911カレラ(991後期型)のポルシェオーナー女性が書くポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ、マクレーラン等)の体験や情報、ポルシェやフェラーリ購入&所有記録等。ポルシェ好きがとまりません。ポルシェ大好き!

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ

タイカンの性能はやっぱり凄いかも

投稿日:2020年4月6日 更新日:

ポルシェ・タイカンターボS ローンチコントロール

ポルシェ・タイカンターボSをドイツのアウトバーンで走らせている動画がありました。

ポルシェジャパンのサイトで公表されているタイカンに関する性能の数値としては、ポルシェタイカンターボSは:

  • ローンチコントロール時に最大761馬力(ps)
  • 0-100㎞/h 2.8秒(ローンチコントロール時/欧州参考値)
  • 0-200㎞/h 9.8秒(ローンチコントロール時/欧州参考値)
  • 最高速度 260km/h

タイカン・ターボSで最高速度269㎞

今回の動画では、タイカンターボSをローンチコントロールによるスタートで、ドイツのアウトバーンを走らせているわけですが、タイカン・ターボSはいたって軽く最高速度269キロをマーク。

まさに0-100㎞/hは2.8秒、そして0-200㎞/hは9.7秒。さらにいうと、0-250km/hが17.8秒。

とにかく、動画を見ていてその加速感といったら半端なくて、見ていて本当に「え?もうそんなに速い速度が出てるの?」というくらい、あっという間に加速しています。

それでいて、エグゾースト音はないので、加速する時の音は未来的なしゅぃ~んという音のみ。

時速200㎞を超えても、見ていてとても安定しているように見えます。

最後に動画を撮っている人が、話しながらタイカンを流している時に、何気に時速120㎞くらいは出ているのですが、見ているとその安定感から普通の道を時速50㎞くらいで走っているくらいにしか思えない感じです。

こちらが動画↓

https://youtu.be/h0IAgkHpU54

ポルシェ初の電気自動車であるタイカン。

思っている以上に物凄い車なのではないかと思い始めている今日この頃。

まったくもって電気自動車にはまだまだ興味が出ていなかった私でさえも、このタイカンは見ているうちに「1度運転してみたい」となってしまいます。

こんな風に「電気自動車には全く興味がなかった」という人にも「運転してみたい」と思わせてしまうポルシェ・タイカンはやっぱり凄いと思います。

さすがポルシェ、やっぱりちゃんと「ポルシェ」を作ってきているということに、ホント、今更ながら改めて感動です。

雪の中でもバッテリー性能が劣ることなく走るタイカン

もう1つ、北極圏の北にあるフィンランドのラップランド(Lapland)にて開催されたポルシェ・アイス・エクスペリエンスからの動画。

今回公開となっているのは、その時に撮影された北極圏の雪の中を走るタイカンの動画なわけですが、そのような大雪のめちゃめちゃ低い気温という環境下においても、タイカンのバッテリーパフォーマンスは、寒さによる影響を受けていないということがわかります。

高級なカメラ機能が搭載されたスマートフォンが普及する以前、バッテリーで動くデジタルカメラを持ってスキー場に行ったことがありますが、やはりそういう場合に、通常なら何時間ももつバッテリーが、スキー場の寒い環境下ではすぐにバッテリー性能がおち、使えなくなってしまうということがありました(いつの時代に生きてた話…(笑)?)。

でも、そのような感じで、低い気温によるバッテリーへの影響って今でも多少はあるはずだと思うのに、これだけの性能を誇るタイカンが、この北極圏の気温のなかでも変わらぬ性能を発揮できるというのは、本当に凄いことだと思います。

こちらが動画です↓

タイカン、運転させてもらえる機会がいつの日か来るのかわかりませんが、とても楽しみです^^

出典: 
(公式)ポルシェジャパン 
Porsche Taycan Powersliding Through Snow Looks Oddly Relaxing 

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ
-

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.