911カレラ(991.2 & 992)のポルシェオーナー女性のポルシェブログ。ポルシェ911やスーパーカーの体験や情報、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ購入&所有記録等。ポルシェ大好き!※英語版は自動翻訳です

911 Supercars | ポルシェブログ

Porsche: ポルシェ ◆私の愛する黒カレラ (991.2)

ポルシェ911で定常円旋回をした時、助手席のペットボトルはどこへ

投稿日:

カップホルダーは使わず座席にペットボトルを置いて走る

さてさて、前回のブログでは黒カレラが汚くなってしまってショックすぎたという暗い内容を書いていましたので、今回は楽しい話題を。

あ、いや、楽しくもないな(笑)。

とりあえず、よければ聞いて下さい。いつものことながら、最初にお伝えしますが自信をもってお届けする「どうでも良い話」ですから!!

さて先日、筑波サーキットジムカーナ場で定常円旋回(ドリフト練習)をしていた私。

黒カレラのカップホルダーは普段から使うことがほとんどない為、こんな定常円旋回をするような時はなおさら、500ml(今回は600ml)のペットボトルなどをカップホルダーに置いたままスピンするような走行は私は絶対にしません。

だからこの日もペットボトルは車の外の荷物を置いてあるところに置いておいて、飲む時は車から降りて飲もうと思っていました。

でも、途中で喉が渇いた時にお茶を飲みたくなったのですが、だからといって車を降りて飲みに行くという時間がもったない(1分でも走る時間が惜しくて^^)。

しかたがないので、途中でやっぱりお茶を取ってきて車の中に置きました。でもカップホルダーには置きたくないので、フタをしっかりぎゅーーーっとしめて助手席にぽんっと。

この状態だと、結局のところ定常円での走行を始めたら、ペットボトルはどこかへ飛んで行ってしまうことは想定済みでわかってはいたのですが、それでもまあ「運転席の方にさえこなければ床に落ちてもいいや」と、とにかくペットボトルに邪魔をされずに走ることのみを考えていました。

で!

結果。

ペットボトルを助手席に置いたまま、定常円でのドリフト練習走行を始めたわけですが、ふと途中でペットボトルが目に入った時は、この黄色で丸した位置くらいに落っこちていました↓

なんとなく無意識に「あの位置だと手をのばしても取るのがちょっと遠くて大変だな」と思ったのを覚えています。

でもですね。

これがね。

ふふふふふ。

定常円の持ち時間3分を終わらせて、また駐車場に戻ってくる頃にはなんと!ペットボトルはさらに移動して、ここにハマっていたのです↓

こんな感じにすっぽりと!

私の黒カレラは座席を前後させるのが手動なので、そのハンドルがこの部分についているのです。

そこにすっぽり。

あまりに綺麗にすっぽりとはまって、さらには押さえられているのでこの位置にハマるとペットボトルは固定され抜けてはこないようです。

なので、運転席から非常に近い位置にすっぽりと入ってくれたペットボトルをあとはここからすっと抜くだけ。

お茶はふられて泡立っているし、言ってみれば座席の下にハマったところから取り出すという、もうマズそうな感じしかしないように見えるわけですが、とりあえず「運転の邪魔はされず、かつ取り出しやすい」のだけは完璧です。

これ、1回だけの偶然だと思いますよね?

それがですね。

このあとお茶を飲んで、また懲りずに助手席において旋回する…ということを繰り返した私が断言します。

はい、助手席に置かれたペットボトルは、まわりにまわってほぼ必ずこの位置にすっぽりハマって終わります。しかも必ず頭の方(キャップの方)からハマります。

大発見(笑)!!!

どなたか、いつの日か同じ経験をされた方がいらっしゃったら、その時に「あ、ホントだ。ここにハマった!」って思って、ニヤニヤして頂けたら嬉しいです。

ね、本当にどうでも良い話だったでしょう。

ふふふ^^

関連記事
ポルシェ911のカップホルダー…コーヒーこぼれた~(涙)
ポルシェ911(991.2)カップホルダーでの発見!!
ポルシェ911 (992)のカップホルダーはマックのLサイズも置けちゃう
ポルシェクラブ宇都宮主催イベントでポルシェ911のドリフト練習

911Supercars上


911Supercars上


911Supercars 記事中



-Porsche: ポルシェ, ◆私の愛する黒カレラ (991.2)

jaJapanese

Copyright© 911 Supercars | ポルシェブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.