ポルシェ911やスーパーカーにまつわる体験や情報、そして実際の購入記&所有記録です

911 Supercars

Lamborghini:ランボルギーニ

2018年2月7日 ランボルギーニ「ウルス」 Private View

更新日:

私の人生、今まで生きてきた間、ほとんどの時間に幸せを感じており本当にありがたく、楽しい人生を過ごさせてもらっていると思っています 。それだけとても満足してハッピーな人生であるにもかかわらず 、ポルシェ911を手にして私の生活はさらに幸せな方向にガラリと変わりました。本当にそう感じています。

ポルシェ911によって変わった人生の喜び、そして、今まで以上に大好きになった素敵な車たちについてのブログを始めたいと思います。タイトルは「911 Supercars」です。またこちらの名前の由来についてもいつか書きたいと思います。本来であれば、なぜポルシェを手に入れたのか、何を乗っているのか、どういう車に興味があるのかなどプロフィール的なことから始めるべきなのかもしれませんが、旬なネタがある時にはやはり旬なネタを載せた方が良いと思いましたので、ブログの記事1つ目はランボルギーニ「ウルス」の発表会についてにしたいと思います。

ウルスに興味を持ったのは2017年の秋頃のことです。ネットのニュースなどでランボルギーニのSUVが出るという記事を見てから多少の興味を持っていましたが、もともとSUVにはあまり興味がなかったので「へーそんなのが出るんだ」くらいに思っていたのが正直なところです。

しかしながら2017年12月4日の発表が近づくにつれだんだん明らかになっていくウルスの詳細を見て「めちゃめちゃかっこいいな」と思い始めるようになりました。そして発表会の内容を見た後には300万の手付金を払ってでも予約をした方が良いのではないかとも思うようになりました(冬頃にディーラーさんに聞いたところ確か300万で予約ができるとのことだったので)。

と言っても、私は小さめの車しか運転する自信がないことと、自宅の駐車場にはウルスは入らないので駐車場探しから始めなければいけないなどの検討材料があるので、予約をする決断までは出来ません。 もちろん金額も3000万スタートぐらいになるようなので、そこのハードルも大変高いです(笑)。

今の時点で予約をしても大体納車は2年後以降が硬いとの見方をされているので、待てない私は実際のところ予約をするかどうかまでは決めきれていませんが、とにかくまずは実車を見てみたい!という強い思いがあり、ウルスのプライベートビューという六本木の泉ガーデンギャラリーで開催された発表会に行ってきました!

やはり車は実車を見るのが一番です。いくら写真でかっこいい動画を見て素敵と思っていても、実車を目の前にするとその圧倒的なインパクトに強烈な衝撃を受け、本当に心の底からかっこいいと思いました。実車を見て「こうなるとは思わなかった~(悪い意味で)」というご意見もあるようですが、私は実車を見て純粋にかっこいいと思いました。

目の前にいるウルスは真っ白でエレガントでスポーティで、たくさんのギャラリーに囲まれて写真撮影をされ、本当に人だかりの中にいる時でさえ、とても力強く圧倒的な存在感を放っていました。あまりにかっこよかった!私が自信を持って大きい車を運転できたなら…と、自分の運転能力のなさが悲しいです。もし自分が大きな車の運転も問題なく出来るという自信があったなら、本当に予約していた可能性は相当高いと思います…。

写真撮影可能な時間には、沢山の方がかわるがわるウルスの写真を撮っていました。皆さん、細部まで気にされて撮影されていた印象があります。

三味線の演奏があったりもしました。ウルスと和の融合という感じで、迫力もあり、伝統を感じ、とても素敵な時間でした。演奏された方もブログに書かれているようです。

津軽三味線 柴田三兄妹 オフィシャルブログ

長くなってしまったので、内装の写真などは次の記事で!!

 

911Supercars上




911Supercars上




911Supercars 記事中



-Lamborghini:ランボルギーニ

Copyright© 911 Supercars , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.