911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Race: レース Porsche: ポルシェ

2022 IMSA デイトナ24時間:ファイナルラップでのポルシェが凄すぎる~!

投稿日:2022年1月31日 更新日:

GTD PROクラスのポルシェ2台。もう鳥肌…

2022年1月29日~30日にかけてアメリカフロリダ州はデイトナで開催されたIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のデイトナ24時間レース

皆さまは観戦されましたか?

観戦された方にはあの熱い興奮をもう1度、そして観戦されなかった方には是非是非、この部分だけはどうしても見て頂きたくてこのブログを書いています。

このページ最後にファイナルラップの5分動画がありますので、お時間がない方はそのうち3:00~4:00のところの1分間だけでも良いので見てみて下さい!!

だってもう、見るたびに鳥肌たっちゃう。

24時間レースの最後の最後、24時間走り続けてきて最後の「ファイナルラップ」での出来事です。

GTD PROクラスではファイナルラップのその時まで、#9のポルシェと#2のポルシェが優勝を競っていました。

リードしていたのは#2のKCMGチーム。この時のドライバーはLaurens Vanthoor氏

そして、2番手にいたのが#9のPfaff Motorsportsチーム。この時のドライバーはMathieu Jaminet氏。

はぁ。メカさんたちも本当にカッコイイ。

とにかく最後の最後ぎりぎりまで、もうこの2台のポルシェの闘いが本当に凄かった。

もう凄いとしか言いようがなく。

最初は前にいた#2を#9は…つっついてます^^ 映像で見て頂きたいですが、何度か接触してる。

でも、#9に抜かれた#2も今度はやり返すがごとく、後ろからつっついているのですけど(笑)。

結果を先に書いてしまうと、優勝したのは赤いポルシェの#9の方。

最後の最後はどのように結果が決まったかというと、2台ともが芝生に入って#2の方がスピン。

それでも、なんとか#2は体勢をすぐに立て直し走ることが出来たので3位になることは出来ました(スピンした時にフェラーリに抜かれてしまったので、フェラーリが2位に)。

スピン後がもっと最悪な結果にならなかったことは本当に良かったけれど、これがなければどちらが優勝かわからずともポルシェが1・2位で終わっていたのかな。

動画出典はこちら

ポルシェ(#9と#2)のドライバー レース後のコメント

レース後の各ドライバーのコメントがまた、なんとも泣けるのです。

うーん。私、年を取ったせいなのか?涙もろくなっている(笑)。だって、なんだかもうレースもカッコ良すぎて、もう感動で、そして最後にこのコメントたち。ううう(涙涙)。

抜粋ですが、コメントを見てみて下さいぃぃ↓

優勝した#9のドライバー・Mathieu Jaminet氏のコメント:

『全てのラップ1周1周に自分が出来る全てのことを出し切った。(最後のラップで競った#2のドライバである)ローレンスはポルシェチームの同僚なので、彼のことは良く知っている。レース中彼と何度も接触したが「彼は今日自分を抜くことは出来ない(He’s not getting past me today!)」と自分に言い聞かせていた。最後は2台とも芝生の上に上がってしまったが、幸いなことに自分はスピンすることを回避できた。That was it.』

#2のドライバー・Laurens Vanthoor氏のコメント:

『私には明確な目標があった。それがニュルブルクリンク、スパ、そしてルマンでの優勝後、デイトナ24時間で優勝すること。この4冠という目標を達成する為に自分が出来る全てのことを出し切ったがダメだった。最終ラップのことは今後もずっと長い間自分の中で何度もリプレイすることになると思う。ピットレーンに戻りながら泣いた。全て出来ることをやったが、勝てなかった。より良いチームが今日、勝ったのです。それがPfaffMotorsports(#9)。おめでとう。』

…あああ。もうね、この#2の方の「I cried on the way back to the pit lane」っていうコメントの瞬間、こっちまでホントに泣きそうになりました。

#9のことを考えると、興奮で鳥肌でもう泣けてくるし、#2のことを考えると、なんとも言えないこの、うーん、なんとも言えない気持ちで泣きそう!!!(すみません、1人感情移入激しく騒いでる(笑))。

そうそう、あとはGTDクラスでも優勝したのはやはりポルシェで#16のWright Motorsportsチーム。

2022 デイトナ24時間ファイナルラップ動画:ポルシェ2台

こちらがファイナルラップの動画です。

約5分間の動画ですが、ホント、このうち3:00~4:00の1分間だけでも良いので見てみて下さい!可能であれば最初から(笑)。

観ていてつい自分にも力が入ってしまいます。何度も見ちゃった。

なんだかんだで今回のデイトナ24時間は、コロナ感染予防で家に引きこもり中ということもあり、24時間のレース中少なくとも16時間くらいは見ていたような気がします。

いや~本当に凄かった^^

あ、まともに結果とか書いていませんでしたが、ポルシェチームの結果はざっと以下の通り(順位が赤いのがポルシェ):

GTD-Proクラス結果

1. Campbell/Jaminet/Nasr (AUS/F/BR), Porsche 911 GT3 R #9, 711 laps
2. Pier Guidi/Calado/Serra/Rigon (I/GB/BR/I), Ferrari 488 GT3 #62, 711 laps
3. Vanthoor/Olsen/Imperatori/Pilet (B/N/CH/F), Porsche 911 GT3 R #2, 711 laps

8. Andlauer/Picariello/Cairoli/MacNeil (F/B/I/USA), Porsche 911 GT3 R #79, 673 laps

GTDクラス結果

1. Hardwick/Heylen/Lietz/Robichon (USA/B/A/CDN), Porsche 911 GT3 R #16, 707 laps
2. Lally/Potter/Pumpelly/Adam (USA/USA/USA/GB), Aston Martin #44, 707 laps
3. Andrews/Skeen/Davison/McAleer (AUS/USA/AUS/GB), Mercedes-AMG #32, 707 laps

7. Giovanis/Trinkler/H. Plumb/M. Plumb (USA/USA/USA/USA), Porsche 911 GT3 R #64, 697 laps
10. Ferriol/Legge/Wilson/Boulle (USA/GB/GB/USA), Porsche 911 GT3 R #88, 672 laps
21. Washington/Bachler/Sofronas/Bleekemolen (USA/A/USA/NL), Porsche 911 GT3 R #34, 88 laps

それにしても、GTD Proでは1位と3位、そしてGTDでは1位をとってしまうポルシェ。カッコイイ!

おめでとうございます^^

出典:(公式) Porsche customer teams win both GT classes at Daytona

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Race: レース, Porsche: ポルシェ

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.