911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

ポルシェ935がオークションに。77台のうちのシリアルナンバー2

投稿日:2020年5月31日 更新日:

2018 ポルシェ935

ポルシェ935が現在RMサザビーズ(RM Sotheby's)のオークションに出品されてる~。

マルティーニリバリーのポルシェ935。

ベースは991.2のポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツ

こちらは2018年に、70年代の935/78、Moby Dick(モビーディック)の愛称で親しまれていたモデルのデザインを復活させ、ポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツ(991.2型)をベースに77台のみ限定生産された復刻モデル。

この新しく復活したポルシェ935はツインターボチャージャー付き3.8リッター水平対向6気筒エンジン、最高出力700馬力。トランスミッションは7速PDKです。

乾燥重量1,380キロ、最大時速340キロ、0-100kmは恐るべし2.5秒。公道を走ることは出来ません。

これら77台のポルシェ935は、2019年8月にオーダー受付が始まり、もちろんあっという間に完売。今回が初めて最初のオーナーのもとから次に売られる為に市場に出てきたポルシェ935ということになります。

シリアル番号は2番「Nr.02/77」

今回のこのオークション出品されたポルシェ935は、77台しか生産されたなかったうちの2番目のポルシェであり、そのシリアル番号は『02/77』です。

さらには、こちら、モナコにいらっしゃるという最初のオーナーさんが購入してから実は1度も乗られていないそうなので、このポルシェ935は工場から出荷されて以来の走行距離はゼロ。ほぼ新品同様というもの。

シートはレカロの6点式バケットシート、内装はカーボンファイバーとアルカンターラの組み合わせ。ちなみにエアコンは標準装備^^ 

ラミネートされた木製のシフトレバーは、ポルシェ917、909ベルクスパイダー、そしてカレラGTにインスパイアされたもの。

カーボンファイバーのステアリングとクラスターディスプレイは2019年のポルシェ911GT3 Rから。

77台の2018 ポルシェ935には、レトロなリバリー(デザイン)が施されていたのですが、今回出品されているのは、そのなかでもマルティーニのリバリーモデル。

実はこちらのポルシェ、ベースのボディカラーはアゲートグレーなのだそう。そこにMartiniデザインのラッピングを施しているとのこと。マルティーニではなくアゲートグレーの状態で見たら、また全然印象が変わりそうですね。

販売された時の価格はだいたい78万ドル(約8,400万円)だったそうですが、今回のサザビーズオークションでは、落札価格がたぶん1.4~1.6ミリオンドル(約1.5~1.7億円)になるのではと予想されています。

※最低落札価格なし、との記載はなかったので、最低落札価格があるかと思いますが、その金額の記載もないのでおいくらなのかは不明…。

オークションは2020年6月11日に終了予定です。

さー、皆さん急いで!!!(誰に言ってる(笑))

★追記(2020.6.12)★

2020年6月11日にオークションが終了し、こちらのポルシェは無事落札されたようです。その結果がこちら↓

その落札価格は「1,320,000ユーロ」つまりは、今のレートでだいたい「1.6億円」となります。さすがのプライスでした^^

RM Sotheby'sオークションサイトはこちらから: Lot#409 2020 Porsche 935 'Martini'

出典:
A 2020 Porsche 935 is already up for auction, and it has zero miles
(公式)World premiere: Exclusive new edition of the Porsche 935

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.