911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆ポルシェ911 (992型)

チョコレート色のカーボンファイバーボディのポルシェ911 (992) Stinger GTR

投稿日:

ロシアのトップカーの992ボディキット

約半年前くらいに、『Stinger GTR カーボンエディションパッケージ』という13台限定のモデル(キット)をロシアのチューニングメーカーであるトップカーが販売するということを書いていたのですが…

参照記事ポルシェ911 (992)スティンガーGTR カーボンエディションキット

そのポルシェ911 スティンガーGTRカーボンエディションパッケージの13台のうちの7台目がお披露目されていました。

それがこちら。

ボディカラーはチョコレート色のカーボンファイバー。

あまり茶色のポルシェ911って見ることがないので、なんだか見慣れません。

フロントガラスの下の方もなんだか違うようになっていたり。

後部ではエンジンカバーにルーバーが取り付けられていて、ウイングももちろんカーボンファイバー製。

ディフューザーと、Klineの台形に大きく開いているエグゾースト。

フロントのトランクを開けると、その裏側はこれまたカモフラージュ柄っぽいような、ウォールナットっぽいような茶色のカーボンに。

これはちょっと開けた時に驚いちゃいそう。

このトップカーのキットでは、84つの新しいパーツをポルシェ911に取り付けているそうです。

内装もまた茶色のアクセントで。

内装にももちろん沢山のカーボンファイバーが使われています。

このカーボンファイバー製のボディキットのみで10万ユーロ(約1,300万円)となっていて、さらにそのベースのキットに追加出来るオプションも沢山あるそう。

オプションは例えば今回のこちらの車のようにボディのカーボンファイバーに色を追加する(この場合チョコレート色)と、さらに25,000ユーロ(約327万円)がオプション料。

インテリアのアップグレードをすると35,000ユーロ(約458万円)。

鍛造ホイールのセットは8,000ユーロ(約105万円)。

さらにチタン製のアクラポビッチまたはKLINEのインコネルエキゾーストシステムにした場合はオプション6,500ユーロ(約85万円)。

とにかく、たった13台しか作らないと言われているくらいの限定キットなので、オーダーされる13人(?)の方はかなりのこだわりを持ってご自身の好きなように車を作りあげることが出来るようです。

もちろん、費用はかなりいっちゃいますが。

それにしてもチョコレート色でカーボンファイバーのボディ…写真で見るよりも実車はもっとカーボン感があるのかな。どうかな?

出典:
TOP Car Facebook
Porsche 992 Stinger GTR Limited Carbon Edition Shows Brown Isn't Boring

関連記事ポルシェ911 (992)スティンガーGTR カーボンエディションキット

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆ポルシェ911 (992型)

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.