911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Etc.: その他

走行している車を撮る…英才教育?

投稿日:

私がポルシェを運転する時は、いつも運転席側のドアのサイドポケットにスマホを置いています。そして、信号で止まっている時とかに、素敵な車を見つけると、そこからさっとスマホを取り出して、写真を撮らせて頂く…というのが日常茶飯事な私の楽しみです。

子供を乗せている時でも、素敵な車に出会うと常に「あ!xxが来たよ!」「うわ~、この車、かっこ良くない??」とかブツブツ言いながら、写真を撮らせて頂いているわけです。車内で怪しい人、極まりません(笑)。

こんな母親をずっと助手席で見て育っている長女は、やはり親の影響ってあるのでしょう。素敵な車が走ってきたら、瞬時にカメラをかまえて撮らなければいけない、という使命感を持っているようで…(変な母親の元に生まれてしまって申し訳ない…(笑))。

この日、走っていたら運転席の私からだけ、ぎりぎり見える位置に、オレンジ色のランボルギーニを発見。でも、信号もなく、私は走行中なので写真が撮れない…けど、撮りたい!と思ったのです。そのランボさんがこちら↓。※あとから抜いたドラレコ画像です。

なので!私がランボルギーニの存在に気付いた瞬間、助手席で普通にのんびり座っていた長女に、さっとスマホを投げるように渡し、それと同時に

「右側前方からオレンジのランボ、2秒後くらいに来る!」

と、唐突に言い渡したのです。ああ、もう変な母親すぎる(笑)。

しかしながら。さすが私の子供。その指令だけで「右側前方から2秒後に現れるオレンジランボを撮らねば」というオーダーを瞬時に理解し、本当に2秒後くらいに唐突に表れたランボさんに間に合うようにスマホを起動し、撮影したのでした。

これがその写真↓。「ランボきたよ!」と指をさす私ごしに(ランボルギーニが速すぎてぶれぶれですが)、ちゃんとど真ん中にランボルギーニを捉えています。ちょっとわかりづらいですが。

これ、本当に奇跡的で、写真で見ると「え、全然撮れてないじゃん」と思われるかもしれませんが、この一瞬で目の前に現れたランボさんを、いきなり投げ渡されて指示されたスマホで「ど真ん中に捉える」って、物凄いことだと思うのです。

是非、こちらの動画(たった5秒です)をご覧ください。その時のドラレコ映像です。これが、どれくらい「一瞬」でのことだったかが、わかって頂けるかと!!

大きなトラック越しに、いきなりランボさんが現れるのですが、私が「ランボくるよ!」とスマホを投げ渡したのは、本当にこのトラックがくる直前くらいなのです。この状況で、ランボさんを捉えたのは凄い!、と。

 

…って、我が子をほめる内容ですみません(笑)。しかも勉強とかスポーツとか、そういうことで褒めるのではないという、完全に私の自己満足な「うちの子、凄い」的なお話です(笑)。ちなみに小学生。

さらに、最近では長女が写真を撮る気分の時は、私がポルシェ走行中にスマホを渡しておくと、長女が素敵な車が来たら写真を撮ることがあるのですが、この日は唐突にパナメーラを撮り始めました。

「お、パナメーラのこと、ポルシェってわかって撮ってるのかな?」と思ったのですが…。

いや、もちろんパナメーラ=ポルシェというのは理解していたようではあるのですが、彼女がこのお車を撮影していたのは「ポルシェだから」ではなく、別の意味があったのでした。私は全然気づいていませんでした…。

それがこちら。そう。2匹のワンちゃんたちが窓から顔を出していたのです。それを撮りたかったようです。

子供目線で景色を見ていると、また大人とは違ったところで、色々と車などに関する発見もあって、子供に撮ってもらうのもいいな~なんて思いつつ、こんな「街中で出会った車を撮る」英才教育(?)をしていて良いのだろうか、と疑問に思ったり(笑)。

まあ、とにかくこんな車好きの母親に育てられると、きっと彼女の人生も車なしでは考えられなくなっちゃうのかな~なんて思います。将来、自分が乗りたい、素敵な車に乗れるといいね!…と、子供達の明るい未来を願っています~。

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Etc.: その他

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.