911カレラとGT3 (両方とも991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆2019年10月26日-27日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019

『2019 ポルシェラリー』:その5 道の駅しもべ~Kingswellでのランチ~河口湖オルゴールの森美術館

投稿日:2019年11月5日 更新日:

ポルシェ・ザ・ラリー2019の体験記を、最初からご覧になりたい場合はこちらからどうぞ^^
 第2回 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019 まとめ

2019 ポルシェ・ザ・ラリー・アメージング・モーメント (Featuring Mt.Fuji) Day1 走行

ポルシェ911ラリーの1日目に「ミュゼオ~水ヶ塚公園~まかいの牧場」まで走ってきた続きです。

ラリー2つ目のチェックポイントである「まかいの牧場」を出てから、次に目指すは「道の駅しもべ」。

なんだかもう「魔界の牧場をあとにした次には、しもべになるのか…」って、変な中二病を発症しそうになりながら、走ります。あ、そんなの私だけですね^^

大変、清々しい緑の中を走ります。ペースもアップしてきて気持ちいい。

チェックポイント3: 道の駅しもべ

まかいの牧場から、道の駅しもべも比較的すぐに到着しました。

ポルシェの旗たちが見えてきて…奥に進みます。

このチェックポイントもまた、車から降りることなく、車内からスタンプラリーの台紙をスタッフさんに渡すと、スタンプを押して返してくれました。

さらには、こちらで頂いたお土産は富士山ドロップ。「節子、それドロップやない」が頭をよぎります。いや、だからこのコメントいらないし(笑)。

ポルシェ・フラッグはラリー必需品

そう!そして、このラリー。

最初にこちらのポルシェフラッグがエントラントたちにも配布されるのですが、このフラッグ、道行く人に振ったり、エントラント同士がすれ違う時に振ったりと、ちょこちょこ使えるアイテムなのです。

それが今回もまた「この旗、頂いておいて良かった!」と思えるポイントがありました。

それが、こちらの道の駅しもべのチェックポイントでのこと。

な~んと、チェックポイントでスタンプを押してもらった先に、こんな可愛いお子様たちが、一生懸命ポルシェたちに向かって、旗を振ってくれていたのです~^^

もう、その一生懸命さ&笑顔が可愛かった~。こちらも慌てて、旗を探して振り返しました。こういうほんのちょっとしたこともまた、ポルシェラリーにおけるとても幸せな時間と体験です。

さてさて、可愛いお子様たちに見送ってもらいながら、次のチェックポイント兼ランチの場所でもあるKingswell (キングスウェル)に向かいます。

行き道にはトンネルなどもあって、なんとも楽しい。

トンネルに入ると…やっぱり音を楽しみたくなっちゃうわけで、まわりにはペースカーしかいなかったこともあり、ポルシェ911GT3の9,000回転の音を堪能。さいっこう。

前を走るペースカーものってきて、どんどん行きます。どれだけ気持ち良いポルシェ走行。

南アルプスなんていう素敵な名称と景色を見ながら、前を行くペースカーを追いかけます。

あ、うしろにはもう誰もいなくなっちゃった^^

ペースカー、もちろん法定速度範囲を守りつつではありますが^^、やっぱりいったん速度差が少しついてしまうと、隊列もバラけてしまうわけで、さらにそこに他のお車や、信号待ちなどが入ってくると、バラバラになってしまいます。

今回もペースカーが速いと思われた方もいらっしゃるようですが、ペースカーがそもそもかなり遅めになってしまうと、そのさらに先の先の方に後続する車たちのペースは、だんだんつまっていって、さらにさらに相当な遅さになってしまうことから、ペースカーがある程度速くなるのは、しかたないのではないかな~と、個人的には思いました。

次回からのラリー、グループ分けをする時に、事前にアンケートをとって

  • ポルシェ911の性能を最大限近く楽しめるよう、速めに走りたい人
  • ゆっくりと景色などを楽しみながら、他の911たちと連なってツーリングしたい人
  • クラシックカーたち

とかの3グループに分けて走行するのも良いのではないかと思っちゃったりしました^^

お、そうこうしているうちに、ランチ会場であるKingswellという場所に到着です。ペースカーに連なって走ってきたので、1番乗り~。

1番について…皆さんが到着されるまでの間に、ちょっと時間が出来たので、我が家が何をしたかって…。

あああ、景観を汚してしまってごめんなさいぃぃ。そう、朝、洗車した時に使ったマイクロファイバークロスを、ちょっとだけ干させて頂いちゃいました^^ かなりしっかり絞ってはきたものの、多少でもさらに乾けばと。

ポルシェラリー1日目ランチ『キングスウェル』

では、さっそく1日目のランチ場所に入ってみたいと思います。

あ、その前に受け付けです。

ここはあくまでも「ランチ会場」であり、スタンプを押すチェックポイントではなかったので、スタンプ台紙は持ち込みません。受付ONLY。

このキングスウェルという施設、英国式庭園があったり、色々なイベントを開催したりすることがあるそうで、それらの記載があるパンフレットも頂きました。

良くみてみると、ちゃんと今回のポルシェラリーについての記載もありました^^

『PORSCHE THE RALLY: 12:00頃から続々到着 ポルシェ911だけのスペシャルツーリングがKINGSWELLに!めったにないこの機会★Don't miss it!』 ↓の赤丸のところです。

さらには入口付近ではメロンの販売も。

ランチ会場内に入ると、ビュッフェが用意されていました。席はフリーシーティング。1番乗りだったので、最初は広い会場がガラガラでちょっと寂しかったのですが、同席の方々と少しお話していたら、あっという間に皆さま到着されて会場はいっぱいに^^

こういうちょっとしたランチの席などでも、同席させて頂いた方々と色々お話できるのもまた楽しい時間です。こういう場だったり、チェックポイントでの休憩中などに、ちょっとずつ交流が増えていって、気づけばもう次に会った時には「おおお!こんにちは~!」とめっちゃ知り合いになっちゃってる、みたいな。

本当にこのポルシェのラリーで出会う皆さま、素敵な方々ばかりなのです。

誰もが、目には見えない「ポルシェ愛」でつながっているからこその、お互いどこかで自然と親近感を感じる部分が大きいのかなと思います。…って、いや、見えないというか、参加者に「ポルシェ愛」があるという共通点は、わかりやすすぎるくらいアピールされているイベントだった…^^

ランチをおえて、相変わらずおなかいっぱいになって外に出ると、さっきまではガラガラだった駐車場も、すでにポルシェ911でいっぱいに。

何度も思ったことですが、これだけポルシェ911がそろうと本当に気持ちイイくらいにインパクトあって、最高です。

オレンジ色のおしり2台も、当たり前のように眺められちゃいましたし、もう見渡す限り、最高の光景。

さらには、ふと前に視線を戻すと、これまた普通に当たり前の日常のように、綺麗な空冷ポルシェさんが目の前をす~っと通られていったり。なんとも、普段の現実の生活と、このラリーで流れている世界が同じものとは思えない、非現実的にも思えることがある、ポルシェ911だらけの世界。

しかも、何が凄いって、どのポルシェ911も「走っている」ことなのです。もちろん、駐車場で一時的に停まっていることはありますが、基本的にどの911もすべてが「走る」わけであって、そこが展示イベントだったりとはまったく違うところ。

運営のスタッフさんが乗られていたパナメーラもカッコイイ。ハイブリッド。

では、続いてのチェックポイントに向かって出発です。

ペースカーの前にダンロップのトラックがいて「あ、もしかして富士スピードウェイに行くのかな。ダンロップのタイヤが沢山載せられてるのかな」なんて思いつつ、後ろからついていきます。

チェックポイント4: 河口湖オルゴールの森美術館

到着~。4つ目のチェックポイントである「河口湖オルゴールの森美術館」です。

こちら、ポルシェラリーのネームタグを首から下げていれば、チケットを頂けて館内に入場することが出来ました。スタンプを押してもらえるチェックポイントも館内です。

まずは館内に入って、さっそくスタンプを押してもらいます。

そして、決められた出発時間までに車に戻れば良いので、それまでの時間は館内を好きなように楽しむことが出来るのです…が、実は全然時間がなかった~!!

時計を見て「何時に出発?あと何十分くらい、館内を見回ることが出来る?」と、自分の車の出発時間を確認したところ、残された時間はすでにあと10分とかそのくらいだったような。

うう~、これはオルゴールの演奏イベントを聴いたりするのはもっての他、お土産買いも厳しそう~。

というわけで、オルゴール美術館の中心をぐるっとまわってお散歩?して車に戻りました。

といってもまあ、こちらのオルゴールの森美術館、昔、子供たちを連れて2度ほど?かな?来たことがあるので、実はほとんど施設内のことはわかっていたので、私達はお散歩できただけで十分でした^^

「前に来た時にいた白鳥さんはいるかな?」と、白鳥の存在だけ確かめに行きました。

ちゃんといつもの場所に白鳥さんがいてくれたという、生存確認も出来たので、もう私のオルゴールの森美術館観光はこれで十分です(以前と同じ白鳥かどうかはわからないでしょ、と言わないで…)。

あ、こちらで頂いたお土産は、枕と枕カバーの間にいれるという、香りでいやされるグッズ。

男性のペアで参加されたエントラント様たちがこちらを分け合って「じゃあ、僕、ラベンダーで」「あ、じゃあ僕はカモミールで」というやりとりをしたのかな…と、あとで想像してニヤニヤ(←これもまた変態気質)。

急ぎめに駐車場に戻ります。

また、ここからの続きは次に。

いよいよ、次のチェックポイントは、今回のラリーで唯一のアクティビティ・イベントがある「富士スピードウェイ」です。楽しみ~^^!

しつこいですが、とにかくこのポルシェ・ザ・ラリーの1日目は、本当に信じられないくらい、1日中富士山が綺麗でした。

こんなに恵まれたお天気のもとに開催されたポルシェ・ザ・ラリー。最高すぎました。今、思い起こしても、本当にこの天候含め、色々と感謝しかありません。

続きます^^!

次→ 『2019 ポルシェラリー』:その6 富士スピードウェイでのアクティビティ ジムカーナ

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆2019年10月26日-27日 ポルシェ ザ・ラリー アメージングモーメント2019

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.