話をさせて頂いたあと一足先に帰路についたのですが、帰り道が長い下り坂だったので「タイカンの回生ブレーキ、効くかな」なんて思いながら帰りました^^

この日はなんだかんだ虫さんだったり、良くわからない汚れがついたりしてしまっていたので、自宅に戻る前に洗車場に寄って洗車もしちゃいました。

ついこの前、雨の日の洗車したような気もしますが^^

ポルシェを綺麗にするの、とっても好きです。

この表情、可愛い^^↓

いつも常に簡単な洗車が出来るように黄色のマイクロファイバータオル数枚をトランクに常備しているのですが、ホイールを洗う為のブラシは入れていなかったのでこの日はホイール洗浄は断念。

それでもボディがぴかぴかになっただけでも大満足でした。綺麗に出来て良かった。

そうそう、先日リアのエンジンフードの開け方も学んだところだったので、この日はちゃんとリアも開けて中のふき取りをすることも出来ました。

クーペに比べると開き方が狭いので拭きづらいということはありましたが、拭けて満足。

さらには、このファンの上から出てくる熱の香りも楽しみました(変態)。

初めての空冷ポルシェ体験、最高でした。

今回992でも走って頂いて、この最新の992でのワインディング走行も体験したというのに、30年前の車である964RSの方が最新の992よりもよりきびきび走られているような感じがして、992よりも現役なのではないかと思えてしまうような走りをすることには感動しかありませんでした。

感動の空冷ポルシェ体験を本当にありがとうございました!

私の992も大先輩の空冷ポルシェさんたちと並ばせて頂けて、喜んでいたかと思います。

ポルシェがつないでくれる出会いに、本当に感謝です。そして改めて私はポルシェが大好きだな~と認識できた1日となりました。

ポルシェに出会えて本当に幸せです^^

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.